【もし不倫をしたら】不倫をしてしまった時にあなたがするべきこと3選!

不倫をしたらどうなるか考えたことありますか?自分が不倫をしてしまうなんて。してはいけないと思っていたのにもう戻れなくてどうしたらいいか分からなくなっていませんか?ここではそんなあなたの力になれる情報をまとめてみました。

目次

ダメだとわかっていたのにやってしまった不倫、後悔していませんか?

 
不倫であっても人を好きになってしまう気持ちは誰にも止められません。
 
自分が既婚であっても、相手が既婚であっても、素敵だなと思ったらもう好きになってしまうものです。
 
しかし不倫はしてはいけないことです。不倫をしてしまったことに対して、相手や相手の家族、自分の家族に申し訳ない気持ちになってしまいますよね。
 
何よりそんなことをしてしまった自分を責めてしまうかもしれません。でも、人を好きになったことは悪いことではありません。 
  • 不倫をしてしまってこれからどうすればいいか悩んでいる人
  • 不倫をしてしまった時に何をすればいいか知りたい人
は必見です!

そもそも「不倫をした」ってどんな状態のことを言うの?当てはまっていないかチェック!

 
日本において不倫とはどこからを言うのでしょうか。

肉体関係を持った時に「不倫」と言う扱いになる

日本の法律上では肉体関係が発生した時から不倫をしたという扱いになります。
 
一度でも関係を持ってしまえば不倫となってしまいますが、回数が多ければ多いほど問われる罪も重くなります
 
もしも一度でも関係を持ってしまったとしても、それ以上関係を続けなければ問われる罪も軽いものとなります。
 

法律上に「不倫」と言う言葉はなく、「不貞行為」に含まれると解釈される

私たちはよく不倫と表現しますが、法律上では不倫は不貞行為と呼ばれます
 
夫婦関係にある者同士はお互いに貞操義務がありますそれを犯すことを不貞行為としています。
 
ちなみにこちらが独身で既婚者と不倫した場合は、共同不法行為者と呼ばれます。
 
既婚者と一緒に不貞行為という不法行為を行った者、という意味になります。

つまり、相手と肉体関係を持っていなければ「不倫」には当てはまらないことが多い

上記のことから肉体関係さえ持たなければ不倫とはされないのが現状です。
 
つまり、好きになっただけでは不倫ではありません
 
二人きりでどこかにでかけても食事に行っても、法律上不倫とはされません。
 
しかし肉体関係がなかったにも関わらず不倫と認めた裁判例もでてきています。疑われやすい行為や関係は避けるべきと言えるでしょう。
 

不倫をすることのリスクを考える!これから考えるべきこと3選を紹介!

 
法律上罪に問われる不倫ですが、どのようなリスクが存在するでしょうか。

不倫相手との関係をどうするのか考える

まずは自分が不倫相手とどうしたいのか考えてみましょう。そして相手にも問うてみましょう。
 
お互いが本気で好き合って、将来一緒に生活をしたいと思ったのならそのようになれるよう速やかに動くことが重要です。
 
もしも一時の気の迷いや火遊びであるのならばれないように証拠を残さないよう細心の注意を払うことや、引き際をわきまえることです。 

妻もしくは旦那に打ち明けるのか言わないでおくのか考える

打ち明ける=不貞行為を認めるということになります。自分の立場を悪くする行為です。
 
もしも不倫相手と結婚したいと思っていても、正直に話さずに離婚に持って行くことも不可能ではありません。
 
しかし配偶者に自分の行為への責任を持ちたい、償いたい気持ちがあるなら正直に打ち明けて誠意を見せるのも良いでしょう。
 
不倫が遊びであり自分の婚姻関係を継続していきたいのであれば打ち明けないことをお勧めします。
 
知らないほうが良いこともありますし、墓場まで持って行く秘密として胸に秘めて、今後は配偶者へ愛をたくさん贈ってあげましょう。

慰謝料を請求された時の対策を練る

不倫につきものなのが慰謝料です。自分が既婚であれば自分の配偶者から、相手が既婚であれば相手の配偶者から請求されます。
 
肉体関係があって、証拠もあった場合は言い逃れをするのは大変難しいです。
 
素直に認めて減額のお願いをするのが賢明です。
 
ここで考えてもらいたいのが、不倫相手とこの後一緒になるパターンの場合慰謝料という経済負担を負ったまま一緒になるということです。
 
お互い請求された場合、今後の暮らしはとても苦しいものとなるでしょう。
 
それでも不倫相手と一緒に生活していく気持ちはありますか?

不倫をした場合、最悪のパターンはこうなる

 
不倫のリスクは説明したとおりですが、もっと現実的に考えてみましょう。

妻もしくは旦那から高額な慰謝料を請求される

不倫関係にあった場合、自分の配偶者から慰謝料の請求をされる可能性があります。
 
慰謝料の額は不倫の回数や、相手の婚姻期間や子供の有無などで変わりますが50万~300万と言われています。
 
それに合わせて自分の配偶者へも支払う必要がでてきます。そして自分の配偶者と離婚となった場合、財産分与もなしの可能性があります。

妻もしくは旦那とは離婚、不倫相手とも別れる

不倫は火遊びのつもりであっても、配偶者にばれてしまい離婚を言い渡される可能性があります。
 
こちらが全面的に悪いため、何をどう言い繕っても謝ってももう遅いのです。
 
さらに不倫相手も面倒ごとに巻き込まれるのを恐れて別れを告げてくる可能性もあります。
 
不倫の末、孤独になる人も多いのです。

社会的信用を失い職も失う

日本において不倫に対する目は大変厳しいものです。
 
もしも不倫相手の配偶者が自分の職場に不倫のことを話した場合、最悪左遷の可能性があります。
 
また離婚する場合自分の両親にも離婚の原因を話さないとなりません。
 
自分の子供が不倫で離婚をしたとなると、両親でさえ許してくれず親子の縁を切られた、なんていう話も珍しくありません。

 不倫をしたら素直に謝るか、先に手を打って関係を絶つことが最も大切!

 
では不倫をしてしまったらどうするのがベストなのでしょうか。

両親に相談して今後を決める

もしも両親が健在であれば、恥を忍んで相談してみるのも一手です。人生の先輩としてアドバイスをもらえるかもしれません。
 
相談する場合は反省し悔やんでいる姿勢を忘れないようにしましょう。
 

ただし、縁を切られることも覚悟しましょう。両親と言えども理解してもらえない可能性は大いにあります。

男女関係がドロドロになりそうであれば男女問題に強い弁護士に相談する

有責配偶者からの離婚は認められていません。どうしても離婚したいのに配偶者が離婚してくれない。
 
逆に不倫相手と別れたいのに不倫相手が別れてくれない
 
自分だけの力ではどうにもできなくなった場合は弁護士に相談してみましょう。
 
いろいろなパターンを見てきた弁護士であれば、あなたの状態にあったアドバイスをしてくれます。

 

不倫についてさらに詳しく知りたい方はこちらも合わせてご覧ください!

【もし不倫をしたら】不倫をしてしまった時にあなたがするべきこと3選!のまとめ

 
いかがでしたでしょうか。不倫は誰にでもしてしまう可能性があります。問題はしてしまった後にあります。
 
自分がこの先どうしたいのかを見定めて、行動に移すことが大事になります。あなたの役に立てれば幸いです。
 
もし、男女問題で何かトラブルを抱えていらっしゃれば、男女問題に強い弁護士などの専門家に相談することをオススメします。
 
無料相談を行なっているところもあるので、まずは気軽に相談してみてください!きっと親身になって相談になってくれると思います。

弁護士に相談する

この記事の作成者

ジコナラ編集部