不倫の境界線はどこから?〜法的な線引きとは〜

不倫の境界線ってどこからだと思いますか?もしかして自分は知らず知らずのうちに不倫をしている…?なんてことにならないためにも、ここでじっくりと不倫の境界線について考えてみましょう!

目次

不倫の境界線は人によって違う?

 
自分が不倫だと思っていなくても、他人は不倫だと思っているかもしれません。人によって不倫の境界線は違うのです。もしかしたらあなたの行為は誰かにとっては不倫にあたるのかもしれません。
 
知らず知らずのうちにやっている行為が人から不倫認定され、評価を下げることになっていればつらいものです。いまいちどどういう行為が不倫ととられやすいのか確認をしてみましょう。

不倫の境界線だと思うことトップ5

 
では一般的に不倫の境界線と思われる行為5つをあげていきましょう。

不倫の境界線(1) キス

好意がなければキスはしません。確実に不倫と思われてもしょうがない行動がキスと言えるでしょう。
 
これを人に見られてしまえば言い逃れも難しいものですので気をつけましょう。
 
またキスはひとりでするものではありません。もうひとりも受け入れているということは無理やりではなく、立派な不倫相手としてみなされますので言い逃れは難しいです。

不倫の境界線(2) 食事に行く

かなりグレーなゾーンではありますが、まず疑われてもしょうがない行為と言えます。勘違いされたくないのであれば、特定の異性と二人きりで食事に行くのは避けましょう。簡単にその後の行為を想像されて、不倫と認定されます
 
たかが食事、と言っても二人きりがまずいのです。大人数で行けばまだしも、二人きりというのは仲を深めたいがためです。
 
悩みや相談をきいていた、と言い訳をしても食事の場でなくても良いはずです。軽はずみな行動は疑いのきっかけになります。

不倫の境界線(3) セックス

100人中100人が不倫と認定するのがセックスです。言い逃れはできないでしょう。
 
自分が既婚の身であれば確実に不倫ですし、相手が既婚であることを知っていてセックスをしても不倫です。
 
法律上不倫を問われないのは既婚と知らずにセックスをした場合ですが(詳しくは不倫相手への損害賠償請求(慰謝料)について詳しく解説しますを参考にしてください!)第三者からしてみれば知っているか知っていないかは分かりません。
 
他人からの目では知ったうえで行っているとみなされてしまいます。

不倫の境界線(4) とにかく二人で会うこと

二人で会うこと、から連想される行為で不倫とみなされる場合が多いです。そもそも好意を持っていない相手とは二人で会わないものです。
 
余計な誤解を生みたくなければとにかく異性と二人になるのは避けることです。 

不倫の境界線(5) 手を繋ぐこと

一番この中では悩んでしまう位置づけではありますが、良い大人が異性と手をつなぐことは滅多にありません
 
それに好意を抱いていない相手と手を繋ぐか?と考えれば、好意があると思われるものです。確実に疑われて、心証が悪くなることは間違いありません。 

不倫の境界線〜法律的な線引きは?〜

 
今まであげたものはあくまで人がから見た不倫の境界線です。法律上はどうなのでしょうか。

不倫の法律的な境界線(1) 不貞行為があるかどうか

法律的に罰せられる不倫の境界線は不貞行為があるかどうかのみになります。
不貞行為とは、配偶者以外の異性と性交渉を行うことで、不貞行為を行えば法律的に問われる立場となってしまいます。
 
回数が多ければ多いほど、継続年数が長ければ長いほど、不貞行為は重いものとされてしまいます。
 
心当たりがあり、過ちであると後悔しているのであれば、問われる罪が大きくなる前に速やかに不貞行為をやめることをおすすめします。

不倫の法律的な境界線(2) 具体的な行為

不貞行為と言いましたが、具体的にどういう行為を指すかと言いますと肉体関係です。つまりセックスがあれば不貞行為となります。法律的に損害賠償を求められるのは肉体関係があった場合になります。
 
性交渉に準ずる行為も不貞行為と見なされる場合があります。例えばオーラルセックスなどです。
 
逆に言いますと肉体関係がなければ法律的には不貞行為にあたりません。損害賠償請求は基本的にはできないとされています。もちろん例外はあります。しかし、不倫とみなされるような行為をしていれば人からの心証が悪いのは確かです。

不倫の法律的な境界線(3) 不貞行為を証明できる証拠とは

証明ができなければ不貞行為として訴えることはできません。証拠としては相手に認めさせることか、不貞行為を行う場所(ラブホテル)に出入りしている写真などが必要になります。
 
不貞行為は直接目にさらされるような場所で行われるものではありません。ですので、それを証明するにはしっかりとした証拠が必要なのです。
不貞行為の証拠について詳しくは浮気の証拠の集め方|確実に立証できる証拠をそろえるためには?を参考にしてください。

不倫の境界線を超えた?と思ったら

 
もしかして不倫されている…?と思ったら。疑惑は確証へと変えましょう。不倫調査を結構するのです。

探偵事務所に調査を依頼しましょう

不倫をされているかもしれない、と思ったとしても自分で証拠を集めるのは至難の業です。まず相手に素直に問うたところで、不利になることは言わないでしょう。そこで探偵事務所に依頼をすることをおすすめします
 
探偵事務所に依頼すれば、パートナーの動きを調査してくれます。必要に応じて尾行し、不貞行為が行われるような場所への出入りの写真なども撮影し、不貞行為を客観的に証明する証拠としてくれます。
 
離婚するつもりがない方でも、不倫相手には制裁をと考えている人には重要な証拠となります
 
ただしかかる費用もそれなりに高額です。まずは冷静にパートナーを観察してみましょう。怪しい曜日や時間がつかめれば、そのときだけ探偵に動いてもらえば費用を抑えることもできます。
 
相談するだけなら費用がかからない事務所も多いので、まずは気軽に自分の置かれている状況について相談してみてはいかがでしょうか?
 
ちなみにこちらの探偵探しのタントくんというサービスを活用すればあなたにぴったりの探偵を簡単にみつけることができます。相談は何度でも無料、匿名での利用もOKです。不倫の調査してみようかな・・・と悩んでいる人はぜひ!活用してみてください。
 
探偵さがしのタントくん

不倫の境界線はどこから?〜法的な線引きとは〜のまとめ

 
いかがでしたでしょうか。法律的にはここからが不倫、と言われても人間の心に境界線は引けないものです。
 
自分がされたら嫌なことはまずしないこと、そして疑われやすい行動はとらないことを心がけるのがベストですね。
 
もし配偶者の不倫を疑ったら、探偵事務所に調査を依頼しシロクロはっきりさせることをおすすめします。
この記事の作成者

ジコナラ編集部