メールから不倫を見破る方法と証拠としての役割を解説します!

メールから不倫を見破る方法のポイントをご紹介します。不倫している人のメールの特徴から、不倫の立証方法まで詳しく解説していきます。

目次

メールは不倫が発覚する一番の原因と言われています

 
不倫が発覚する一番の原因は、メールと言われています。
 
不倫をしている人は、多くの場合メールを利用しているので、メールをチェックすると不倫が発覚する事が多いのです。
 
不倫をしている場合のメールの特徴をまずは知り、不倫を見破る方法を知っておきましょう。
 
この記事を読めば、不倫をしているかどうかがメールをチェックするば分かるようになりますよ。
 
また、メールで不倫が発覚した時の正しい対処法もご紹介するので、参考にしてください。 

不倫している人のメールの特徴

 
 
不倫している人のメールには、共通の特徴があります。ポイントを押さえておきましょう。

不倫メールの特徴(1) 1日に何通もやり取りしている 

不倫をしているメールの特徴として、1日に何通もやり取りしていることが挙げられます。
 
「おはよう」から「おやすみ」まで、1日に多くのメールをやり取りしていると、不倫の疑いがあります
 
不倫をしている人達の主な通信手段は、電話よりもバレにくいメールである傾向があります。
 
また、不倫をする人は連絡もこまめに行う傾向があるので、まずはメールの頻度をチェックしてみましょう。

不倫メールの特徴(2) 名前を愛称や偽名で呼び合う 

万が一、メールを見られても怪しまれないよう、お互いの名前を愛称で呼び合っている事が多いのも、不倫メールの特徴です。
 
愛称や別名をメールに使用することで、性別を誤魔化すこともできます
 
また、アドレスを登録している名前も偽名であることが多いので、同性の名前だからと安心はできません。
 
違和感がある場合には細かい調査をおすすめします。

不倫メールの特徴(3) あえて簡素な内容である

不倫相手とメールをしているとしても、分かりやすいラブラブな内容ではない事も多いです。
 
まるで仕事関係の人とのメールのような、業務的な言葉でやり取りされていることもあるので、一見だけで判断できない可能性もあります。
 
このように、普段から警戒心のある人だと、明らかに不倫と思われる内容のメールはしないのも、大きな特徴と言えます。

メールから不倫を見破る方法

 
メールから不倫を見破る方法を解説していきます。どんな所を確認すれば、不倫を見破ることができるのでしょうか。

メールから不倫を見破るポイント(1) 会話内容が途切れている

メールでの会話内容が途切れ途切れになっていたり、会話が成り立っていないなど違和感を感じるやり取りである場合、やましいメールのみを削除している可能性があります。
 
メール履歴全てを消しているのではなく、一部のやましい部分を削除することで不倫の証拠を隠滅しているのです。
 
やり取りの内容が不自然で、部分的に削除されていると考えられる場合には不倫の可能性が高くなるでしょう。

メールから不倫を見破るポイント(2) 一人の時間に多くメールをしている

メールから不倫を見破るには、メールをしている時間帯にも注意してください。
 
日常生活の中で自分と一緒に過ごしていない時間に集中してメールをしているようなら、不倫メールの可能性が高いです。
 
不倫のメールは一緒にいる時ではなく、一人でいる時の方が気兼ねなくやり取りできるはず。
 
こっそり隠れてしているようなメールが見つかったら、不倫を疑いましょう。

メールから不倫を見破るポイント(3) フォルダ管理で整理整頓されている

メールのフォルダがきれいに整理されている場合も、不倫をしている可能性があります。
 
不倫相手とのメールと通常のメールを分けて整理しておくと、いざという時一気に削除できて証拠隠滅もしやすいということで、普段からメールを細かく分けている人が多いのです。
 
不倫メールのフォルダは分かりにくい名前や名称にしていることがほとんどなので、怪しいメールフォルダもチェックしておきましょう

不倫メールに気づいてもやってはいけないこと!

 
不倫メールにきづいても、慌てて行動してはいけません。やってはいけないことをご紹介します。

すぐに相手に問い詰める

不倫メールを発見しても、それを持ってすぐに相手に問い詰めることは絶対にしてはいけません
 
まず、勝手に携帯やスマホを見たということを指摘されますし、プライバシーの損害だと訴えられてしまう可能性もあります。
 
いきなり感情的にはならず、いったん落ち着いて先のことを計画してから行動を起こしましょう

不正にパスワードを入手し携帯を操作する 

不倫メールを発見したら怒りがこみ上げ、懲らしめてやりたい!という気持ちになるのは理解できます。
 
しかし、不正にパスワードを入手し携帯やスマホを操作するのも避けるのが良いでしょう。
 
今では簡単に携帯やスマホを遠隔操作できますが、不正に行うと犯罪になってしまいます
 
懲らしめるのであれば慰謝料や裁判で行い、法に触れる方法は避けるようにしてください。

メールでは不倫を証明できない?〜証明力のある証拠とは〜

 
 
メールでは不倫を証明できないのでしょうか?

また、証明力のある証拠とは、一体何なのでしょうか。

不倫を証明できる証拠とは? 

不倫の疑いがあるメールを入手したとしても、それだけでは残念ながら不倫を証明することは難しいです。
 
メールよりも不倫を確実に証明するのなら、不倫相手とホテルやマンションを出入りする写真や動画、音声が有効。
 
食事をしているだけ、メールをやり取りしているだけでは不貞行為とはみなされませんが、二人きりになっているということが分かれば不貞行為を行えると法的にも認定されます

証拠があると何ができるのか

不倫の証拠があると、慰謝料の請求を行えます。
 
また、その後別居や離婚などと話が進む際にも、証拠があることで自分有利に裁判を行うこともできます
 
証拠があると相手は言い逃れできませんので、あくまでも自分主導で慰謝料や裁判に持ち込めます。
 
反対に不倫の証拠がないと、慰謝料の請求も出来ないことが多いので、証拠は必ず手にしておきたいところです。

メールで不倫を疑ったら探偵事務所に調査を依頼しましょう

 
メールで不倫を疑ったら、自分で調査するのではなく探偵事務所に調査を依頼するのがおすすめです。

探偵事務所に調査を依頼して不貞行為の証拠を手に入れる

不倫メールが発覚した場合、なるべく早く欲しいのが不貞行為の証拠です。

証拠は自分ではなかなか手に入れにくいので、探偵事務所に依頼するのがおすすめ。
 

メールだけでは立証できない不倫ですが、証拠を手に入れることで法的にも確実に証明することができます

自分有利に話を進めるためにも、探偵に確実な証拠を取ってきてもらいましょう。

自分で浮気調査をするリスクと困難性

不倫メールを発見し、浮気の調査を自分で行いたくなる人も多いですよね。
 
しかし自分で行う調査はバレてしまう可能性が高く、確実な証拠を押さえるまでに時間を要するでしょう。
 
張り込みや聞き込み調査をすると不倫の証拠を押さえられる可能性が高くなりますが、自分一人では難しいはず。
 
証拠を掴む前にバレると厄介なので、できる限り不倫の調査はプロにお任せしてしまいましょう

探偵を選ぶ際のポイント

不倫調査を依頼する探偵を選ぶ際には、自分に合った探偵を探すのがベストです。
 
例えば金銭面や操作方法、過去の実績や信頼感など、総合的に判断し、自分が納得して依頼できる探偵を見つけてください。
 
探偵事務所は経営をするのに届け出を出すのが義務なので、きちんと行っているかも信頼できるかどうかの判断基準になるでしょう。
 

探偵さがしのタントくん

証拠が手に入ったら|その後の選択肢とは

無事に不倫の証拠が手に入ったら、その後どうするかをじっくり考えます。
 
浮気相手に慰謝料を請求し、離婚をせずに夫婦関係を継続するのか。
 
それとも、慰謝料を請求した後、離婚をするのか。
 
不倫の証拠があればどちらの選択肢も選ぶことができるので、自分にとって最善な道を選んでください。
 

メールから不倫を見破る方法と証拠としての役割を解説します!のまとめ

 
 
 
メールには不倫の形跡がたくさん含まれています。
 
メール内容や時間帯に注目すると、不倫が発覚するかもしれません。
 
その際には、メールから不倫が発覚してもすぐに相手を問い詰めず、他の証拠も集めるようにしましょう。
 
残念ながらメールだけでは不倫の証拠とは言えないので、法的に不貞行為を立証できる証拠を押さえましょう。
 
不倫メールを発見したら、すぐに探偵に調査を依頼するのも良いですね。
 
自分にとって最善な道を選ぶためにも、不倫メールだけでなく確実な証拠を揃えるようにしてください。
探偵さがしのタントくん
この記事の作成者

カケコム編集部