不倫相手が忘れられないなら・・不倫のデメリットをもう一度思い出してみて!

不倫相手が忘れられないとき、どうしたらいいのでしょうか?最近は不倫経験がある人が増えていて、別れたけれど不倫相手が忘れられないという人も少なくありません。そんなとき、心が楽になる方法を教えます。

目次

不倫相手が忘れられない人は要チェックです!

最近は不倫をテーマにしたドラマがはやるほど、不倫に関心を持つ人が多いです。

やってはいけないことに惹かれやすいのが人間ですが、いつまでも不倫相手のことを引きずっていても前には進めません。

不倫はあくまでも不倫。そこには、たくさんのデメリットも潜んでいるのです。

ここでは、不倫相手を忘れるための方法を紹介しているので、辛い思いをしている方はぜひ参考にしてください!

不倫相手が忘れられない理由3選!

 
人によって理由は違うと想いますが、不倫相手が忘れられない理由は主に3つに分けることができます。 

不倫相手が忘れられない理由(1) 自分ことを大切にしてくれたから

不倫している人は、相手に対して一緒にいるとき気をつかってとても優しくしてくれることが多いです。

時には配偶者よりも優しくしてくれることもあります。

その気遣いや優しさが理由で、これだけ自分のことを大切にしてくれる人はいないと思い、不倫相手が忘れられなくなってしまう人が多いのです。

不倫相手にとても優しくされていた人が不倫を解消し、急に家庭内で優しくされなくなってしまうと、不倫してたときの幸福感を思い出してしまうのです。

不倫相手が忘れられない理由(2) 苦労を二人で乗り越えてきたから

不倫はバレないようにするものですよね。

つまり、不倫をするということは2人で秘密を共有するということです。

秘密を守るために苦労することもあるでしょう。

二人にしか分からない苦労もあるでしょうし、その苦労を共に乗り越えれば絆が深まったように感じます。

そうなると余計に不倫相手のことが忘れられなくなってしまいます。 

不倫相手が忘れられない理由(3) 真剣に結婚するつもりだったから

不倫相手がどう考えていたかは分かりませんが、いつか相手が離婚すれば結婚したいと真剣に思いながら不倫相手と付き合っている人も少なくないと思います。

「いつかは君と一緒になるから」というようなことを言われれば、もう少し待てば一緒になれる…と思ってしまいますよね。

真剣に結婚を考えていたのに、別れることになればすぐに忘れられないのも仕方のないことです。

不倫相手を忘れる方法4選!

 
不倫相手をすぐに忘れらないのは仕方ないですが、いつまでも想っていても仕方ありません。

不倫相手を忘れる方法を知って前にすすみましょう。

不倫相手を忘れる方法(1) 第三者に相談する

不倫は1人で抱え込んでしまいがちですが、あまりにも辛いなら不倫相手が忘れらないということを信頼できる友達に相談してみるというのも1つの方法です。

誰かに話せば気持ちが楽になりますし、本当の友達なら真剣に話しを聞いてアドバイスをしてくれるはずです。

不倫相手を忘れる方法もきっと一緒に考えてくれるでしょう。

不倫相手が忘れられないからと1人で抱えこんで引きこもりにならずに、友達と一緒に新しい出会いを探すようにしましょう。 

不倫相手を忘れる方法(2) 新しい恋をする

不倫相手を忘れられないときだけでなく、前の恋愛を忘れるためには新しい恋をするのが1番です。

不倫相手と別れた直後は、彼より良い人に出会えそうにないと思うかもしれませんが、まだ出会っていない異性は世の中にたくさんいます。

友達と合コンに行って出会いを求めたり、婚活をするのも良いでしょう。

新しい恋をするというのは、ベタな方法でも不倫相手を忘れるには効果的であるといえます。

不倫相手を忘れる方法(3) 「誰かを幸せにした」と思う

不倫をしていて誰か幸せになる人がいると思いますか?

好きな人と一緒にすごしている間は幸せだと思いますが、相手はパートナが存在し、自分が1番になれることはありません。

子供がいる場合は、その子も裏切っていることになりますよね。

不倫をやめることで幸せになる人がいます。

誰かを幸せにしたと思えば、不倫相手を忘れやすくなるのではないでしょうか。

不倫相手を忘れる方法(4) 不倫のデメリットを考える

好きという気持ちをとめることは難しいかもしれませんが、思っている以上に不倫にはデメリットがあります。

会うときに周囲にバレないようにしなければならなかったり、もしバレてしまったら慰謝料を請求されることだってあります。

不倫によって失ってしまうものは、思っている以上に多いものです。

不倫のデメリットをきちんと考えれば、相手のことも忘れやすくなると思います。 

不倫のデメリット〜不倫相手が忘れられないなら思い出してみて!〜

 

不倫にはいろいろなリスクがあります。

その中でも特に大きなデメリットについて紹介したいと思います。

不倫のデメリット(1) 慰謝料を請求される

もしも不倫がバレたとき、慰謝料を請求される可能性があります。

不倫相手の配偶者から慰謝料を請求された場合は、特別な事情(不貞行為がない・夫婦関係が破綻しているなど)がない限り支払わなければなりません。

不倫している間は、そういったことが考えられないかもしれませんが、慰謝料の相場は100~500万円ほどと結構な金額になります。

大金を支払ってでも不倫相手と一緒にいるべきなのか、そのような価値があるのか、1度冷静に考えてみてください。
 
もし急に慰謝料請求の書面が届いてどうしたら良いかわからない、という人は手遅れになる前に離婚問題に強い弁護士に相談することをオススメします。
慰謝料請求されたときの対応について詳しくは慰謝料請求されたときの対処法|不倫相手の配偶者から突然慰謝料請求されたら?を参考にしてください。 

不倫のデメリット(2) 会社を解雇される可能性

いくら不倫してる人が多いとはいえ、やはり世間的なイメージが悪いことには変わりありません。

特に男性に多いのですが、不倫していることがバレれば会社を解雇される可能性だってあります。

社内不倫ならなおさら立場は不利になるでしょう。

仮にクビになることはまぬがれたとしても働き辛い環境であることは変わりなく、自ら退社に追い込まれてしまうことも少なくありません。

自分のそのときの欲望だけで、会社をやめることになったら、これまでの頑張りもムダになってしまいます。

不倫のデメリット(3) 世間の不倫に対する厳しさ

2人がどれだけ真剣でも、周りから見れば不倫です。

不倫に嫌悪感を抱いている人も多いというのが事実なので、どれだけ相手のことを想っていても軽蔑されてしまう可能性があります。

分かってくれると思っている友人でさえ、不倫に対してどのような反応をするか分かりません。

時には家族からだって不倫しているということで、あなたの人間性が疑われてしまうことがあります。 

不倫のデメリット(4) 誰かを傷つけた責任の重さ

すでにパートナーがいる相手との恋愛である不倫は、たくさんの人を巻き込みます。

もしも不倫がバレてしまったら、不倫相手のパートナーや子供も傷つけることになります。
 
もし、相手が家庭を捨てて自分と一緒になってくれたとしても、それはたくさんの人を傷つけた上で手に入れることのできる幸せです。

その責任はとても重いといえるでしょう。その重さを背負っていく覚悟があなたにはありますか?

不倫相手を忘れられないなら〜復縁という選択肢も〜

 
不倫のデメリットを踏まえたうえで、どうしても不倫相手を忘れることができないのであれば、別れた不倫相手と復縁するという選択肢もあります。 

復縁するメリット・デメリット

不倫はダメだと分かっていても、相手のことが好き過ぎてどうしても不倫相手が忘れられないときというのがあると思います。

もし不倫相手と復縁することができれば、また大切に扱ってもらうことができ、幸せな時間を過ごすことができるでしょう。

しかし、バレないようにコソコソとしなければならない関係は続きますし、バレたときのリスクも不倫をしている限りはつづきます。

既婚者と復縁するときのポイント

不倫相手が忘れられないという場合に復縁したいのであれば、相手の離婚や結婚は迫らないようにしてください。

トラブルの元になりかねません。

不倫相手が結婚相手と喧嘩したときや、居心地の悪さを感じたときに、あなたが傷ついた心を癒せる存在になることで復縁できる可能性が高まります。
 
ただ、先にも書いたように既婚者との不倫には慰謝料請求をはじめとする様々なデメリットがあることは事実です。

くれぐれもよく考えて判断をするようにしてくださいね。

不倫相手が忘れられないなら・・不倫のデメリットをもう一度思い出してみて!のまとめ

 

今回は不倫相手が忘れられない人に向けて不倫相手を忘れる方法や不倫のデメリットについて紹介しました。

今は不倫のドラマなども流行して、少し前よりは不倫という言葉も一般的にはなりましたが、それでも不倫の悪いイメージが消えたわけではありませんし、不倫の大きなデメリットがなくなったわけでもありません。

相手にパートナーがいても好きという気持ちがとめられず、不倫相手が忘れられないという気持ちは分からなくはないですが、不倫のデメリットもきちんと理解したうえで冷静に行動するようにしたいものですね。

もし不倫相手の配偶者とのトラブルでお困りなら、早いうちに離婚問題に強い弁護士に相談しましょう。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部