不倫による解雇はできるのか!?〜会社の秩序を乱す不倫社員を解雇にする話〜

社員を不倫で解雇できるのかどうか、詳しく解説します。会社のイメージを損なわないよう対応するには、どうすれば良いのでしょうか。不倫を理由に社員を解雇する場合の手順や気を付けたい注意点、さらに気になる法的な部分についても分かりやすく説明していきます。

目次

不倫社員は解雇できないと会社のイメージが下がりかねない!でもそんなことは可能?

 
 
不倫をしたことを理由に、社員を解雇したい…とお悩みの方は意外と多いものです。
 
不倫はプライベートな出来事ですが、会社にいるだけでマイナスなイメージになってしまうのは避けられません
 
不倫の噂はまたたくまに広まるので、解雇したいという経営者の方や上司の方は悩まされますよね。
 
今回は不倫をした社員を解雇できるのかどうかを、詳しく解説していきます。
 
解雇する方法や手順など、参考にしてください。

不倫を理由に解雇できるのか!? 

 
そもそも、不倫を理由に社員を解雇することは可能なのでしょうか?どういったケースなら解雇できるのか見ていきましょう。

結論:不倫が理由でもいきなり解雇にするのは難しい

たとえ社員が不倫をしていたとしても、いきなり解雇にすることは、はっきり言って難しいのが現状です。
 
不倫そのものが解雇できる理由にはならないので、それだけの理由で解雇と言うわけにはいかないのです。
 
家庭内においては不倫は訴えることができますが、職場では不倫を法的に訴えることはできません

判例を見ても「ただ不倫していたから」というだけでの解雇は認められていないケースもある

過去の判例を見ても、「不倫をしていたから」という理由のみで解雇が認められたケースは非常に少ないです。
 
家庭内や夫婦間においては、パートナー以外の人物と関係を持つ不貞行為は、結婚時の契約違反になり法律的にも違反となります。
 
しかし、会社や職場にとって社員の不倫はプライベートな出来事であり、直接的には関係ありません
 
そのため、不倫だけの理由で解雇することは難しいのです。

つまり、不倫によって業務に支障が出ていることを証明できなければならない

 不倫をしている社員を解雇するには、不倫により、いかにして業務に支障が出ているかを証明できなければなりません。
 
例えば、不倫の噂が顧客に広がり、客足が途絶えた・不倫が社内に知れ渡り、その社員への信頼感が薄れてしまったなど、会社を運営していく上で社員の不倫がダメージを与えていることを、分かりやすく証明する必要があります。

不倫社員を解雇するためには〜段階別解雇計画〜

 
 不倫した社員を解雇したい。そのためには、段階的に計画する必要があります。順序を確認しておきましょう。

口頭で注意することからスタート

社員の不倫を知ったなら、まずは口頭で注意をします。
 
不倫を繰り返さないように言うのはもちろんですが、不倫を会社や職場に持ち込まないように、しっかり注意してください。
 
慰謝料や裁判、離婚などに展開した場合も、業務には影響を与えないようにしてもらう必要があります。
 
例え社内ですでに不倫の噂が出回っていたとしても、それ以上悪い噂が広まらないよう、本人に自覚して行動を取らせることも大切です。

それでもダメなら出向や部署移動、減給などで追い打ち

口頭での注意でもダメな場合、部署移動や減給などで追い打ちをかけるのもひとつの手段です。
 
注意だけでは現状を理解できないケースもあるかと思いますので、実際にダメージを与え、自分の立場を理解させる必要があることもあるでしょう。
 
部署移動や減給などの対応で不倫に対して本人が反省し、行動を改めることができれば、解雇の必要はなくなるかもしれません。

それでもダメであれば解雇を言い渡してもいいかも!

口頭の注意や減給などの処罰を与えてもダメな場合には解雇を言い渡してもいいかもしれません。
 
不倫をしてしまったことは仕方ありませんが、そこに対して反省し、行動を改めることができないのであれば、会社としても今後必要な社員という認識が弱くなってしまうのは仕方ありません。
 
解雇は最終的な判断になりますが、どうしようもない場合には、仕方のない選択となるでしょう。

不倫が理由だとしても従業員の解雇は慎重に行ってください

 
例え不倫をしていたとしても、従業員の解雇は慎重に行いましょう。後に会社が訴えられる可能性もあるので、注意してください。

不倫していたとしてもあくまで業務とは関係がないため

不倫はいけないことですが、あくまでも仕事の業務とは関係がありません。
 
家庭では大問題の不倫も、職場ではあまり関係のないこととみなされてしまいます。
 
そのため、不倫だけが理由で解雇してしまうと、会社側は法的に訴えられるケースも考えられるので注意。
 
解雇したい気持ちは分かりますが、やはり慎重に検討する必要があるでしょう。

ちなみに不倫していることによって明確に損害が出ているなら話は別

社員の不倫が原因で、会社の雰囲気が乱れたり、売上が明らかに下がっている、身近な社員の業績が悪化しているなど、明確な損害が出ているなら話は別です。
 
こういった損害のデータを元に、不倫した社員を解雇することは可能になるでしょう。
 
法的にも訴えることができる可能性が高いので、損害が出ている場合は分かりやすいデータを予め取っておくことをおすすめします。

本当に解雇するなら一度、男女問題や労働問題に強い弁護士に相談することが望ましい

不倫している社員を本当に解雇するのなら、一度弁護士に相談することが望ましいでしょう。
 
特に、労働問題に強い弁護士に依頼すれば、会社にとってダメージの少ない形で社員の解雇へと話を持ち込めます。
 
解雇する際に必要な書類なども教えてくれるので、信頼のできる弁護士に相談をするのがベストです。

不倫についてさらに詳しく知りたい方はこちらも合わせてご覧ください!

不倫による解雇はできるのか!?〜会社の秩序を乱す不倫社員を解雇にする話〜まとめ 

会社の秩序を乱す不倫社員、解雇するには条件が必要です。
 
不倫によって受けた会社のダメージを、分かりやすく提示できるようにして準備おきましょう。
 
どんな損害でも社員を解雇できる理由になるかもしれませんので、データは必ず残しておくのがおすすめです。
 
また、解雇する際には法的な知識も必要なので、弁護士に相談するのがベスト。
 
不倫をした社員による損害は意外と大きくなるケースも多いので、早めに対処しておくのが良いでしょう。
この記事の作成者

ジコナラ編集部