後遺障害等級14級9号の被害者が適切な慰謝料を得るためには?

交通事故外傷の中でむち打ち症は軽いケガです。しかし、その痛み、しびれ、めまい、頭痛などの症状は被害者以外にしかわからないものです。症状の原因がX線画像などでは見えないことから、その辛さを他人に理解されないことが多く、非常につらい思いをすることがあります。被害者のする辛い思いは、後遺障害等級14級9号の慰謝料として認められることがあります。そこで14級9号となる後遺障害や慰謝料の算定方法を解説します。

目次

後遺障害等級14級とは

%e5%8c%bb%e5%b8%ab
 

後遺障害とは「傷病がなおったときに身体に存する障害」(自賠法2条2項)のことです。

残存する症状による労働能力損失率によって14の等級に分けられています。

後遺障害14級は、労働能力損失率5%のもので、以下の症状が残存します。

%e7%ac%ac14%e7%b4%9a%e5%be%8c%e9%81%ba%e9%9a%9c%e5%ae%b3

引用:国土交通省 自動車総合安全情報 後遺障害等級表

交通事故でのケガとしてよく耳にするむち打ち症の後遺障害は14級9号に該当することがあります。

この14級9号「局部に神経症状をのこすもの」とはどのようなもののでしょうか?

14級9号とは

0c7ea91e9c9718c6b9bd7509b6033036_s


14級9号の「局部に神経症状を残すもの」とは、『労働には通常差し支えないが、医学的に説明可能な
神経系統又は、精神の障害を残す所見があるもの』を言います。

この「医学的に説明可能」とは、X線、CT、MRIなどの画像検査で証明する他覚的所見はないが、受傷機転や治療における症状の経過から被害者の自覚症状を説明できることです。

つまり、14級9号の神経症状とは、他覚的所見はないが自覚症状の原因や推移を医師が説明できるものです。

むち打ち症の後遺障害は、14級9号の神経症状の顕著な例の1つです。

後遺障害14級9号と認められる症状

omg151018380i9a1831_tp_v1


14級9号が認められる「むち打ち症」って、一体どんなケガなのか、どんな症状があるのかを説明します。

むち打ち症とは

むち打ち症は、自動車事故の衝突による衝撃などで首や腰など背骨がむちを打ったようにしなり発生するケガです。

この「むち打ち症」という名前は正式な名称ではありません。診断書には「外傷性頸部挫傷」「頸椎捻挫」「頸部捻挫」「頚椎挫傷」などの名前で記載されます。

むち打ち症のほとんどは、約1~3か月くらいの治療で改善するといわれています。

しかし、6か月以上治療を継続しても症状が改善しない場合、後遺障害と認定される可能性があります。

むち打ち症の症状

むち打ち症の症状は、背骨周辺の筋肉などの軟部組織や末梢神経を損傷し発生します。

なお、頸部と腰部で神経の支配領域が異なるため、損傷した部位により神経症状の出現する部位が変わります。

主な症状は以下の通りです。

【頚椎捻挫の場合】

・首の痛み・しびれ、運動制限

・手・腕・肩の痛み・しびれ、知覚障害、握力低下

・頭痛、めまい、ふらつき感、 吐き気、耳鳴り. 倦怠感

【腰椎捻挫の場合】

・背中から腰の痛み・しびれ、運動制限

・脚の痛み・しびれ、知覚障害、筋力低下

その他注意すべきポイント

14級9号に該当する神経症状は他覚的所見がありません。

つまり画像などで証明できないため、被害者の体に症状が残存していることを理解してもらえず、保険会社から治療の打ち切りを一方的に通知されるなど、とても辛く悔しい思いをすることがあります。

しかし、しっかりと手順を踏めば、残存した症状を後遺障害として認定してもらうことで、慰謝料を獲得できるかもしれません。

後遺障害等級14級の慰謝料を獲得するまでの手順

08c9f0fa8550c1d236211d1eeb93fe62_s


後遺障害の認定手続きは症状固定後から始まり
ます。

しかし、後遺障害認定に必要な事項は、事故直後から症状固定日までの期間に確認できるのものです。

だから、事故直後からの大切な事項や流れを説明していきます。

受傷状況

後遺障害は事故によるケガの残存症ですから、事故とケガとの因果関係がポイントとなります。

因果関係や事故の有無を確認する書類の一つとして「人身事故の記載のある事故証明書」があります。

後遺障害認定において「人身事故の記載のある事故証明書」がないと、高い確率で後遺障害認定は難しくなります。

受傷の原因となった事故の有無、事故状況、衝撃の程度などは事故証明書から確認されるからです。

つまり、事故証明書がなければ事故の有無が証明できません。

人身事故の記載がなければ事故とケガとの因果関係、後遺障害が残る衝撃があったのかを証明することが難しくなります。

それらの証明ができないと、認定されないことになります。

だから、交通事故の当事者になったら警察署への事故の届出を事故でケガをしたら診断書の警察への提出を忘れないでください。 

通院について

むち打ち症の治療は、整形外科へ通院してください。

その理由は、3つあります。

・整形外科は神経障害の専門家であることと

・診断書、後遺障害診断書が発行できるのは医師のみ(医師法19条2項)であること

・X線やCT、MRIなどの画像検査も医療機関以外では受けられない

通院日数も重要です。むち打ち症が14級9号の後遺障害認定されるためには半年以上の通院期間が必要となります。

その間の通院日数が少なかったり、28日以上の通院を中断した期間があった場合、14級9号の認定は難しくなります。

週2日以上の通院を半年続けると認定されやすいようです。

すでに述べたように14級9号に該当する神経症状は他覚的所見が乏しいもののため、医師の診察のみでは14級9号の認定を判断する材料が少なくなります。

事故直後からの症状の有無、程度、状況、治療中の症状の変化などを具体的に医師へ伝えましょう。

後遺障害の申請

症状が固定(治療終了)となったら、医師に後遺障害診断書を発行してもらいます。

後遺障害申請は2つの方法があります。

加害者側の任意保険会社が後遺障害の申請をする事前申請の場合と被害者自身が申請をする被害者請求の場合です。

事前申請の場合は、加害者の任意保険会社に後遺障害診断書を提出すれば、書類の準備や手続きは保険会社がやってくれます。

被害者請求の場合は、申請に必要な書類や画像、カルテなど被害者自身で揃え、加害者の自賠責保険会社に提出します。

提出先が違うので注意してください。

書類提出後、損害保険料率機構(自賠責保険調査事務所)で書類審査による後遺障害等級認定が行われます。

その後、認定結果が書類を提出した保険会社を通じて被害者へ通知されます。

次は、後遺障害14級9号に認定されたら慰謝料はいくらになるのか?を説明します。

後遺障害等級14級9号の慰謝料計算方法

594e018abcfb3f4e0bb227e6a1d11f25_s


後遺障害14級9号に認定された被害者が受け取れる慰謝料は、傷害慰謝料と後遺障害慰謝料があります。

慰謝料の算定基準は、自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士会基準の3つがあります。

任意保険基準は現在公開されていませんので自賠責保険基準、弁護士会基準での算定例を使って、後遺障害14級の慰謝料を算定してみます。

まず、自賠責保険基準算定した14級9号の慰謝料から説明します。 

自賠責保険基準14級9号の慰謝料

【傷害慰謝料】

支払額は1日あたり4200円。

事故後半年間治療し、実際に通院した日数(実治療日数40日だったとすると以下の通りになります。

支払額4,200円×通院日数40日=16万8千円

【後遺障害慰謝料】

14級9号の慰謝料は、下の表より 32万円とわかりますね。

%e8%87%aa%e5%8b%95%e8%bb%8a%e6%90%8d%e5%ae%b3%e8%b3%a0%e5%84%9f%e4%bf%9d%e9%9a%9c%e6%b3%95%e6%96%bd%e8%a1%8c%e4%bb%a4%e5%88%a5%e8%a1%a8%e7%ac%ac2
損害保険料算出機構ホームページより引用:http://www.giroj.or.jp/service/jibaiseki/shiharai/kijun.html

弁護士基準による14級9号の慰謝料

弁護士会の基準は、被害者が交通事故解決を弁護士に依頼した場合に使われる基準です。

【傷害慰謝料】

事故後半年間治療し、実際に通院した日数(実治療日数)40日だったとします。

実治療日数を3倍し、

通院日数40日×3=120日

求めた120日は4か月ですので、それを弁護士会基準別表2の4か月にあてはめます。別表Ⅱによると4か月の慰謝料基準は67万円とわかります。

%e8%b5%a4%e3%81%84%e6%9c%ac%e2%91%a1

(『民事交通事故訴訟 損害賠償算定基準』赤い本 平成28年版 上巻171ページ)

【後遺症慰謝料基準】

14級9号の後遺症慰謝料は、慰謝料の表に当てはめ慰謝料110万円とわかります。

%e8%b5%a4%e3%81%84%e6%9c%ac%e3%80%80%e5%be%8c%e9%81%ba%e7%97%87%e6%85%b0%e8%ac%9d%e6%96%99

『民事交通事故訴訟 損害賠償算定基準』赤い本 平成28年版上巻 174ページ より 

慰謝料以外の損害賠償

慰謝料以外に損害として賠償請求できる項目として、下の3つがあります。

・診察料などの治療費、通院交通費など

・休業損害

・後遺障害による逸失利益

被害者の収入を基礎とする休業損害、逸失利益も自賠責保険基準、弁護士会基準で算定額が異なります。

後遺障害等級14級9号の被害者が適切な賠償金を得るためには?のまとめ

e1943564da8c59c251b0311afac0d519_s


いかがでしたでしょうか?症状が軽くても後遺障害14級9号として認定されると、後遺障害慰謝料支払いを受けることが可能です。

しかし、14級9号を初めてとする後遺障害の等級認定は決して簡単なことではありません。

後遺障害認定には医学知識や交通事故の工学知識、法律保険知識など幅広いが求められます。

すると初めて接する事柄に混乱し、判断に迷うことも多くあり、適正な支払いを受けられないことになることも考えられます。

だから交通事故に強い弁護士に依頼するメリットは大きいでしょう。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部