不倫の略奪愛の7つのリスク〜略奪愛から足を洗うためには!?

不倫は略奪愛なのでしょうか?不倫相手から始まった遊びの恋愛が、いつの間にか本気で相手と結婚したいと思うくらいのめり込んでしまうこともあります。しかし不倫にはいろんなリスクが伴ってきますので、どんなことに注意すべきか行動を起こす前に考えてみましょう。

目次

略奪不倫は誰かを不幸にする行為ということを忘れないで・・・

 
不倫の略奪愛は漫画やドラマの中だけの話と思っているかもしれませんが、意外に身近でも起こり得る話なんです。
 
普通の恋愛とは違い、必ず傷つく人がいるのが略奪愛です・・・それは結婚していてもお付き合いの段階でも同じです。
 
パートナーいる相手を好きになり奪ってしまう行為ですから、傷つけるどころか恨まれる対象となることを忘れないように・・・
 
今回はそんな不倫の略奪愛のリスクを紹介し、最後には不倫から足を洗う方法を伝授したいと思います。不倫やめようかな、、なんて思っている人は要チェックですよ。

不倫の略奪愛の危険性とは?7つのリスクを考える

 
不倫の末の略奪愛の場合、それに伴うリスクはかなり大きなものとなります。次にどのようなリスクが生じるのか具体的にお伝えしたいと思います。

不倫の略奪愛のリスク(1) 慰謝料請求される

相手が既婚者だった場合、不倫の末の略奪愛は慰謝料を請求される可能性が高くなります。
 
慰謝料の相場は50万円~200万円と言われており、相手が離婚をする場合や不倫関係の期間、また子供の有無等によって金額は上下します。
 
略奪愛の場合は相手が離婚に至るケースがほとんどかと思いますので慰謝料は高額になります。

不倫の略奪愛のリスク(2) 世間の印象は最悪?友達や家族・職場からも

略奪愛と言っても相手とそのパートナーときちんと話し合いをして合意の元で再婚となる人もいるかもしれません。
 
しかし、世間からは「不倫相手をそのパートナーから奪った」と思われます。奪ったことは確かなので、それまでの経緯がどうであれ周囲からの印象は最悪です。
 
捨てられたパートナー以外の二人は不道徳と見られてしまいます。
 
共通の知り合いがいる場合は注意が必要ですね。

不倫の略奪愛のリスク(3) 不倫相手との再婚は離婚率が高い

略奪から再婚をして、最初は良い関係を築けているかもしれません。
 
ですが、不倫は繰り返す可能性があり、それは離婚した方も奪った方にも言えることです。
 
不倫をする人は元々、熱しやすく冷めやすいタイプだったり、背徳感やスリルを味わうことに楽しさを感じているタイプが多いです。
 
そのため、再婚をしてもその生活にマンネリを感じてしまえば、最終的には離婚という形も免れません。

不倫の略奪愛のリスク(4) 罪悪感・後悔にいつまでも苦しむ

不倫の最中や略奪後は相手に夢中になっているし、相手が自分のものになったという喜びから、罪悪感を感じることはないかもしれません。
 
しかし、いざ再婚となり落ち着いて考えた時に罪悪感に苛まれるでしょう。
 
自分のしたことの責任の重さや、パートナーを奪われた相手に辛い思いをさせてしまったことを後悔することになります。
 
その苦しみを一生背負っていく覚悟が必要です。

不倫の略奪愛のリスク(5) 慰謝料だけではない金銭的リスク

金銭の問題は慰謝料の支払いだけではありません。
 
住宅ローンや子供がいれば養育費の問題も考えなければなりません。
 
一般的には養育費は月々2万円~10万円、子供が成人するまで支払わなくてはなりません。
 
住宅ローンも個人差はありますが、数千万円の借金となる可能性もあります。
 
略奪に成功したとしても、今後は二人でこの借金を背負っていかなければいけないため、相当なリスクですね。

不倫の略奪愛のリスク(6) 元妻・夫との再婚の可能性

略奪が成功した後、 幸せな生活が続いていく中で危険なのは不倫や略奪は繰り返す、ということです。
 
もしかしたら全く知らない相手ではなく、別れたパートナーと子供や金銭の関係で連絡を取り続ける中で、再び関係を持ち始める可能性もあります。
 
再婚後に自分と相手が上手くいっていない時は、元のパートナーにも注意が必要ということですね。

不倫の略奪愛のリスク(7) いつ復讐仕返しされるかわからない

略奪愛の末の離婚の場合、円満に解決というのは難しいですよね。
 
ほとんどの場合、裏切った二人は憎むべき相手となります。
 
そこで「復讐をしたい」と考える人も少なくはありません。
 
共通の友人がいれば、二人が悪者扱いされるよう噂を流されたり、直接い嫌がらせをしてきたり、、、と手段は色々あると思います。
 
いつ復讐されるのか怯えながら暮らしていかなければいけない・・なんてことになりかねません。 

不倫の略奪愛から足を洗うためには?

 
不倫の略奪愛にメリットはありません。
 
後悔をする前に不倫関係を終わらせられるように一度しっかり考えてみませんか?

不倫の略奪愛をしないために(1) 不倫のデメリットをもっとよく考えましょう

不倫のデメリットは様々あります。
  • 高額な慰謝料の支払い
  • 自分の時間を無駄にしてしまう
  • 周囲の人間からの信頼や仕事や社会的地位を失う
  • 不倫相手のパートナーやその家族を不幸にする
一例でもこれだけ不倫にはリスクが伴います。これだけのリスクを抱えながらも不倫を続ける意味はあるのでしょうか。
 
不倫のデメリットについて詳しくは不倫のデメリットとは?不倫にはまる前に知っておきたい不倫をしてはいけない理由とはも参考にしてください。

不倫の略奪愛をしないために(2) 熱中できる仕事や趣味を見つけましょう

不倫を断ち切るためには不倫以外のことで忙しくなりましょう。
 
今まで不倫相手に使っていた時間を新しい趣味や習い事に当てたり、仕事にのめり込むことが出来れば、相手を思い出す時間も少なくなります。
 
また、不倫をしていなくても生活を充実させることが出来れば、リスクを抱えながら危険を犯していたことが馬鹿馬鹿しく感じることでしょう。

不倫の略奪愛をしないために(3) 未婚の人なら|新しい恋をしましょう

自分が未婚なら、将来幸せになれるかどうかも不明確な不倫相手に費やしている時間が勿体ないです。
 
周りの友人に紹介してもらったり、今は街コンや婚活パーティー等、出会いの場はたくさんあるため、積極的に出会いを求めるように動いてみて下さい。
 
続けていれば、徐々に不倫相手を忘れて新しい恋愛モードに頭が切り替わっていくはずですよ。
 

不倫の略奪愛に成功しても〜また不倫する可能性はあります

 
略奪愛に成功したとしても、それが幸せだとは限りません。一度不倫をした相手ですから、自分にもその危険が降りかかる可能性はあることは覚えておきましょう。

不倫は繰り返す?常に疑いの目は向けよう

不倫はそう簡単には治らないため、再婚したとしても安心しきって生活するのは危険です。パートナーを信じたい気持ちはあるかもしれませんが、疑う気持ちは持っておくべきです。
 
何か疑わしい行動が見受けられれば、証拠をしっかりつかんでおくようにしましょう。後々、別れ話になった時等に役に立ちます。

怪しいなら早めの浮気調査を!

もし再婚相手が不倫をしているな、と感じた時は証拠を掴むために調査を始めましょう。
 
もちろん自分一人でも調査は可能ですが、法を犯す危険性や相手が警戒しているため中々動きずらいことも考えられます。
 

確実に浮気調査をするのであれば、興信所や探偵事務所に相談することをオススメします。

不倫の略奪愛の7つのリスク〜略奪愛から足を洗うためにはのまとめ

 
不倫や略奪愛にはたくさんのリスクと危険が伴ってきます。
 
この記事で様々なリスクが生じることを理解して頂いたと思いますが、それでも不倫を辞められない場合は、それ相応の覚悟を持って行動しなければいけません。
 
他人を不幸にする行為ですから、自分も不幸になる可能性があることを忘れてはいけません。
 
もしも不倫相手の配偶者から慰謝料を請求されるような事態になったら、まずは弁護士に相談して慰謝料減額のアドバイスをもらうことを強くオススメします。
 
この記事の作成者

ジコナラ編集部