離婚したくない妻を説得する方法|どうしても別れたいなら弁護士へ相談も

離婚したくない妻を説得する方法について見ていきましょう。離婚したいのに、妻の同意が得られないとい悩んでいる男性は、妻を説得する方法を知ることが大切です。それでも無理なら専門家へ相談も考えてみてください。

目次

妻は離婚したくない、あなたは離婚したい、こんなときどうする?


離婚したいのに、相手が同意してくれない、妻が離婚したくないと言っていてどうしたら良いか分からない…と悩んでいる人は意外と多いようです。

離婚の最初のステップでは、夫婦の両方が離婚について合意しなければ離婚は成立しません(協議離婚)。

ここで何も変化を起こさなければずっと同じ状態が続いてしまうので、本気で離婚を考えているのであれば、離婚したくない妻を説得しなければなりません。

相手にも離婚を決意してもらうために、行動するようにしましょう。 
 
この記事でわからないことや深く知りたいところがあれば弁護士に相談することも考えてみてください。

妻が離婚したくない理由で多いもの3選



妻が離婚したくないと思う理由で特に多いものは何でしょうか?

離婚したくない理由を解決できれば納得してくれるかもしれません。

妻が離婚したくない理由(1) 納得できる理由がないから

離婚してほしいと言われても、きちんと納得することができる理由がなければ妻が離婚したくないと思うのも仕方ないことだと思います。

夫側は離婚を決めるまでにいろいろなことを考えているかもしれませんが、突然離婚を告げられた妻からすると、急に決断することは難しいですよね。

離婚に踏み切るためにきちんと納得できる理由がないと、なかなか離婚には踏み切れないものなのです。

妻が離婚したくない理由(2) 子供がいるから

子供がいるということは、妻が離婚したくないと思う大きな理由になります。

特に子供が小さいと、子供のことを考えて離婚したくないと考える妻も多いでしょう。

1人で子供を育てることに不安があるという場合もあれば、「今はまだ離婚したくない」、「子供がある程度大きくなったら離婚しても良い」と期限を決めている人もいます。 

妻が離婚したくない理由(3) 経済的な不安があるから

離婚して自分1人で生活することができるか、経済的に不安があるというのも妻が離婚したくない理由の1つです。

離婚はしても良いと思っているけど、自分自身に稼ぎがないから離婚に踏み切ることが出来ないという場合も少なくありません。

しでも経済的な不安を取り除く手助けができれば、離婚に同意してくれるかもしれません。

離婚したくない妻を説得して別れる方法3選


では離婚したくないという妻を説得するために、どうすれば良いのでしょうか?

離婚したくない妻を説得する方法(1) 離婚後の生活の具体的な説明をする

離婚したくないという妻は離婚後の不明確な生活にいろいろな不安を抱えていることが多いです。

ですから離婚に応じてもらうためには離婚したあとの具体的な生活プランをきちんと説明することが大切です。

はっきりとした生活プランが見えてくれば離婚したくないと思っている妻の考えも変わるかもしれません。

具体的に説明しておきたいことは以下のようなことが考えられます。

・生活費・仕事について
・住居をどうするか
・子供の養育(子供がいる場合) 

もちろんこれ以外にも、相手のことをきちんと理解して上げることも大切です。

離婚したくない妻を説得する方法(2) 少しの間別居してみる

離婚したくない妻の考えをすぐに変えることは簡単ではないので、1度少し距離をおいてみるというのも良い方法です。

何度話し合っても平行線という場合は、少しの間別居に踏み切るというのも一つの手段です。

そうすることで、お互い冷静になることができますし、離れて生活するうちにいろいろなことを考えることができます。

ただ、夫婦には同居義務があるので(民法752条)、勝手に別居してはいけません。必ず妻の同意を得てから別居するようにしてくださいね。

別居する際の注意点について詳しくは別居は離婚の理由になる?〜離婚理由としての別居と別居をする際の注意点について〜を参考にしてください。

離婚したくない妻を説得する方法(3) お金で解決できるのなら...慰謝料の支払いに応じる

あなたがまとまったお金を支払えるだけの金銭的余裕があるのなら、慰謝料を請求された場合に素直に同意し、請求された額を支払って妻を納得させる、というのも一つの手ではないでしょうか。

お金で解決なんていやらしい感じがするかもしれませんが、離婚したくない妻の不安の1つにお金が絡んでいることは多いです。

特に慰謝料払う、払わない、という問題に折り合いがつかず離婚協議が泥沼化する、なんてことは非常によくあることです。

ある程度の慰謝料の支払いに同意することで話がまとまるかもしれません。

妻が離婚したくない場合は|一定の離婚理由があれば法的に離婚できます


妻が離婚したくないといっても、法律で定められた離婚理由があるのであれば、法的手段を使用することで離婚することが出来ます。

民法770条の離婚事由があれば合意なしの離婚が可能

通常、離婚には夫婦双方の合意が必要ですが民法770条にある法定離婚事由に該当すれば離婚裁判を起こすことができます。

離婚裁判について詳しくは離婚訴訟を起こす前に覚えておきたい!〜裁判の概要と勝つために必要なこととは?〜を参考にしてください。

離婚理由について説明して行きます。

離婚事由(1) 不貞行為があったとき

妻に浮気や不倫などの不貞行為があった場合は離婚することができます。

離婚したくないと妻がいくら言っても、配偶者以外の人と性的な関係を持ったという婚姻破綻が認められれば、離婚が認められる可能性が高くなります。

そのためには証拠が必要になるので、妻が不貞行為をしているという場合は、浮気の証拠を集めることが大切です。 

離婚事由(2) 悪意の遺棄があったとき

悪意の遺棄というのは、夫婦関係が破綻しても気にせずに、正当な理由なく夫婦の義務をまっとうしないことを言います。

夫婦はお互いに協力しなければならないと定められているのですが、それがない場合は離婚したくないと妻が言っても認められる可能性が高いです。

例えば理由もないのに別居したがる、専業主婦なのに家事を放棄するなどが悪意の遺棄にあたります。

離婚事由(3) 配偶者の生死が3年以上不明のとき

3年以上配偶者の生死が不明で確認できない状況が続いていると、離婚事由に当たります。

どのような理由で行方不明になったのかは関係なく、生死が分からない状況であるということが重要になります。

所在は分からないけど、年に数回でも電話があるというような場合は対象になりません。

離婚事由(4) 配偶者が重度の精神病にかかり回復の見込みがないとき

配偶者が重度の精神病にかかってしまい、回復の見込みがなく夫婦としての協力義務を果たせないという状況の場合、離婚理由になります。

ただ、こちらも離婚を希望する前に、配偶者に対して看護をしっかりと行っていること、離婚したあとの療養の保証があるかなど、ある程度の状況が揃っている必要があります。

離婚事由(5) その他婚姻を継続し難い事由があるとき

その他、婚姻を継続することが難しい場合、離婚したくないと妻が言っても離婚できる可能性があります。

以下のような理由で夫婦関係が破綻していれば、離婚理由として認められる場合があります。

・長い間別居状態が続いている
・DVやモラハラが継続的に続いている
・セックスレスや配偶者が性的異常がある
・親族との不仲が続いている
・アルコールや薬物への依存がある

思い当たる節があるのなら一度弁護士へ相談して見ることをおすすめします。

離婚したくない妻と別れたいなら|弁護士への相談も視野に


いくら話し合っても妻が離婚したくないと平行線の状態が続くなら、弁護士に相談するのも良いでしょう。

弁護士に依頼するメリット

少し費用はかかってえしまいますが、専門家である弁護士に相談するというのも1つの方法になります。

離婚したくないという妻の出方や状況次第で相談だけでなく、離婚に向けての話し合いを一緒に進めてもらうというのも良いでしょう。

弁護士は専門的な法律知識と経験に基づいて話を勧めてくれますので、2人で話し合っても進まないのであれば、専門家に相談して問題を解決してもらうのが良いでしょう。
 
当然依頼をすれば、夫婦の間に弁護士が介入することになります。

弁護士が間に入ると、離婚したくないといっていた妻も「本気なんだ」と思うでしょう。
 
離婚の取り決めで折り合いがついていない場合は尚更です。

もちろん離婚の際に発生する多くのトラブルに対処してくれます。

裁判になってから弁護士に依頼する、というイメージを持っている方も多いと思いますが、なるべく早いうちから離婚問題に強い弁護士に相談しておくことで、離婚の手続きを有利に進めることが可能になります。

まずは無料相談から|気軽に話してみては?

弁護士費用というのは決して安くありません。ですが、ダラダラと離婚協議を続けるのであれば、離婚したくないといっている妻を説得するためにも弁護士に依頼をすることも考えてみてください。

多くの弁護士は初回の無料相談を行っていますので、1度相談してみようかな?と思っているのであれば、まずは無料相談をしてみると良いでしょう。

離婚したくない妻を説得する方法|どうしても別れたいなら弁護士へ相談してみましょうのまとめ


今回は離婚したいと思っているけど、離婚したくないと妻が同意してくれず悩んでいるときにどうすれば良いのかを紹介してきました。

離婚すると決意すると、早く話しを進めたいという気持ちは分かりますが、感情的になっても物事は進みません。

自分の将来はもちろん、相手のことも考えることが大切なので、今回紹介したことを参考に冷静に離婚の交渉を行っていくようにしましょう。

もし離婚の際のトラブルでお困りなら離婚問題に強い弁護士に相談されることをおすすめします。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部