旦那の家出で離婚危機!そんな時あなたはどうする?対処法を紹介します!

離婚を切り出したら旦那が家出した、離婚したいから旦那が家出した、など家出旦那は珍しくありません。もしも自分の旦那が家出旦那になったら私たちはどうすればいいのでしょうか。

目次

旦那が家出・・・離婚を考えた時するべきことは?

 
こちらが離婚したいのにいきなり旦那が家出したり、向こうが勝手に離婚を突き付けて家出をしたり、家出にもさまざまな種類があります。しかしどちらにしろ離婚をしたいのであれば家出されたままでは何もできません
 
財産分与や親権など、離れていては解決しにくい問題がたくさんあります。私たちがすべきことを考えていきましょう。 

旦那の家出にもいくつかのパターンあり!それによって対処法も異なります

 
ではまず旦那が家出をするパターンを見ていきましょう。いくつかパターンが存在します。 

パターン1【浮気が原因で家出】

旦那が浮気をしていて、浮気相手の家に行ってしまって家出というパターンです。
 
離婚がしたいのならば居所を突き止めてどちらにも慰謝料請求をして離婚してしまいましょう。

パターン2【離婚がしたくて家出】

浮気はしていないけれど、あなたとの婚姻関係の持続が嫌で家出をする場合もあります。離婚というものは双方の同意があればできるものです。同意がないならできませんし、離婚に値すると思われる理由もなければ調停離婚もできません。そこで家出です。
 
長期間の別居期間があれば夫婦の仲は破たんしており修復不可能とみなされ、調停離婚できる可能性があがります。それを目論んで、家出からの別居を狙っているかもしれません。

パターン3【離婚を拒んで家出】

逆にあなたから離婚を切り出されたけれど、離婚をしたくないので家出をしたのかもしれません。
 
非常に幼稚な手段で余計に愛情が冷めそうなパターンです。しばらく家出をすればあなたの考えが変わるかもしれないと思っているのです。

家出した旦那と離婚する方法は?

 
ではそんな旦那とはどうやれば離婚ができるのでしょうか。

家出した旦那と離婚する方法(1)協議による離婚

一番手がかからないのが協議離婚です。あなたと旦那の話し合いにて離婚を決める方法です。旦那の居場所が分かっていて、連絡が取れる状態であればできないこともありません。
 
その場合は離婚の条件などを電話で決めると揉める原因となりますので、必ず内容証明などで決まり事を送付することをおススメします。

家出した旦那と離婚する方法(2)調停による離婚

家出をしたくらいの旦那ですからすんなりと離婚に応じるとは思えません。その場合は調停離婚となります。調停であれば第三者が介入して離婚に向けての話し合いをすることができます。
 
しかし問題点は、家出先が分からないと調停に呼び出せないということです。知人や相手の両親などから居所を割り出す必要があります。 

家出した旦那と離婚する方法(3)裁判による離婚

裁判離婚は、調停離婚が不成立になった場合のみです。いきなり裁判はできないので注意が必要です。しかも協議離婚や調停離婚と違い、双方の意思で離婚を決める場ではありません
 
法的に離婚に値する原因があるかどうかを裁判して、離婚が決まります。つまり、法的に離婚できる理由がない場合は裁判離婚で離婚はできないということになります。

旦那の家出で離婚するとなったとき確認すべきこと

 
離婚は結婚の何倍も大変です。いろいろな手続きが待っています。

(1)お金について|慰謝料の請求、財産分与について

旦那が不貞行為をしていた場合は慰謝料の請求ができます。不倫相手にもできます。その場合は不貞の証拠が必要となりますので、証拠は必ずつかむようにしましょう。
 
財産分与については旦那に非のある離婚であっても分与はしないといけません。双方の結婚してから発生した財産をどのように分与するか話し合いをしましょう。

(2)家について|住宅ローンや家の名義についての問題

持家がある場合の名義、そして残ったローンも問題となります。どちらかが住み続けるのであれば住む方の名義に変更する必要があります。
 
またローンの名義の変更も必要になります。まずは家に住み続けるのかどうかの話し合いから考えていく必要があります。

(3)子供について|お子さんの親権者を決めることはとても重要です

一番重要なのは子供の親権です。これが決まっていないことには離婚ができません。あなたに引き取って育てたいという意思があるのならば、きちんと主張をしましょう。
 
相手も主張してきた場合は離婚ができませんので調停離婚となり、そこで親権を決めることになります。 

旦那の家出で離婚危機!そんな時あなたはどうする?対処法を紹介します!のまとめ

 
離婚を考えているときに家出なんてされると困ったものです。しかしそんな困難にもめげず、あなたの今やれることをやってしっかりと離婚に向けて備えをしていきましょう
 
備えれば備えただけあなたが有利になります。
 
実際に慰謝料を請求したり、裁判になりそうな場合は離婚問題に強い弁護士に相談して助言をもらいましょう。
この記事の作成者

カケコム編集部