意外と怖い携帯料金の滞納!携帯料金を滞納し続けてしまうと信用情報に傷が付いてしまうことも

今、手元にある携帯電話の毎月の利用料金、支払いに困った経験はありませんか。今、現実に困っていると言う人もいるのではないでしょうか。払えないから、支払いをしない。いわゆる携帯料金滞納をしてしまうと、どうなってしまうのでしょうか。携帯電話が繋がらなくなるだけではないのが現実のようです。

目次

何が起こる?携帯料金の滞納

 
 携帯電話の毎月の利用料金、毎月の支払いが困るくらいに高額になっている方って結構いるのではないでしょうか。
 
それで料金の滞納と言う事態になってしまっている方が、最近は増加傾向にあります。
 
携帯電話の料金を滞納すると、携帯電話の回線が停止になり、通話不可だけでなくネット環境も制限されます。
 
それでも最近は無料WiFiがあるので、ネット自体は繋がる事も出来ますが、不自由なネット環境になる事は間違いありません。
 
でも実は、それだけでは終わらないのです。
 
最悪住宅や車などの各種ローンが組めなくなったり、クレジットカードが持てなくなることもあります。
 
え?と思われる方もいるでしょう。
 
たかが携帯電話料金の滞納と思っている方は注意が必要です。 

携帯料金の滞納から回線停止・強制解約まで

 
各携帯会社によってばらつきはありますが、料金を滞納した後、最悪、強制解約にまで進むプロセスはどのようなものなのでしょうか。

携帯料金の滞納とは

まず、毎月支払う利用料金が指定の期日に払えない場合、「料金の滞納」となります。
 
この料金の滞納ですぐに回線がストップになる事はありませんが、携帯電話会社から何らかの支払い督促が送られてきます。
 
この支払い督促を見て、支払期日までに利用料金を払い込めば回線がストップになるような事はありません。
 
ここで注意していただきたいのが、回線がストップしないからといって、督促が着てから支払いをすれば良いと考え、滞納をしがちな方です。
 
人間ですから、うっかりと言う事もありますので、料金の滞納をやってしまうかもしれません。
 
ですがこの料金の滞納は余計な金額を払う事になります。

携帯電話の回線停止

携帯電話会社から、支払い督促が来て、支払期日までに払い込めば問題は無いのですが、それが出来ない場合は、回線がストップしてしまいます。
 
回線がストップすると携帯電話での通話が出来なくなります。ネットも繋がらなくなります。
 
それでもWiFi環境下ではネットはつなげられますが、かなり時間やスピードに制限がかかります。
 
特に、ビジネスやプライベートで携帯電話を相当に利用している方なら、生活の大半が不便な状態になりかねません。
 
最悪、仕事ができない事も起きてしまいます。

携帯電話の強制解約

回線停止の後も、支払いに応じないと、約2ヶ月から3ヶ月後くらいに、携帯電話会社による強制解約をされてしまいます。
 
こうなると、後はどうしようもありません。
 
延滞している料金を払い込まない限り、再契約は出来ません。
 
また、強制解約の情報は他社にも共有され、他社の携帯電話も契約できなくなります。
 
つまり、今まで利用していた通信手段が使えなくなってしまいます。

携帯料金滞納の場合に発生する料金

 
携帯電話の利用料金の滞納には、やはりそれなりの罰金が科せられます。どのようなものがあるか見ていきましょう。

延滞利息

各携帯電話会社によって違いますが、概ね年利14.5%前後の延滞利息を請求してきます。
 
また、携帯電話本体を分割で購入している場合は、利用料金とは別に、携帯電話本体分(残金分)として年利6%の延滞利息がかかります。
 
つまり、利用料金と携帯電話本体分の合計の延滞利息が請求される事になります。
 
例えば、利用料金1万円、携帯電話本体代(残金分)が3万円あるとします。
 
30日の延滞をしたとして、
1万円×14.6%÷365日×30日=120円。
3万円×6%÷365日×30日=147円。
120円+147円=267円の延滞利息が発生します。
 
延滞期間が長くなればなるほど延滞利息は増えていきます。なるべく早く料金を納めたいです。

手数料

これも各携帯電話会社によって違いますが、ショップ窓口やコンビニ支払いをする場合、延滞料金を払う時に、窓口手数料が発生します。

ショップ窓口の場合300円前後が請求されます。

利用料金の延滞業務なので通常の業務からは外れると言うのが趣旨のようですが、これだけでも余分な金額になりますので、無駄な金額を払う羽目になります。

請求書発行手数料

これも無駄な余分な金額です。
 
各社概ね200円前後を請求してきています。
 
延滞期間が発生するとこれも通常の業務から外れた対応となるための措置となり、金額が発生します。
 
出来るだけ早く延滞金を払い込んで、余分な金額を圧縮したいですね。 

携帯料金滞納で起こる悪影響〜信用情報に傷が付くことも〜

 
利用料金の延滞で、延滞利息などがかかるのは書きましたが、実はそれ以上に怖い事があります。

携帯電話を分割で購入しているときは特に注意

携帯電話の支払い延滞で怖いのは、実は個人の信用情報に傷が付く事です。
 
携帯電話程度で?と思われる方もいるかとは思いますが、特にこれは、携帯電話本体を分割払いされている方には必ず付いて回る問題です。
 
携帯電話本体を分割で購入している事は、ローンで購入している事となりますので、CICなどの個人信用情報機関に登録をされています。
 
つまり、一回でも分割の支払いが滞れば、それは事故情報となり、信用情報機関に登録される事になります。
 
これが金融機関などで住宅や車のローンを組むときの足かせになります。
 
ローンを組むときは借入金の返済が出来るかどうかの審査が入りますから、携帯電話の支払いさえ出来ないのに、ローンの返済が出来ますかといった判断に繋がります。

住宅や車、時にはクレジットカードも

携帯電話料金の延滞は、住宅や車のローンの審査にも影響を与えますが、クレジットカードの与信にも響いてきます。
 
新規でクレジットカードを作るときだけでなく、実はカード会社はカード更新時はもちろん、厳しいカード会社なら頻繁にCICなどに情報を照会しています。
 
その結果、事故情報があるとなれば、クレジットカードの即強制解約の可能性もあります。
 
思わぬところで、生活が乱される可能性があるのです。

携帯料金を滞納しないための対処法

 
 
 携帯電話の利用料金の滞納をしないのが、一番なのですが、それをしてしまわないように大切な事はなんでしょうか。

毎月の支払額を別においておく

毎月の利用料金が大まかに決まっている人であれば、その分だけきちんと別に残しておく事が重要です。
 
これまで見てきたように、たかが携帯電話では済まされなくなる自体に直面する事もあります。
 
そうならないためにも、毎月の利用料金分を別に残して、きちんきちんと支払いを済ませて行きましょう。
 
口座引き落としをしている方なら、専用の口座を作り、そこに毎月決まった額を入れておくの事を習慣にするのも良いでしょう。
 
大切なのは、毎月の利用金額をきちんと把握する事です。
 
その為の専用口座での支払いです。

 利用料金の見直しをする。

そもそも、利用料金が高額になり支払いが困難であることが問題であれば、利用料金の見直しをすることも大切です。
 
今は大手キャリアだけでなく様々な業者が参入して、携帯電話の利用料金も下がってきています。
 
毎月の携帯電話の支払いに回せる金額が低く押さえられるなら、携帯電話料金の滞納の可能性も減るでしょう。
 
一度料金見直しの相談をされることも大切です。 

意外と怖い携帯料金の滞納!携帯料金を滞納し続けてしまうと信用情報に傷が付いてしまうことものまとめ

 
携帯電話は今の生活には無くてはならないものです。
 
携帯電話を持てることが一つの個人の信用に繋がっています。
 
その携帯電話の支払いを滞納してしまう事は、個人の信用を無くしてしまうのが現代です。
 
高価な携帯電話を持つ事も大切かもしれませんが、携帯電話を持ち続ける事が、今の世の中には、大切な「個人信用」なのかもしれません。 
この記事の作成者

ジコナラ編集部