不倫相手との復縁はダメ!不倫相手との復縁で負う大きなリスクと責任

不倫相手との復縁は普通の恋愛での復縁とは意味が違います。前よりも不倫のスリルもリスクも一段と増すばかりです。それを分かっていて不倫相手との復縁を希望しているのであれば、もう一度その危険性について考えてみませんか?

目次

不倫相手との復縁はするべきではありません!!

まず大前提として不倫は法律に違反する行為ですから、絶対にするべきではありません。
 
ましてや、せっかく不倫関係一度終わらせて普通の生活に戻ることができたのに、もう一度関係を修復させてもメリットはゼロです。
 
不倫の復縁は普通の恋愛よりも難しく、どちらかにパートナーがいる事実からは逃げられません。
 
復縁ということで、万が一バレた時のリスクも高くなります。
 
また、復縁したからといって前よりラブラブになれるかも疑問ですよね。
 
もしかしたら不幸な結果が待っている可能性もあります。
 
不倫相手との復縁に幸せな未来は期待できません。

不倫相手と復縁する理由|なぜ不倫を繰り返してしまうのか?

 
不倫はしてはいけないことだと分かった上で、なぜ繰り返してしまうのでしょうか。
 
やはり不倫でしか味わえないスリルやドキドキ感を求めているのでしょうか。

不倫相手と復縁したい理由(1) やっぱり都合のいい人が欲しいから

不倫を始めるきっかけは「遊びたいから」というのがほとんどの人の本心です。
 
本気で不倫相手が好きならリスクを抱えずに離婚なりの手段を取ってから関係をスタートするはずです。
 
一度別れたものの、やはりパートナーとは味わえないような恋愛ごっこを不倫相手と楽しみたいから復縁を望んでいる、という人は多いです。

不倫相手と復縁したい理由(2) 冷却期間を置くと不倫の罪悪感を忘れてしまうから

一度別れたものの時間が経つにつれて自分が不倫をしていたことの罪悪感とバレるかもしれないという恐怖感を忘れてしまっているのも復縁の理由に挙げられます。
 
誰しも、幸せだった楽しかった思い出は頭の中にずっと残るものの、罪悪感など思い出したくないことは消えてしまうものです。
 
楽しかった思い出に浸っているうちに不倫心が再び芽生えてしまうというのもあり得る話です。

不倫相手と復縁したい理由(3) 納得する理由で関係が終わらなかったから

不倫相手から一方的に別れを告げられたり、いきなり連絡が取れなくなってしまったりと、自分が別れに納得をしておらず、ずるずると引きずってしまっているケースです。
 
曖昧な形で終わってしまった時こそ中々相手を忘れることが出来ないのは普通の恋愛と同じです。
 
相手は自分との関係に疑問を感じて自ら離れていったわけですから、その分復縁も困難といえるでしょう。

不倫相手と復縁したい理由(4) どちらかのゴールが再婚して結ばれることだから

不倫相手とのゴールに「再婚」をどちらか一方でも希望しているのであれば、簡単に関係を終わらせることはできません
 
パートナーがいるのであれば離婚しなければいけないし、自分が未婚であるなら不倫相手をパートナーと離婚させなければいけません。
 
どちらにしても離婚というのはかなりのリスクが発生するため、簡単に再婚というわけにはいかないでしょう。

不倫相手との復縁をやめた方が良い5つの理由

不倫相手との復縁にメリットはないとお伝えをしましたが、具体的にはどのような理由があるのでしょうか?

不倫相手との復縁をやめるべき理由(1) 不倫にはデメリットが多すぎる

不倫は周りの人を不幸にしてしまうだけでなく、自分の時間も無駄にしてしまいます。
 
更に友人や親族からの信頼感や社会的地位も失いかねません。
 
しかし、最大のデメリットは不倫相手と自分に請求される慰謝料です。
 
一般的な相場は50万円~200万円とされていますが、復縁の場合は料金額が高額となる可能性が高くなります。
 
このような高額な支払いのリスクを抱えてでも関係を続けるべきか、冷静に考えてみて下さい。

不倫相手との復縁をやめるべき理由(2) 復縁によって浮気が本気に?

不倫の復縁は前よりも更に情熱的な恋になりがちです。
 
「忘れようとしても忘れられなかった」「本気になってはいけない」という背徳感から気持ちが盛り上がってしまうものです。
 
しかし、その盛り上がりから遊びのつもりが、相手にのめり込みすぎて本気になってしまう可能性もあります。
 
その場合、離婚・別居・慰謝料・子供の親権等、抱える問題が大きくなってしまいますので、不倫はやめましょう!

不倫相手との復縁をやめるべき理由(3) 一度は許されても間違いなく次はない

万が一、前回の不倫がパートナーにバレていて目をつぶってくれていた場合、もしくは許してもらっていた場合でも二度目の不倫は常識的に考えて許されないことがほとんどです。
 
一度バレているということで、パートナーは証拠も準備してあったかもしれません。
 
もし調停や裁判で慰謝料の話になった時、相当なダメージを受けるのは自分です。

不倫相手との復縁をやめるべき理由(4) 慰謝料は不倫の期間により増える傾向にある  

パートナーから不倫の慰謝料を請求される場合、不倫の期間や頻度によってはかなり高額になることがあります。
 
そのため、復縁ということがバレていたり、復縁はバレていないにしろ前の不倫から長期的に関係が続いていたと判断されれば、相場の中でも高い金額を設定されてしまいます。

不倫相手との復縁をやめるべき理由(5) 傷つける人がどんどん増えていく|自分のこころも

不倫は自分だけではなく、周りの多くの人たちも傷つけてしまいます。
 

相手のパートナーと子供は一番の被害者です。

幸せな生活を送っていたところにパートナーの不倫という事実を突きつけられて、家庭崩壊に至ってしまいます。

また、お互いの両親や友人からの信頼もなくなり、世間体的にも良くありません。
 
そう考えると、不倫は人の不幸の上に成り立っているといっても過言ではありませんね。

それでも不倫相手と復縁したいなら|ある程度の覚悟は必要です

不倫のリスクを知った上で、まだ相手との不倫関係を望むのであれば、覚悟しておきましょう。
 
全てを捨ててもいい、くらいの覚悟が無ければ復縁すべきではありません。

慰謝料を払ってパートナーと離婚しましょう|不倫という形で続けるのはやめよう

もし本気で不倫相手と復縁をしたいのであれば、パートナーと離婚してから、という選択肢も考えましょう。
 
その際、不倫がバレていなくても、自分の身勝手な理由で離婚を希望しているわけですから慰謝料の支払いは免れません。
 
それでもこのまま不倫を続けて、パートナーを裏切り続けて家庭崩壊をさせるよりかは懸命な判断だとも言えるでしょう。

専門家に相談して解決のヒントをもらいましょう

不倫や慰謝料となると、法律が関わってきますので素人だけで判断するよりも、専門家に相談をして解決策を提案してもらうことも一つの手です。
 
早めに男女問題に強い弁護士に依頼ができれば、最悪な展開は避けることもできます。

不倫相手との復縁を考えている人にはこちらの記事もオススメ! 

不倫相手との復縁はダメ!不倫相手との復縁で負う大きなリスクと責任のまとめ

不倫相手との復縁を望んでいる方。
 
この記事を読んで、そのリスクは十分に理解できたと思いますが、もし一時の感情で不倫に燃え上がってしまっているのであれば、自分の置かれている状況について冷静に考えてみて下さい。
 
それでもまだ復縁を希望するのであれば、相当な覚悟が必要でしょう。
 
もし1人では考えがまとまらない、解決策が見つからない、という場合は、悶々と悩み続けるのではなく、第三者に相談してみましょう。
 
この場合、男女問題に詳しい弁護士に話を聞いてもらうのが一番です。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部