妻の浮気を許すことができないなら・・浮気を許す方法とできない場合の対処法を教えます!

妻が浮気をしたら許すか許さないか。浮気は許すことが出来ないけれど、それが原因で結婚をパァにしてしまうのも考えが早急な気がすると答える人も少なくありません。悩ましい妻の浮気。どうするか迷っている時に参考にしてほしいまとめです。

目次

 妻の浮気が発覚したら許せますか?

 

妻の浮気は許すことが出来ないけれど、今後のことを考えると離婚までは考えにくいという人も少なくないようです。

しかし、中には「どうしても頭にくるので、何とかしたい」と思う人もいるでしょう。

妻が浮気をしたときに、自分ならどうするのか。

どうしたいのか?

自分の気持ちを見つめ直してから、妻の浮気を許すのかを決めても遅くありません。

一番危険なのは、一時の感情に流されて、先走った行動をしてしまうことです。

妻の浮気を許すメリット・デメリット

 

妻が浮気をした!

これは許すべきか、許さざるべきか。

そんな時にまず考えたいのが、浮気を許すメリット・デメリットです。

妻の浮気を許すメリット

浮気をした妻を許すメリットは、たくさんあります。

  • 離婚する労力が不要。
  • 再婚相手を探す手間も時間も必要無い。
  • 妻に「浮気を許してもらった」という負い目が出来るので、今後夫婦間で自分が優位に立てる。

ちょっと考えただけでも、この程度のことはすぐに思い浮かぶでしょう。

簡単なことばかりですが、非常に大切なことです。

自分の周りの人間を見ていると、離婚した後、次の相手を探せずにずっと独身を通す男性が圧倒的に多いのです。

妻の浮気を許すデメリット

妻の浮気を許すデメリットは、何と言っても妻のことを信じることができなくなることです。

一度自分の身に起こった事実を、完全に忘れることは難しいのです。

「また妻が浮気をするんじゃないか」という疑心暗鬼に囚われてしまうということでしょう。

夫婦間がギクシャクしたまま一生を送るかも知れません。

妻の帰りが遅いだけで、「もしかしたら浮気してるのかも」と根拠のない猜疑心にさいなまれます。

妻の浮気を許すことで、辛い思いをしている人もいるのです。

妻の浮気、許せる?許せない?

妻の浮気を許すのはメリットもデメリットもあります。

妻に対する不信感は、自分の中で本当に妻を許すことが出来ていないとも言えますね。

本当に妻を許すことが出来れず、辛い思いをせずに済むのではないでしょうか。

あなたは、このようなメリット・デメリットを見て、妻の浮気を許すことが出来ますか?

それとも許せませんか?

妻の浮気を許すには

 

妻の浮気を許すと決めた人。

妻を本当に許すには、自分の心の切り替えが大事です。

そうでなければいつまでも妻に対して不信感は拭えません。

妻の浮気を許すには(1) いい教訓だと思う

妻がした浮気を過去のものとして、心の養分とするには、辛い出来事をいい教訓だと思う前向きな姿勢を持つことです。

あまりにも妻の浮気がショックな時は、繰り返す事を恐れるあまりポジティブなイメージばかり浮かんでくるでしょう。

しかし、そんな気持ちに負けてはいけません。

なぜあんな事になってしまったのか。

妻に浮気されないよう自分に出来ることが無いか考えてみましょう。

妻の浮気を許すには(2) 第三者に相談してみる

浮気をした妻をうまく許すことが出来ない場合。

第三者に話をすることで見えることもあります。

他の人に話をしてスッキリするだけでなく、もしかしたら自分の気づかなかったことに気づかせてくれこともあるでしょう。

話をしてみると、意外な人が実は妻の浮気を経験しているかも知れません。

妻の浮気を許すには(3) 条件をつけて許す|浮気のペナルティをちゃんと決める

許すと思っても浮気をした妻に対してモヤモヤが消えない場合は、浮気を許すにあたって何か条件をつけるというのも良い方法でしょう。

この機会に今まで我慢していた妻へのお願いを実現させてみてはどうでしょうか。

また、連絡をまめにするなど条件にすれば浮気再発防止にもなるでしょう。

妻の浮気を許すときの注意点

 

妻の浮気を許すと言っても、ただ許すだけでは心配なこともあります。

浮気した妻を許す時の注意点を考えてみました。

妻の浮気を許すときの注意点(1) 浮気の再発に備えたほうが良い

妻が浮気をして許す時に怖いのが、また妻が浮気をしないかということでしょう。

一度浮気をしてしまった人は、浮気のやり方というのを覚えています。

はじめて浮気する時よりも楽にできてしまうのです。

妻の浮気を許す時には、もう二度と浮気をしないよう、何か策をこうじる必要があります。

妻の浮気を許すときの注意点(2) 浮気相手にも誓約書を書かせる

浮気をするには相手が必要です。

妻の浮気が発覚して別れると約束しても、またその相手と復縁してしまうことも考えられますね。

相手にも浮気のペナルティを与えましょう。

二度と妻と復縁しないよう。

復縁した場合は次は慰謝料請求も辞さないという事を伝え、もう二度としないよう誓約書を書かせます。

妻の浮気を許すときの注意点(2) 誓約書に書く内容

ここで、妻の浮気相手に誓約書を書かせる場合のポイントも記しておきましょう。

誓約書には、

  • いつ 
  • だれが 
  • だれに対して 
  • 何を誓約するか

をハッキリ記します。

そこに、「次回何かあったら慰謝料○○万円を請求する」という金額も提示します。

その誓約書を作成して相手に署名捺印させるのです。

この時の印は実印で、印鑑証明も添付させると更によいでしょう。

署名は目の前でさせることも忘れてはいけません。

妻の浮気を許すときの注意点(4) 浮気の誓約書は専門家に相談をおすすめします

浮気の誓約書は、相手にプレッシャーを与える。

もう二度とあなたの妻とは浮気をしない。

という気持ちにさせるのに有効ですが、もしもの再発の時に有効でなければ意味がありません。

法律上正式な誓約書であるのか心配な時もあるでしょう。

そんな時は、弁護士に相談して誓約書の書き方を指導してもらうと良いでしょう。

妻の浮気が許すことができないなら

 

妻の浮気を許す人ばかりではなく、許さずに離婚を考える人もいるでしょう。

ここでは、妻の浮気で離婚する場合についてお話します。

許す最後の手段としての【離婚】を考えよう

離婚は妻の浮気が許せない場合の方法。

そうは言いますが、自分が身を引く(離婚する)ことにより、妻の浮気を許すという最後の手段とも言えます。

浮気をしたことはもう許すが、結婚生活は続けることが出来ないというスタンスになります。

ですから、二度と妻に対して浮気をした事を責めたりせず、離婚をすることで解決とするのです。

浮気に対して発生する慰謝料

いくら妻の浮気を許すとは言っても、婚姻関係を壊すようなことをした責任は取ってもらわなくてはいけませんね。

妻の浮気が原因で離婚になるのですから、妻には慰謝料の請求をすることになります。

妻が自分が浮気をしたという事を謝罪している場合は、ある程度の慰謝料の支払いの覚悟もあるでしょう。

浮気相手に慰謝料請求できる条件

妻の浮気で離婚にまで発展する場合は、妻の浮気相手にも慰謝料の請求が出来ます。

でも、どんな浮気の相手にでも慰謝料が請求できるわけではないのです。

浮気相手に慰謝料請求するには条件があり、

  • 妻が婚姻をしている事を知っていた
  • 既婚者と知っていながら肉体関係があった

ことが必要となります。

あらかじめ妻の浮気の証拠を集めましょう

浮気をした妻と離婚。そして慰謝料を請求する場合は、妻に対しても浮気相手にしても証拠が必要になります。

妻と離婚するのであれば、話がこじれれば離婚裁判まで進む事にもなるでしょう。

そんな時、浮気の証拠がなければ離婚すら出来ないかも知れません。

妻と離婚や慰謝料に話をはじめてからでは証拠を集めるのは難しくなります。

そうなる前に、妻の浮気の証拠を集めておきましょう。

妻の浮気を許すことができないなら・・浮気を許す方法とできない場合の対処法を教えます!のまとめ

 

妻の浮気を許すには、夫婦関係をやりなおす他に、離婚して妻との関係を断つという選択肢もあります。

そのためには、妻が浮気をしている証拠を集め、離婚の時に慰謝料請求できるようにしておきましょう。

浮気の証拠集めには探偵を雇うとスムーズです。

あなたが周りをウロウロしていれば浮気もしないでしょうが、探偵なら妻も顔を知らないので警戒心を抱くこともありません。

この記事の作成者

ジコナラ編集部