復縁のためには冷却期間が必要?〜時間が解決してくれることを願って〜

復縁と冷却期間は切ってもきれない存在です。大好きな相手との別れはとても辛いものです。周りにどう思われても失恋からすぐに気持ちを切り替えることは難しく、「復縁したい」と考える人がほとんどだと思います。しかし一度別れた相手との復縁は方法を間違えると可能性はとても低くなります。そこで今回は復縁を望む方へあるポイントをお伝えしたいと思います。

目次

復縁を考えるあなたへ|一度離れることでお互いのことがよく見えるかも?

 
離婚した、あるいは別れた人にとって復縁がしたい・・と思うことはよくあることです。ですが一度別れて距離を置くことは大切です。
 
相手を無理に引き止めるよりは離れた方が関係が良くなる場合が多いです。離れる期間の長さはあまり短すぎても意味はありません。
 
距離を置くことで相手のことを冷静に考えられたり、自分を見直すことが出来るため、中途半端に期間を設けるよりもしっかり時間をとった方がいいこともあります。

復縁に冷却期間が必要な理由

 
復縁するためにはある程度の時間が必要ですが、その理由は皆さん分かりますか?理由も分からずに冷却期間を設けても意味がないため、その理由をまとめてきました。

復縁に冷却期間が必要な理由(1) 悪い印象を無くさせる

仲の良かった二人に戻るためには、相手から自分への悪い印象を無くすことが一番大切です。
 
相手が自分に対して悪い印象があったことで別れに至ったと考えると、その印象を無くさないといけませんね。
 
冷却期間を置くことで、その悪い印象を忘れてもらい新しい気持ちでの再会が望めるというわけです。
 
相手を忘れる、というのは必ずしも悪いことばかりではないんですね。

復縁に冷却期間が必要な理由(2) 一度リセットしてお互い考える

二人の関係を一旦白紙に戻すことで、お互いが相手のことを考えることが出来ます。
 
一緒にいる時は冷静に考えることが難しく、別れという決断に至ってしまった場合は、この冷静に考えられる時間というのは必要です。
 
相手のどこが嫌だったのか、自分に悪い部分はなかったのか、と考えをまとめる期間にしましょう。

復縁に冷却期間が必要な理由(3) 依存癖を解消する

お付き合いをしている時、相手に依存していませんでしたか?
 
また、別れてから更に依存心は強まっていませんか?
 
相手が恋しくなって、必要以上に連絡を取ったり会いたくなってしまっては冷却期間の意味がありませんし、むしろ逆効果です。
 
より良い関係を築くために、どちらかが依存している状態というのは上手くいきませんので、この期間中は相手への依存心をなくす期間だと考えましょう。
 

復縁にはどれくらい冷却期間が必要?

 
冷却期間はどれくらい必要なのでしょうか。復縁をしたい方にとって、この期間の長さというのはとても大切です。
 
次は期間の置き方について考えましょう。

どれだけ必要かは人・状況によって異なります

冷却期間の長さはそれぞれ違います。二人の別れ方が深刻であるほど長期間になります。
 
また、自分に対しての印象が悪ければ悪い程ほど、長く時間をみた方がいいですね。
 
すぐに冷却期間を解消しても、相手も自分も冷静ではないため復縁は難しいです。
 
逆に言うと別れた後も友人として良い関係を築けていたり、円満な別れであれば冷却期間は必要ないとも言えます。

男性が女性と復縁するために必要な期間

男性は女性に未練を感じやすく、下心も含めて比較的に連絡を取りたがる傾向にあります。
 
男性は別れた直後ではなく、別れてから数か月~半年程の時間が空いてから、未練を感じがちなようです。
 
しかし、女性は時間が経てば新しい恋愛に進もうとするため、あまり長い冷却期間をとると、元彼女には新しい相手がいた、なんてことになるかもしれません。

女性が男性と復縁するために必要な期間

今度は女性が男性と復縁したい場合ですが、女性は別れたすぐ後が一番ダメージを受けており気分が落ちている状態です。
 
男性は別れた直後よりも、時間を置いてからの方が未練を感じる人が多いため、女性の冷却期間は長めにとることをおすすめします。
 
別れた直後に復縁を迫っても、受け入れてくれないことがほとんどですので、長期戦になるということを覚えておきましょう。

復縁に向けての冷却期間中に考えたいポイントは?

 
冷却期間中の行動はとても大切です。では、復縁のためにどのようなことを考えて冷却期間を過ごべきでなのでしょうか。

復縁のための冷却期間中のポイント(1) 事前に謝ることは謝っておこう

喧嘩、浮気、お金の浪費、、そんな何かの原因で別れに至ってしまった場合、相手に謝るタイミングというのは非常に重要です。
 
必ず冷却期間を置く前に謝罪をするようにしましょう。
 
そうすることで、冷却期間中に「自分も悪かったな」というように相手も思ってくれる可能性が高くなります。
 
謝罪を後回しにすると、怒りの気持ちが冷却期間中も持続してしまうこともあるので注意が必要です。

復縁のための冷却期間中のポイント(2) 別れた原因について改善していく誠意を見せよう

冷却期間は別れの原因を冷静に考えるための時間です。
 
別れた原因は必ずあるため別れ話の際に、相手に「自分の何が悪かったのか」「譲れない部分は何か」等、しっかりと聞いておくことが大切です。
 
別れの原因を改善せずに復縁を申し込んでも上手くいくはずがありません。原因を改善した上で、改めて自分の気持ちを真摯に伝えるようにしましょう。

復縁のための冷却期間中のポイント(3) 自分の価値を高める何かをしよう

冷却期間中にもう一つ大事なことが、自分磨きをすることです。
 
別れた原因を改善するのはもちろんですが、それプラス更に魅力的になって相手に復縁を申し込むことが出来たらどうでしょうか。
 
人間的に成長が出来る上、相手も見直してくれて復縁の可能性は高くなると思いませんか?
 
せっかくの期間ですから、外見でも内面でも自分に足りないと思う部分を磨く時間に充てましょう。

相手のことが気になっても|ストーカーには絶対ならないように

復縁を成功させるために、ストーカーのような行為は絶対にしないようにして下さい。
 
別れた相手が何をしているのか気になるのは仕方がありませんが、しつこく連絡をしたり会いに行ったりしては逆効果です。
 
別れた相手から近況を尋ねられたり、意味のないメール程返し難いものはありません。
 
復縁どころか、更に嫌われてしまう可能性の方が高くなりますので、連絡を取りたくてもこの期間中は我慢しましょう。

復縁のための冷却期間についてお答えします〜時間が解決してくれることを願って〜のまとめ

 
 
大好きな相手との復縁を目指す皆さん。相手の中にある自分の印象を変えるために、冷却期間は絶対に必要です。
 
別れ方やその人の性格によって冷却期間の長さは違いますので、この記事を参考に自分の場合はどれくらい期間を置くべきか考えてみて下さい。
 
ただ冷静に判断出来ない人も中にはいると思います。その場合はカウンセリングを受けることをおすすめします。
 
第三者からの客観的な意見も参考になるかもしれません。もし男女のトラブルでお困りの際は専門家に相談し意見を聞くこともお忘れなく。
この記事の作成者

カケコム編集部