GPSが浮気調査で役に立つ?|自分でできるGPSを使った浮気調査と注意点について!

浮気しているかどうかをGPSで確認したい…。配偶者や交際相手の浮気調査のために、GPSが使えるかどうか、気になりませんか?ここでは、GPSを浮気調査に活用する方法や、使用時の注意点についてご紹介します。

目次

GPSを使った浮気調査について解説します!

 

交際相手や配偶者の最近の様子がおかしい…。

「残業だよ」という理由で帰宅時間が遅いけれど、臭いや雰囲気で何となく会社にいたとは思えない…。

そんなあなたの疑念を晴らすには、「配偶者や交際相手が今どこにいるのか」を把握できるGPSが必要でしょう。

相手がどんな説明をしようとも、GPSは浮気をしている人の正確な居場所を知らせてくれるものなのです。

そもそもGPSとは?〜global positioning system〜

 

GPSは、Global Positioning System(グローバル・ポジショニング・システム)の頭文字をとったものです。

「GPS衛星」が上空から送ってくる情報をもとに、「今いる位置」を計算します。

「GPS衛星システム」は米国で、もともとは軍事目的で開発されました。

つまり、スマホなどに内蔵されているGPS受信機が、GPS衛星からの信号を受信し、その受信機が地球上のどこにあるのかが把握できるようになっているのです。

GPSが浮気調査に役に立つのはこんなとき

 
すごい機能だということは分かりましたが、実生活のどんな場面でGPSが役立つのでしょうか?

仕事だと言うけど本当に職場に行っているのか知りたい

休みのはずの日曜にも「やり残した仕事があるから」と出社していく夫…。

本当なら休みの日なのにお疲れ様…と言いたいところですが、果たして本当でしょうか?

GPSを使えば、夫が会社にいるのか、それともまったく会社とは関係のない場所にいるのかがわかります。

浮気相手といつもどこで会っているのか知りたい

浮気していることがわかったら、次に気になるのは「どこで」会っているのか?です。

これがもしもラブホテルを示す位置をGPSが示していたなら…

夫婦の場合は不貞行為の証拠を集めることにも役立つでしょう。

いつもいくホテルがわかれば、出入口の写真も撮りやすくなるからです。

帰ってこないとき泊まっている場所を知りたい

出張だと言って外泊を伴う「仕事」をしてくるとき、本当に仕事ならビジネスホテルに宿泊するはずです。

もしもそれが仕事で行くはずのない温泉街やラブホテル街だったら…?

どこに宿泊しているのかをGPSで突き止めることができます。

浮気調査に使える3つのGPS機器

 
よく知られているGPS機器のほかにも、より便利に、詳細な位置情報を知ることができるGPS機器もあります。

【浮気調査のGPS機器】(1)携帯電話・スマホ

携帯電話やスマホについては、既に持っている方なら本体にGPS機能があることをご存じでしょう。

あなたのいる情報を元におすすめのレストランを紹介されたことがあるかもしれませんが、実は浮気調査のための位置情報を知ることができる最も身近な機器です。

また、浮気調査のアプリをいれれば、より一層多くの情報を手に入れることもできます。

【浮気調査のGPS機器】(2)GPSロガー

GPS情報をログ(みる)ためのものが、「GPSロガー」です。

種類はいくつかありますが、ロガーを携帯している人の位置情報やその履歴まで閲覧することができ、スイッチひとつで簡単に起動します。

夫や妻のカバンなどに忍ばせておけば、簡単に現在や過去の位置情報を知ることができるのです。

【浮気調査のGPS機器】(3)リアルタイムGPS追跡機器|契約が必要

スマホ・パソコン・タブレットなど、複数の媒体から「現在どこにいるのか」を知らせてくれるのが、リアルタイムGPS追跡機器です。

機種によっては、起動している・していないについてもわかり、海・山・海外でも使用できます。

ただし別途契約が必要になるため、金銭的に余裕のある方にはおすすめです。

GPSを使った浮気調査の2つの方法!

 
では、高機能なGPS機器は、どのように浮気調査に役立てればよいのでしょうか?

(1)GPSロガーを相手のカバンや車の機器に忍ばせて後日記録を回収

機種にもよるのですが、まずはGPSロガーを購入し、契約を結びます。

GPSロガーを十分に充電してから、スイッチをONにした状態で、浮気を疑っている相手のカバンに忍ばせます。

あとはweb、スマホやタブレット(メール・アプリ)の好きな方法で位置情報を見るだけです。

充電でもつ時間は短くても3日、長いタイプのもので1か月持つものもありますので、途中で電池が切れて追跡に失敗するということもないでしょう。

(2)浮気調査アプリや追跡機器を使ってリアルタイムで位置情報を監視

浮気調査アプリは、本来盗難防止用に開発されていることが多いのですが、次のような手順で浮気調査にも使用することができます。

Cerberus(ケルベロス)というアプリが浮気調査によく使われることが多いようですが、このアプリをまず相手のスマホにインストールします。

あとはあなたのスマホで位置情報を確認するだけです。

ただ…相手のスマホに無断でインストールした場合は、次にご紹介するような要注意事項が発生します。

GPSを使って浮気調査をするときの注意点!

 
GPS機器自体は確かに精度も高くなってきており、信頼性のあるものですが、使用方法によっては大変なことになる場合もあります。

【GPS浮気調査の注意点】(1)GPSの位置情報自体は浮気の証拠にはならない!?

浮気の証拠として認められるのは、「浮気相手との肉体関係があったことが客観的わかる証拠」のみです。

GPSで位置情報が「ラブホテル」を指していたとしても、

そこにいた相手も不明ですし、実際の行為に及んだかどうかも定かではありません。

もしもそのような情報を手に入れたなら、探偵事務所に相談しましょう。

客観的な証拠を探し出してくれることでしょう。

探偵さがしのタントくん

【GPS浮気調査の注意点】(2)バレたらかなりやっかいなことになります

相手の知らないうちにGPSロガーなどを忍ばせていた場合、それが見つかった時が修羅場と化します。

あなたが相手を疑っていた決定的な証拠となるのですから、今度はあなたが勝手に相手の情報を探ろうとしたことで違法行為に問われる恐れも出てきます。

【GPS浮気調査の注意点】(3)法に触れる可能性も考えましょう

どうしてGPS機器を使用して浮気調査を行うことが違法行為になり得るのでしょうか?

それは、不正指令電磁的記録供用罪に問われる可能性があるからです。

不正指令電磁的記録供用罪とは、正当な理由がないのに、人が電子計算機を使用するに際してその意図に沿うべき動作をさせず、またはその意図に反する動作をさせるべき不正な指令を与える電磁的記録を人の電子計算機における実行の用に供する犯罪です。

不正指令電磁的記録供用罪は、刑法168条の2第2項に規定されています。

引用:横浜ロード法律事務所

【GPS浮気調査の注意点】(4)レンタル機器の回収には特に注意

また、もしもあなたが相手に内緒でGPS機器をカバンなどに忍ばせた場合、それがレンタル品なら「回収」しなければなりません。

もしも相手がGPS機器に気がついて、それを捨ててしまっていたら…

あなたにはレンタル会社に対して多額の賠償金を支払う義務が生じるでしょう。

GPSが浮気調査で役に立つ?|自分でできるGPSを使った浮気調査と注意点について!のまとめ

 

本来なら浮気をしている相手が悪いはずなのですから、あなたに落ち度はないはずですが、使い方を誤ると危機的な状況に陥るかもしれないのがGPS機器の欠点でもあります。

万が一のことを考えて、浮気の確証を得ることが目的なら、探偵事務所に相談することをおすすめします。

GPS機器で本来責められるべきではないあなたが違法行為に触れる前に、探偵事務所に頼ってみてはいかがでしょうか。

探偵さがしのタントくん

この記事の作成者

カケコム編集部