夫の不倫への対処法!〜不倫予防と不倫後の対処法について解説〜

夫が不倫してしまうんじゃないだろうか?すでに不倫している夫に対してどうしてようかわからない。夫の不倫に悩む妻のために、夫を不倫させないテクニックから不倫夫との離婚方法までご紹介します。

目次

夫が不倫しているケース、少なくないんです

[caption id="attachment_9617" align="alignnone" width="640"]  [/caption]

世の中には、夫の不倫で悩む人は少なくありません。

相模ゴム工業株式会社が1000人を対象に行ったアンケートでは、男性の約3.7人に1人が不倫をしていると答えています。

想像してみてください。

自分の家とお隣さん、向かいの家とその隣、こんな狭い範囲の中に不倫している夫が一人いるということになるのです。

夫の不倫は他人事ではないと感じることでしょう。

今回の記事は

  • 夫に不倫されている人
  • 夫が不倫していないか心配な人
  • 夫が不倫しないために何をしたらいいか知りたい人

は必見です!

【夫が不倫しないか心配な方へ】夫はこんな時に不倫に走りやすいです・・・

 

4人に1人という割合で不倫しているという夫。

不倫のきっかけはどんなことから始まるのでしょうか。

夫が不倫に走るケース(1) 妻が妊娠中

男性が不倫したいと思うときは、やはり思うようにセックスできないことが大きいようです。

妻の妊娠中の不倫の理由はこんなものがあります。

  • 妻にセックスを拒否された、
  • 自分もお腹の大きな妻とセックスするのは怖い
  • お腹の大きな妻にセックスアピールを感じなくなった

そのような理由で別の女性を探して不倫する夫が多いのです。

夫が不倫に走るケース(2) 妻がかまってくれない

妻が子供を出産した後、そこまで不倫もせずに大人しく我慢していた夫。

出産が終わったらさぞや夫婦仲良く・・・と思いきや。

妻は赤ん坊(子供)にかかりきり。

それは子供は大事だしかわいいけれど、1年近く我慢したのだから、少しは自分のこともかまって欲しいと思うものなのです。

夫が不倫に走るケース(3) 妻に魅力を感じなくなった

妊婦の時のお話にもありましたが、女性も年をとったり、出産した後には体のラインも崩れてくるものです。

出産をすると赤ん坊に栄養を取られて、髪がバサバサになる、爪や歯がボロボロになる、肌も荒れる。

そんな人も少なくないのです。

二人の赤ちゃんを産むためにがんばった結果なのに、妻が劣化したと不倫してしまう夫が増えるなんてひどい話ですが、こう感じる夫も一定数いるようです。

【夫が不倫しないか心配な方へ】 不倫予防にこんなことをしてみて! 

 

夫が不倫する理由がわかれば、それに対策することで夫の不倫を防げるかも知れませんね。

夫の不倫予防に出来ることを考えてみました。

夫の不倫予防(1) 妻である以前に女であることを忘れない

妻にかまって欲しいと感じる一方で、妻が自分の世話をやきすぎるために、妻というより母親みたいに思えてきたなどという男性もいるようです。

母親にセックスアピールを感じたり、女性として見たりする子供は少ないですよね。

夫の愛を復活させるために、女性としての自分の魅力的な部分を見せていってはいかがでしょうか。

夫の不倫予防(2) 二人でいる時間をちゃんと作る

なにげない二人の時間。

特になにか話すわけでもなく、のんびりと過ごすのも夫婦には大事な時間になることもあります。

妻が自分に甘えてきたりするのを、夫はかわいいと思ったりするものです。

たあいない会話でも良いのです。

恋人時代に戻ったような二人きりの時間を時々は持ってみてください。

夫の不倫予防(3) 夫にとって家庭を居心地のいい場所にしておく

最近は妻も仕事を持っている人も多く、夫が夜遅く帰ってくる時に、先に休んでしまっていることも多くなっていませんか?

妻にも仕事があるのだから、それは仕方ないことです。

そこに、ひと言「おつかれさま♡」などのメモを食事と一緒に置いておけば、きっと仕事の疲れも吹き飛ぶのではないでしょうか。

夫のことを思う気持ちを積極的に表現して、家庭を居心地のよい場所に変えていくことをおすすめします。

【夫が不倫している方へ】 妻が取るべき行動を伝授!

 

自分を磨いたり、居心地の良い家を作ってみた。

それでも、夫が不倫してしまっていたら・・・。

不倫夫にどう対処するか考えていきましょう。

許すか許さないか決める

夫の不倫、あなたは許しますか?

たとえば、子供には父親が必要だからと子供が大きくなるまでは離婚しないという人もいるでしょう。

もちろん、許す、許さないという自分の気持ちも大切です。

しかし、女性は子供のことを考え「今はとりあえず不倫をやめればOK」という選択肢もあると思います。

あなたの気持ちはどうですか?

許さないのであれば、まずは証拠集めからスタート!

心配する子供がいない、または、子供がいてもどうしても我慢することが出来ない。

そういう人は、思い切って離婚に踏み切ることもあるでしょう。

夫の不倫で離婚しようとする場合は、まず今後のためにも不倫の証拠を集めていきましょう。

協議→調停→裁判の順で離婚手続きを開始!

離婚をする場合は、夫婦の話し合い(協議離婚)から第三者を入れた話し合い(調停離婚)、それでも解決しなければ、法律と証拠を決定打にする離婚裁判をすることになります。

離婚には順番があり、離婚が成立しなければ、それに沿って進めていくことになります。

不倫した夫から、慰謝料をもらったり、子供の養育費、財産分与など離婚に当たり決めることをしっかり考えて離婚を勧めましょう。

【夫が不倫している方へ】 不倫は民法で定められた「違法行為」!

離婚には、協議、調停、裁判という3つの方法があると言いました。

でも、裁判離婚は簡単にすることが出来ないんです。

そんなハードルの高い裁判離婚ですが、それを可能にするほどの効力を持つのがパートナーの不倫。

不倫と裁判について解説していきます!

離婚したくて裁判を起こそうと思っても起こせない場合がある

協議離婚では決まらず、調停離婚を申し立てたけれど、話の合意を見なかった。

最終手段として裁判離婚をしたいと思っていたとしても、実は裁判出来ない人もいるのです。

裁判離婚をするには、民法で定められた離婚事由に当てはまるかが問題になります。

この民法の離婚事由に当てはまらないと裁判離婚すら出来ないのです。

ただし不倫は民法の離婚自由に当てはまるため、裁判できる!

では、夫の不倫が離婚の原因の場合はどうでしょうか。

そう、民法で定められた離婚事由の中には「配偶者の不貞行為」というものがあります。

これが、夫の不倫と同じ意味となります。

このことから、夫の不倫で悩んでいる人で、調停離婚でも離婚が成立しなかった人は、離婚裁判をすることが出来るという事になるのです。

夫の不倫についてさらに詳しく知りたい方はこちらも合わせてご覧ください!

夫の不倫への対処法!〜不倫予防と不倫後の対処法について解説〜のまとめ

 

夫の不倫を予防する方法と、それでも夫が不倫してしまった時の離婚について見てきました。

夫婦も元は他人ですし、男性の考え方と女性の考え方は違います。

だからといって、男性は不倫をしても良いということにはなりませんよね。

よく妻のせいにして自分の不倫を正当化しようとする夫がいます。

原因は何であれ、不倫はいけないことです。

離婚問題に強い弁護士を依頼して不倫夫には、しっかり法的に対処していきましょう。

弁護士に相談する

この記事の作成者

ジコナラ編集部