不倫相手が離婚したときの問題点とは?〜慰謝料請求される場合とされない場合とは〜

念願かなった不倫相手の離婚。これから先はもう相手のパートナーに怯えることもなく、堂々と二人で生きて行くことができる…と思いがちですがまだ残された問題があるんです。

目次

不倫相手がやっと離婚してくれた・・そんなこと言ってられません!

 

ついに不倫相手が離婚をし、だれにも気兼ねすることなく付き合える関係になりました。

待つ身としてはこれほど嬉しいことはないでしょう。

この先二人で幸せな未来を築いて行こうという気持ちでいっぱいになっていると思います。

しかし現実には問題が残っています。不倫をしていたことに対する慰謝料請求の可能性があるからです。 

不倫相手が離婚した場合|不倫相手の配偶者から慰謝料請求の対象になります・・・

 

つらい事実になりますがこちらは不貞行為を行った側です。

慰謝料請求される可能性が非常に高いです。 

離婚の原因を作った責任

不倫は民法上では不法行為とされており、損害賠償の対象になります。

離婚の原因が不法行為であるならば、あなたに離婚の原因を作った責任があります

消極的損害(不法行為がなければ得られたはずの利益)というものを不倫相手の元配偶者に与えたということになります。 

共同不法行為者

とはいえども不倫はひとりではできません。あなたとあなたの不倫相手でした行為です。
不貞行為は民法上では不法行為とされていますので、二人は共同不法行為者と呼ばれます。

つまりあなたにもあなたの不倫相手にも慰謝料の請求をされる可能性があるということになります。

せっかく独身同士で再スタートをしようとしているときに、金銭的な足かせができるということです。 

不倫相手が離婚して慰謝料請求される場合

 
もっと具体的に慰謝料を請求される場合についてを見ていきましょう。 

不倫相手の離婚で慰謝料請求される(1) 既婚者だと知って付き合った

既婚者だと知って付き合った場合は故意に不貞行為をしたということになります。

故意にした場合は慰謝料請求の対象になると、民法709条にて定められています

不倫相手の離婚で慰謝料請求される(2) 不貞行為があった

一部例外もありますが、日本では不貞行為をもって不倫とする判決が多いです。

この場合の不貞行為とは肉体関係を指します

単に食事をしただけやデートをしただけでは不貞行為として慰謝料の請求対象にはなりにくいですが、肉体関係があれば請求対象になります。 

不倫相手の離婚で慰謝料請求される(3) 精神的苦痛が生じた

精神的苦痛とは曖昧なものではありますが、あなたが不倫をしたことにより不倫相手の配偶者が苦痛を感じた場合に請求されます。

例えばあなたの不倫相手が家に戻ってこない、コミュニケーションをとらない、嘘をつく、収入を家に入れないなど様々な要因を引き起こした原因があなたであるとして、精神的苦痛が生じたとされます。

不倫相手が離婚しても慰謝料請求されない場合

 
ただし、慰謝料請求されない場合も存在します。それが下記の場合です。 

不倫相手の離婚でも慰謝料請求されない(1) 不倫について故意・過失がない

不法行為は故意と過失があって成り立ちます

つまりあなたが不倫相手から既婚者と言われていなかった場合や、独身と嘘をつかれて知らないうちに不倫関係にされいた場合は故意にも過失にもなりません。

不倫相手の離婚でも慰謝料請求されない(2) 婚姻関係が破綻していた

例えば不倫相手が離婚に向けて話し合いをしている途中での不倫であったり、別居中であった場合は婚姻関係が破綻していたと判断されて慰謝料請求されない場合があります。

あなたが原因での離婚じゃない場合は慰謝料請求の対象外となります。 

不倫相手の離婚でも慰謝料請求されない(3) 不貞行為の証拠がない

日本では肉体関係があれば不貞行為とみなされることが多く、二人きりの食事やデートでは不貞行為とは認められないのがほとんどです。

不貞行為を行っていたという証拠や発言がない限りは不貞行為として請求ができないのが現状です。

不倫相手が離婚して慰謝料請求されたら?考えるべきこと

 
実際に慰謝料請求をされたらどうすればよいのでしょうか。

不倫相手が離婚して慰謝料請求されたら(1) 求償権の行使ができる場合があります

求償権とは、肩代わりした金額分を請求できる権利と思ってもらえれば良いです。

不倫の場合に当てはめてみると、不法行為は共同で行っています。

つまり片側だけに慰謝料を請求しても、二人に払う義務があるということです。

しかし不倫相手が離婚して慰謝料請求された場合は、あなたにもあなたの不倫相手にも慰謝料請求をされていると思います。

不倫相手も同じように慰謝料を支払うのであれば求償権の行使はできないものと思ったほうが良いでしょう。

不倫相手が離婚して慰謝料請求されたら(2) 減額請求ができないか確認しましょう

大体慰謝料請求は減額を見越して高く請求しています

そのままの額を支払うのは相手にとってラッキー以外の何物でもありません。

ただ減額のポイントとして心の底から反省している姿勢を見せることです。

謝罪と反省の態度を表した後に、減額の相談をしてみましょう。

もしもかなりの高額なのに減額請求にも応じてもらえない場合は裁判に持ち込んだ方が減額できる可能性もあります。 

不倫相手が離婚して慰謝料請求されたら(3) 慰謝料の支払いに合意する前に弁護士に相談

一番ベストなのは専門家である弁護士に相談することです。

様々なケースを見てきた弁護士であれば金額の妥当性や、不要な支払に応じる結果にもならずに済みます

また煩わしい手続きなども代理で行ってくれます。

こちらに非があるにせよ請求されたことによる動揺は大きなものだと思います。

思い切って相談してみると思っていたよりも安く、早く解決することが可能となるかもしれません。 

不倫相手が離婚したときの問題点とは?〜慰謝料請求される場合とされない場合とは〜のまとめ


不倫相手の夫婦関係がもともと破綻していたのなら心配はありませんが、そうではなかった場合、不倫相手が離婚したあともしばらく苦しまないといけない状況になります。

どういう理由があるにせよ、不倫相手の元配偶者も苦しんだはずです。

できるだけ穏便に、そして速やかに済ませて関わりを断つためにも慰謝料請求の流れを予習しておくと良いかもしれません。

この記事の作成者

カケコム編集部