旦那の浮気の証拠を自分で集める方法!実はハードルの高い浮気調査の注意点とは?

旦那の浮気の証拠を集めるための注意点やポイントをご紹介します。信じていた旦那に浮気の兆候が見えたとき、皆さんならどんな行動をしますか?何もなかったかのように黙っていいる人もいれば、浮気が確実なのかどうか証拠集めを始める人もいますよね。そんなときどのように証拠を集めたらいいのでしょうか?

目次

旦那の浮気の証拠を自分で集めることはできるの?

 
 
旦那の浮気の証拠集めというと、探偵を雇うことがもっとも確実な方法ですが、自分で証拠集めが出来るようであれば、それが一番手っ取り早い方法です。
 
ですが「自分一人で浮気調査が可能なのか、、、」ということに疑問を持つ人は多いのではないでしょうか。
 
実は浮気の証拠として「使えるもの」と「使えないもの」があり、また証拠集めの際に絶対にやってはいけないこともあるんです。
 
今回は旦那の浮気の証拠を自分で集める方法と注意点、さらには探偵に依頼することについてまで幅広く解説します!
 
自分で旦那の浮気を調査してやろうと考えている奥さんは要チェックです!

旦那の浮気の証拠はどんなものが有効?

 
ではどんなものが調停や裁判で「法的に証明力をもつ浮気の証拠」として使えるのでしょうか。実はみなさんが思うものの大半はあまり意味がない証拠かもしれません?

不貞行為を確実に証明するものが必要|メールやラインでは不十分

まず、証拠として重要なのは不貞行為を証明できる証拠であることです。
 
不貞行為とは、配偶者以外の異性と性行為を行うことであって、単純に二人であったり手を繋いだりする行為ではありません。

旦那と不倫相手の間に性行為があったことを証明しなければならないのです。
 
ですから浮気の証拠として、旦那と浮気相手とのメールやLINEでのやり取りが証拠になるというのは間違いです。
 
「愛してる」「デート楽しかったね」等の内容であっても、浮気の疑惑となるくらいの効力です。
 
旦那から「冗談言い合ってた」と言われてしまうと反論出来なくなります。
 
しかし、性行為そのものを記録するのは正直言って困難ですので、「誰が見てもこれは性行為をしているだろう」と証明できる、つまり客観的に不貞行為を証明できる証拠が必要になります。

旦那の浮気の証拠(1) ラブホテルから2人で出てくる写真

不貞行為を客観的に証明できる証拠の代表的な例はラブホテルから二人で出てくるところを押さえた写真です。
 
ラブホテルはビジネスホテルなどと違い、入る目的が大体の場合性行為をすることですので、ラブホテルから二人で出てくる写真があれば実際に性行為を記録していなくとも、性行為があったと証明できるのです。
 
ただ、ラブホテルから2人の出入りが確認出来ても、1回だけの写真だけでは浮気の証拠としての効果は薄いです。
 
「酔った勢いで」「つい出来心で」といういわゆるワンナイトラブの行為は法律的にあまり悪質と見なされず、証拠としても不十分です。
 
そのため、ある程度継続してラブホテルへの出入りしていたことが分かるような写真が必要となります。 

旦那の浮気の証拠(2) 不貞行為を認めた録音

録音が証拠になるとは言っても、旦那と浮気相手が「愛してる」「結婚しよう」という甘い会話を交わしているところを録音したものではありません。

録音が確実な証拠となるには、妻が旦那の浮気と問い詰めて、それについて認めた音声が録音されていることで初めて有効的な証拠として成り立ちます。
 
その際に、盗聴等で違法に手に入れた録音は認められませんので注意するようにしてください

旦那の浮気の証拠(3) ホテルの領収書

ラブホテルに二人で止まった領収書はそれだけで不貞行為を証明できるものとは言えませんが、補助的な証拠として有効になることがあります。
 
不倫を怪しんだ日は、帰宅した旦那のコートのポケットを探せば、うっかり処分し忘れたラブホテルのレシートが出てくるかもしれません。

旦那の浮気の証拠(4) その他の不貞行為を客観的に証明できるもの

上記意外にも旦那の不貞行為が客観的に証明が出来れば、証拠として使える場合があります。
 
例えば
  • 第三者からの証言や写真 
  • 不貞行為があったと分かる日記・文章 
などが挙げられます。
 
また、一つだけでは証明力の弱いものでも、いくつかの証拠を組み合わせることによって有効になる場合がありますので、使えそうなものがあったらどんなものでも保存しておくことが大切です。

浮気の証拠がないとどうなる?|慰謝料請求や離婚がうまくいきません

離婚や慰謝料請求を目的として調停や裁判になった際に、妻が旦那の浮気に確証を得ていたとしても、それを第三者に証明できる物的証拠や証言がなければ離婚が認められない可能性がありますし、慰謝料請求も難しくなってしまいます
 
仮に慰謝料請求できたとしても、不貞行為の証拠をきっちり揃えた場合に比べ低額な慰謝料しか請求できないでしょう。
 
もちろん調停や裁判にならなくとも、しっかりとした証拠がなければ相手が浮気を認めるとは思えませんし離婚を有利に進めることができません。

旦那の浮気の証拠を自分で集める際の注意点!

 
旦那の浮気の証拠を自分1人で集めようとしているのであれば、必ず読んで下さい。証拠集めをしているうちに法律を犯してしまったりするケースがあります。

浮気調査の注意点(1) なるべく一人ではやらないほうがいい

浮気調査は単独でやるべきではありません。
 
その理由はいくつかありますが、もっとも大きな理由は複数人で連携しないと調査対象の旦那を尾行することが困難だからです。

浮気中は相手がどんな行動をするか分かりませんし、想定外の行動を取られた時に一人ではどうすることもできずに見失ってしまったり、相手に調査をしていることがばれてしまう恐れがあります。
 
携帯や財布をチェックするくらいならいいですが、ある程度大掛かりな調査に踏み切る時は一人では行わない方がいいでしょう。

浮気調査の注意点(2) 絶対に浮気調査を悟られないように

旦那がもし浮気をしているのであれば、一番警戒をしているのは他でもなく妻であるあなたになります。絶対に調査をしていることがばれないようにしてください。
 
浮気の事実を知られないように旦那も注意をしながら生活をしているはずなので、証拠集めがバレる可能性もその分高くなります。
 
一度バレてしまうと、その後更に警戒心を高めてしまいますので、いくら探偵等プロに依頼をしても証拠を得ることが難しくなることが考えられます。

浮気調査の注意点(3) 度が過ぎた調査は違法になる可能性も

自分で行う浮気調査はある意味手軽にできて良いですが、その反面、違法な行為に手を突っ込んでしまう恐れもあります。
 
例えば、浮気相手の家に不法侵入したり、証拠の欲しさから盗撮や盗聴、器物損壊などに手を出してしまうことも少なくありません。自分の家の中であれば浮気調査の言い訳が通じるでしょうが、家の外でそれをやってしまったら紛れもない犯罪です。
 
違法に手に入れた証拠は例え不貞行為を証明するものであっても調停や裁判では認められませんし、逆に訴えられてしまう、なんてケースもあります。くれぐれも注意してください。
 
あまり知られていませんが、実は携帯のパスワードを不正に入手してロック解除したり、他人のスマホに勝手に浮気調査アプリをダウンロードさせるのも法律違反になる恐れがあります。
 
常にリスクがあるということを忘れないでください。

旦那の浮気の証拠を自分で集める方法!

 
旦那の浮気の証拠集めに注意点はたくさんあることをお伝えしましたが、浮気の確証が欲しければまず自分で動くことも必要な場合もあります。ここではラブホテルから出入りする写真をとる方法を簡単に説明します。

旦那の浮気の証拠を集める方法(1)財布やスマホをチェックし浮気を確信

まずは旦那が浮気していることを確信しましょう。せっかく動いてただの勘違いでした、じゃ済まされません。
 
浮気の痕跡をできる範囲で探すのです。浮気の痕跡は財布の中や携帯電話に多く潜んでいます。限度を超えない範囲でそれらをチェックしてみましょう。
 
車の中も探す場所としては良い場所です。車は旦那さんにとっていわばもう一つの部屋なので、油断して不倫相手の痕跡を残したままにしていることがあります。

旦那の浮気の証拠を集める方法(2)スケジュールやメールから次いつどこで会うのかを推測

次は、不倫相手といつ、どこで会うのかを推測しましょう。
 
旦那の手帳や部屋のカレンダーから読み取ることができるかもしれません。
 
意味の分からないようなマークが書かれていたり、ご丁寧に浮気相手との会う時間や場所も書かれていることもあります。
 
また、旦那の過去の行動を自分が把握しているのであれば、スケジュールと照らし合わせて矛盾する部分を見つけることも出来ます。

旦那の浮気の証拠を集める方法(3)現場で不貞行為の証拠を確保

いつどこで会うのかがある程度わかったら、実際に旦那を尾行し、決定的な瞬間をカメラで撮影しましょう。
 
このとき注意しなければならないのが、尾行中決して感情的になってはならないということです。
 
心では気をつけていても、いざ実際に浮気相手と楽しそうにデートをしている自分の旦那を目の当たりにしたら冷静でいられなくなってしまうでしょう。
 
しかしそこはグッとこらえて、決定的な瞬間が訪れるまで待って証拠を手に入れるのです。
 
怒りに身を任せて浮気の現場に突入して問い詰めてしまっては、取れるはずだった証拠も取れなくなってしまいますし、旦那に言い訳をされてしまえばどうしようもなくなってしまいます。

さすがにそこまでは・・・と感じたら

いかかがでしょうか。あなたには自分の旦那の浮気調査を冷静に遂行できる自信がありますでしょうか?

このように、専門知識のない人の証拠集めは中々リスクが大きい上に、精神的なショックを受ける可能性が十分にありますので、自分1人では難しいと感じたら探偵事務所にお願いするのが一番確実で賢明な判断だと思います。

旦那の浮気の証拠集めはできれば探偵に依頼しましょう!

 
自分1人での調査は限界があります。それに比べて探偵はプロなので確実な証拠を掴んできてくれる上に、自分が法律違反を犯すリスクもなくなるため安心です。

探偵に依頼するメリット

 メリットは浮気の事実がはっきりすることです。旦那の浮気を疑っている状態では精神的にも辛いですが、事実がはっきりしてしまえば、今後離婚や慰謝料の請求となった場合も、自分有利に進めていくことが出来ます。
 
探偵は浮気調査のプロなので、専門的な知識と経験から、旦那の浮気をを証明する証拠を手に入れてくれます。
 
また、旦那に浮気を疑っていることがバレるリスクがなくなるのも探偵に依頼するメリットの一つです。

探偵に依頼するデメリット

一番のデメリットは依頼するのに費用がかかることです。
 
依頼する期間や内容によっても料金は異なりますが決して安くはない金額です。
 
10万円台から、高額な方だと100万円近く請求がある場合もあります。金額は調査の様態によってケースバイケースですが、事前にある程度どのくらいかかりそうなのかを調べておくと良いでしょう。
 
また、依頼をしても100%有効な証拠が掴める保証は正直なところありません。旦那が完全にシロだったことが分かるのならば、良い収穫ですが、お金だけかかって何も収穫がない可能性もゼロではないということは頭に入れておきましょう。

できることだけ自分でやっておくのも効果アリ

探偵に依頼をする前に自分で出来る範囲のことはしておきましょう。
 
例えば普段から日記を付けて旦那の行動のルーティンをまとめておいたり、旦那がよく行く場所を把握しておいたり、と探偵が調査にかける時間が短くて済むよう普段から情報収集しておくことは大切です。
 
結果的に探偵にかかる料金の節約にもなりますね。
 
探偵さがしのタントくん

旦那の浮気の証拠を自分で集める方法!実はハードルの高い浮気調査の注意点とは?のまとめ

 
 
旦那の浮気の証拠を集めるのは簡単に聞こえて実はとても大変なことです。上手く行けば自分1人で離婚や慰謝料の請求まで持っていけるかもしれません。ですがもし失敗をしてしまうと、自分の考えていた今後の生活を崩してしまう可能性もあります。
 
そのため、確実なのが探偵事務所に依頼をすることです。
 
できるだけ様々な探偵事務所を比較しながら、自分にあった探偵事務所を見つけるようにしましょう。
 
探偵さがしのタントくん
この記事の作成者

カケコム編集部