不倫の問題点についてちゃんと考えたことありますか?〜様々な角度から見る不倫の問題点とは〜

不倫の問題点ついて考えたことはありますか?心の奥では不倫は悪いことだと分かっているけど、なかなか別れられないという人もいるでしょう。しかし、不倫には法律的な問題や社会生活を行う上でのリスクも存在します。それらをしっかりと把握すれば不倫という泥沼から抜け出すことができるかもしれません。

目次

不倫はなんとなく悪いと思うけれど|具体的にどんな問題があるのか解説します


不倫はなんとなく悪いことだと思っているけど、好きになってしまったのだから仕方ない…そんな風に考えている人もいるのではないでしょうか。

ですが、不倫には思っている以上にさまざまな問題があります。
 
具体的にはどのような問題やリスクがあるのか、きちんと知っておくようにしましょう。
 
今回は不倫について 
  • 社会的な問題
  • 金銭的な問題
  • 法律上の問題
の3つの視点から考えていきたいと思います。
 
もしあなたが不倫から足を洗おうと思っているのなら、不倫の問題点を知ることがそのきっかけになるかもしれませんよ。

不倫の問題(1) 社会的な問題


不倫をすると社会的な問題が関わってくることがあります。

どのような問題が起こるのでしょうか?見ていきましょう。

不倫の社会的な問題(1) 会社を解雇される

社内不倫をしている場合、それがばれると会社を解雇されてしまう可能性があります。

社内不倫がばれたことによって、相手が何度も会社に電話をかけてくるなど、会社の規律秩序を乱す行為を行うと処分の対象になってしまいます。

職場で不倫をすると左遷や解雇など、なんらかの処罰を下されることになってしまうので、注意が必要となります。

不倫の社会的な問題(1) 世間の不倫に対する非難の目|家族・友達からも

誰にも知られることなく不倫をして、別れたのであればまだそれほど傷はないかもしれません。

ですが、もしも不倫していたことが周りに知れてしまったらどうでしょうか?

不倫に対する世間の目というのは思っているより厳しいです。
 
不倫の問題が広がると、周りだけでなく家族や友達からも非難されるかもしれません。

両親から勘当されてしまうことだってあるのです。 

不倫の社会的な問題(1) 今後の恋愛にも響く

不倫の問題は今後の恋愛にまで関係してきます。

秘密の恋と言うのは、誰にもいえない背徳感や刺激があるからこそ、余計に興奮するものです。

本当にその人のことが好きなのか、相手が誰かのものだからこそ燃えているのか…不倫を続けていると本当の恋愛というものが分からなくなり、その後の恋愛にも響いたりします。 

不倫の問題(2) 金銭的な問題


不倫が原因で離婚することになると、つきまとうのがお金の問題です。

離婚するときに必要になる金銭的な問題についてみていきましょう。 

不倫の金銭的な問題(1) 離婚時に様々なお金を払うことになる

単なる浮気で本気ではないとしても、不倫問題が原因で離婚するとなると話しは大きくかわってきます。

不倫問題が理由で離婚することになった場合、離婚するときにさまざまなお金が必要になってきます。

高額な慰謝料を請求されることだって決して珍しくありません。

精神的なダメージだけでなく、お金も付きまとうということを忘れないようにしてください。 

離婚時のお金の問題について詳しくは離婚の【慰謝料】と【養育費】の2つのお金について解説します!を参考にしてください。

不倫の金銭的な問題(2) 不倫にはお金がかかる

不倫をするとなると、どうしてもお金がかかります。特に男の不倫にはお金がかかるといえるでしょう。

自宅で会うわけにはいかないので、少し離れた場所で食事をしたりホテルに行ったりすることになるのだと思いますが、それだけでも結構なお金がかかります。
 
言い換えれば二つの家庭分生活費がかかるといっても過言ではないでしょう。

年間にすると数十万円以上になるので、家計にも響いてくる金額と言えます。お金がないと不倫をすることは難しいといえるかもしれません。 

不倫の問題(3) 法律上の問題


配偶者がすでにいる状態で行う不倫には法律の問題も付きまとうことになります。
 
どうして不倫はいけないのか、法律の問題を紹介したいと思います。

不倫の法律上の問題(1) 夫婦の守操義務違反|不法行為

配偶者以外の異性と性的関係を持つことは夫婦の守操義務違反に値する行為になります。

法律上で、夫婦の守操義務違反に違反する行為であるので、不法行為にあたり、様々な責任が生じます。

民法上では配偶者以外の異性と性交渉をすることを不貞行為と呼びます。

不倫の法律上の問題(2) 離婚理由になる|合意なしで離婚が成立してしまう

基本的に離婚というのはお互いの同意によって行えるものですが、配偶者が不貞行為をしている、夫婦としての義務を果たしていないなど、婚姻の継続が難しいような場合は合意がなくても離婚が認められます。

通常、協議離婚では夫婦双方の合意がないと離婚は成立しませんが、不貞行為があればどんなに離婚したくないといっても訴訟を起こせば離婚が認められます。

不倫の法律上の問題(3) 損害賠償責任が生じる

不貞行為によって配偶者が精神的苦痛を受けた場合にはその損害賠償責任、つまり慰謝料を払う責任が発生します。

不倫の慰謝料の金額は一般的に50万円から300万円と言われていますが、場合によってはかなりの金額を請求される可能性もあります。

離婚の慰謝料の金額について詳しくは不倫の慰謝料の相場を知りましょう!|相場より高い慰謝料を請求されたときの対処法とは?を参考にしてください。

基本的には一括して支払うことが求められますが、一括で支払うことが難しい金額を請求されることも少なくありません。そのような場合は、分割払いが認められます。

不倫で離婚した結果、逃れられない慰謝料の支払いに苦しみ生活を切り詰めなければならない、なんてことも珍しくはないでしょう・・

不倫の問題は数知れず・・・やはり不倫は解消すべきです


不倫によって寂しさが癒されることもあるかもしれませんが、不倫の問題はリスクがたくさんあるので解消するのが1番であるといえるでしょう。

不倫問題を解消する方法(1) 不倫相手ときちんと話す

不倫相手とただダラダラ長く付き合っていても問題やトラブルが起こりやすくなるだけです。

配偶者がいて不倫をしている人は、パートナーにばれて離婚になったり、会社を解雇されてしまう可能性がありますし、配偶者がいなくて不倫している側は、不倫という恋愛によって新しい出会いも失います。

不倫の問題が起こる前に不倫相手ときちんと話して付き合いを解消するようにしましょう。
 
付き合いが長くなってしまう前にきちんと話し合うようにしてくださいね。

不倫問題を解消する方法(2) きっぱりと連絡を絶つ

別れると1度決めて、不倫を解消したのであればきっぱりと連絡を絶つようにしてください。
 
不倫問題で多いのが、別れると決めたのにまた連絡をしてしまうことです。

軽い気持ちで連絡を取り続けていると、いつまでたっても忘れることができません。

職場不倫だった場合、不可抗力で顔を合わせなければならない場面なども出てくるかもしれませんが、それでも仕事とプライベートはきっちり分けて、連絡はきっぱりたつようにしましょう。

その際、電話やメールはもちろんのこと、本当に不倫を断ち切りたいのならSNSなどにも注意するようにすると良いでしょう。

 不倫問題を解消する方法(3) 専門家に相談する

不倫の問題をもう1人では解決できそうにないという場合は、離婚問題に強い弁護士に相談するようにしましょう。

不倫について1人で悩み続けていても良い答えは出てきません。特に慰謝料を請求されてしまった場合は一人ではパニックになってしまうことでしょう。

さらにもしも離婚になってしまったら、慰謝料や親権はどうすれば良いのか?など不倫ででてくるさまざまな問題をはっきりさせるためにも、一度離婚問題に強い弁護士に相談してみることをおすすめします。

不倫の問題点についてちゃんと考えたことありますか?〜様々な角度から見る不倫の問題点とは〜のまとめ


不倫には社会的な問題、金銭的な問題、法律上の問題など、さまざまな問題があるということが分かって頂けたでしょうか?

人を好きになるという気持ちはいけないことではありません。

ですが、不倫という形で関係をもってしまうと、さまざまなリスクが起こってしまう可能性があります。

不倫による問題は思っているより大変なものなので、後で後悔することがないように行動するようにしましょう。

もし不倫の結果のトラブルでお困りなら、取り返しがつかなくならないうちに離婚問題に強い弁護士に相談されることをおすすめします。
この記事の作成者

ジコナラ編集部