彼女との別れ方で悩む全ての男たちへ!彼女を傷つけずに別れる方法をご紹介します

彼女との別れ方のポイントわかりますか?彼女と別れたいけど、どうせ別れるなら傷つけずに別れたい…そんなあなたに、彼女が傷つく別れ方や、別れ方のポイントを紹介します。これを読めば、彼女を傷つけずに別れることができるかもしれません。

目次

彼女との別れ方で悩んでいませんか?

新しく好きな人ができた…愛情が友情に変わってしまった…などの理由で、彼女と別れたいのに、うまく別れる方法が見つからず、悩んでいませんか?

一方に気持ちが残っている場合はとくに別れる方法に悩むものです。

一時の感情に身を任せて、何も考えずに別れを切り出してもうまくいくはずがありません。実は上手に別れる方法があるのです。

次からは、上手に彼女と別れるための5つのポイントをご紹介します。

彼女との別れ方のポイント5つ|相手を傷つけずに別れる方法は?



まったく傷つけない別れ方はありませんが、傷つけにくい上手な別れ方はあるものです。

では、どうしたら上手に別れることができるのでしょうか。

【彼女との別れ方のポイント】(1)必ず直接会って話す〜電話やラインはダメ!

人間のコミュニケーションは、言語的コミュニケーション(言葉)が3割、残りの7割は表情、声、態度などの非言語的コミュニケーションで成り立っています。

LINEやメールなどでは、文字上のやり取りしかできず、たとえば絵文字を使ったとしても絵文字の受け取り方も人それぞれです。

つまり、文字・絵文字などのコミュニケーションでは、あなたが伝えたいことがそのまま伝えられない可能性の方が高いのです。

出来る限り直接会って話すほうが、あなたの正確な気持ちを伝えることができ、彼女を傷つけずに済むかもしれません。

気まずいからといってLINEやメールで済ませることで、かえって彼女を傷つけることになるかもしれないのです。

【彼女との別れ方のポイント】(2)少しずつ距離を置く

男らしいやり方ではないかもしれませんが、フェードアウトするという方法もあります。

それまでいつも通り仲よくしていたのに、ある日突然「別れたい」と言われた時の、崖から突き落とされたような衝撃は受けずに済むからです。

それとなく会う機会を減らし、LINEの頻度も少しずつ低くしていくことで、彼女も別れを予感して心の準備ができるかもしれません。

【彼女との別れ方のポイント】(3)じっくり時間をかける

「別れよう、さようなら」というような、一方的で取りつく島もないような別れ方をされると、彼女は「もうちょっと話し合おう」などと別れに応じてくれない場合もあります。

このようなことを避けるためにも、別れ話にはたっぷりと時間をかけることが必要です。

ここで面倒くさがっていては、彼女を傷つけずに別れることなどできません。

傷つけずに別れたいならば、相応の時間が必要なのです。

【彼女との別れ方のポイント】(4)自分が悪いことを強調する

相手に落ち度はなく、一方的に自分が悪い!と自分の非を認めることによって、気持ちよく別れることができる可能性は高くなるかもしれません。

相手に落ち度があるとすると、それを直せばまた付き合えるという希望を持たせてしまうからです。

そのためにも、悪いのは自分だということを強調しましょう。

【彼女との別れ方のポイント】(5)感謝の気持ちを伝える・褒める

別れを切り出されると、女性は「自分には価値がない」と思い込んでしまう傾向にあります。

これまで愛し合ってきた彼女を最後にこのようなかたちで傷つけては、上手に別れられるはずはありません。

別れ話では、相手をほめ、いかに素晴らしい彼女であったかを認めてください

彼女が次の恋愛にすすめるように手助けすることも、上手な別れ方のポイントです。 

彼女との別れ方でやってはいけないこと|相手を傷つけてしまう別れ方とは?


別れ話で彼女を傷つけると、自分も罪悪感に苛まれますし、なによりも自分が愛した人が悲しみます。

次に紹介するような言動は、彼女をとても傷つけるものです。別れ話を切り出すときには、よく注意することが必要です。 

【彼女を傷つける別れ方】(1)突然連絡を絶つ

前日まで普通にLINE、電話をしていたのに、翌日になったらLINEのアカウントが消されていた、着信拒否になっていた…ということは避けましょう。

突然訪れるこのような事態は彼女にとって「非日常」であり、大きなストレスとなります。

つまり、「ひどく傷つく」ということです。

当たり前のようにしてきたことがある日突然できなくなったら…相手の立場に立って考えれば、このような方法は選べないはずです。

【彼女を傷つける別れ方】(2)相手のことを悪く言う

たとえ事実だったとしても、彼女を悪く言うことだけは避けましょう。

たとえ本当に彼女の側に別れの原因があったとしても、最後にそれを伝えれば、あなたという存在の印象は彼女の中で「悪」で終わります

しかも、言葉によって攻撃されたと感じた彼女は、必ず傷つくでしょう。

【彼女を傷つける別れ方】(3)付き合ったことを後悔していると言う

また、付き合っていた当時を振り返って「最初からそんなに好きじゃなかった」などと過去の恋愛感情を否定したり、なかったことにするのもいけません。

「好きじゃなかった」ということは「君に価値はなかった」と言っているのと同じです。

付き合っていた楽しい頃のことまで否定してはいけません。

確実に彼女は傷つくでしょう。

【彼女を傷つける別れ方】(4)他の女性と比較する〜特に元カノはダメ!〜

交際時に過去の彼女と比較するのは厳禁ですが、それは別れる時も同じです。

「君は元カノに比べて家庭的じゃないから…」

「元カノだったら毎日連絡してくれたのに、君は連絡がとりにくいから…」

などのように、比較するようなことは言わないようにしましょう。

女性はとくに同年代の女性と比較して自分の価値を決める傾向にあります。

その比較対象として元カノは最悪の相手です。 

【彼女を傷つける別れ方】(5)「婚約していた」・・・なんてことはない?

もしもあなたが彼女と「婚約」を既にしていた場合、これは単純な別れ話では済まなくなります。

もしも婚約していたなら、別れは「婚約破棄」に該当する恐れがあるからです。

恋愛と違って婚約、結婚には法的な取り決めが数多くあり、もしかしたらあなたがそれらに触れている可能性もあります。 

彼女との別れ方のマル秘テクニック!|こんな方法もあります

どうしても彼女と別れたい!

そんなあなたに、別れることができる可能性が高くなる、マル秘テクニックをご紹介します。

(1)友達に彼女を口説いてもらう

この方法は、あなたとあなたの友人の良心が傷む方法ではありますが、一定の効果は期待できる方法です。

もしもあなたの友人に彼女好みの男性がいた場合、その友人に彼女を口説いてもらうのです。

その気になった彼女は、あなたの別れ話にすんなりと応じてくれ、しかもそのときは新たな恋の可能性があるため、傷つかずに済むでしょう。

(2)とことん彼女に嫌われて向こうから別れを切り出させる

彼女が傷つくのは「大好きな彼氏にフラれたから」です。

では、あなたがもし「大嫌いな彼氏」になれたら…?

元々嫌いな人からフラれても、傷つくどころか安心すらするかもしれません。

そのためには、彼女に徹底的に嫌われるよう、言動、服装などを徹底しましょう。

ただし不自然すぎる変化は、彼女に怪しまれます。

自然に性格が悪くなった…趣味がダサくなった…などと変化させていくとよいでしょう。

(3)別れるしかない状況を作る

職場の異動で県外に行くことになった、親が要介護の状態になったから付きっきりで自宅介護をすることになった…など、

「別れる」しか選択肢がないような状況をつくることも有効です。

しかし、ウソはすぐにばれますので、異動などの理由をつくるときには、本当に異動する意気込みが必要です。 

(4)よっぽどのときは・・・弁護士の力を借りて別れる

これまで紹介してきた方法をとっても彼女が別れてくれなかったら、弁護士に相談することも考えてみましょう。

とくに結婚をチラつかせていた場合、婚約していた場合、別れ話によって彼女が精神を患いだした場合などは、もう素人ではどうしようもありません。

専門家である弁護士の手を借りるという方法が有効です。

弁護士に相談する

彼女との別れ方に興味のあるあなたにはこちらの記事もオススメです!

彼女との別れ方で悩む全ての男たちへ!彼女を傷つけずに別れる方法をご紹介しますのまとめ

 

幸せな交際期間はあっという間に過ぎていきます。

恋愛関係に別れはつきものです。

でも、別れ方に失敗すると、彼女を傷つけるどころか訴訟問題に発展することもありえます。

もしも今回ご紹介したポイントを実践してもうまく別れることができなかったら、素直に弁護士に相談してみましょう。

あなたや友人では考え付かない名案、対処法を見付けられるでしょう。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部