【家事をしない妻と離婚できるのか?】認められる場合があります!

【家事をしない妻と離婚したい】そんな妻が最近増えていると聞きます。同時にもう離婚したい・・・と思っている旦那さんも多いのではないでしょうか?今回は家事をしない妻との離婚について掘り下げていきましょう。身に覚えのあるそこのアナタ!人ごとではありませんよ・・・?

家事 を しない 妻 離婚
目次

 家事をしない妻と離婚したい、、そのとき夫が取る行動とは?

家事をしない妻ともう離婚したい・・・
 
家事をするからと結婚後に専業主婦になった妻。しかしいざ結婚したら家事をしない。
 
また、妻の方が圧倒的に帰宅も早いのに、まったく家事を手伝ってくれない。
 
それでは、家事をしない妻と離婚したいとき、どうすれば良いのでしょうか?
 
まずは家事をしないことが離婚理由に該当するか考えてみましょう!
  • 家事をしない妻と離婚したい人
は要チェックです!

家事をしない妻と離婚できるの?〜重度の場合認められる場合があります〜

家事 を しない 妻 離婚
 
家事をしない妻との離婚は認められる可能性があります。

ただしいくつか条件がありますので、基本的なポイントを見ていきましょう。

家事をしない妻と離婚できるの?① 協議離婚に理由はいりません!

離婚をする際、まずは夫婦で話し合うことになります。このとき2人で離婚について合意すればあとは離婚届にサインして提出して離婚が成立します。
 
なのでどんな理由であっても夫婦で合意さえすれば離婚できることになります。

「お前が家事をしないから離婚したい」と伝えて「わかった」と言えば離婚成立です。
 
しかし実際そんなうまくいかないのが現実です・・・

家事をしない妻と離婚できるの?② 妻が離婚したくないと言ったら

離婚協議でどちらかが離婚に合意しなかったら協議離婚は成立しません。つまり妻が離婚したくないと言ったら離婚は成立しないのです。
 
その場合、次のステップとして家庭裁判所に調停を申し立てることになります。調停でも話がまとまらない場合は離婚裁判を起こすことになります。
 
その際必要になるのが民法770条にある離婚理由と呼ばれるものです。
 
離婚理由には
  1. 配偶者の不貞行為があったとき
  2. 配偶者から悪意で遺棄されたとき
  3. 配偶者の生死が3年以上不明のとき
  4. 配偶者が重度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
  5. その他婚姻を継続し難い重大な事由が存在するとき

の5つがあり、いずれかに該当しないと裁判所は離婚を認めてくれません。

詳しくは妻が離婚してくれない場合はどうすればいいの?妻が離婚してくれない理由とケース別の対処法を参考に!

それではもし離婚裁判を起こし、妻と離婚しようとしたとき、「家事をしない」ことは離婚理由になるのでしょうか?

家事をしない妻と離婚できるの?③「家事をしない」は離婚理由になるのか?

家事をしないことそれ自体が離婚裁判で離婚理由として認められることはありません。

しかし家事をしないことによって夫婦関係がもはや修復不可能なほど破綻している場合は婚姻を継続し難い理由として認められる場合があります。

その場合、日常生活全般を見て裁判所が判断することになります。

例えば

  • 専業主婦であるのに家事を全くしないため夫が怒ったら、妻が実家に帰ってしまい長期間別居状態である、
  • 掃除をしないせいで子供の健康に著しく悪い影響を与える

と言うような場合は離婚が認められる可能性があります。

反対に

  • いつも晩酌するのを知っているのにビールを冷やしていなかった
  • 掃除の仕方が気にくわない
  • 料理が口に合わない

と言うような単純な理由では離婚は認められないでしょう・・・

同じようなケースでは【酒癖が悪い夫に離婚は突きつけられるのか!?】酒癖の悪い夫VS妻の骨肉の争いも参考にしてください!

家事をしない妻と離婚するときに注意するべきこと

家事 を しない 妻 離婚
 
家事をしない妻と離婚するとき、気をつけてほしいことがことがあります!

家事をしない妻と離婚するときに注意するべきこと① 親権は難しいかも?

離婚をするときに考えなくてはいけないのが子供の親権をどうするかです。離婚届には子供の親権者を記載する欄がありますので親権者を決めなければ離婚が成立しません。

親権者を決める際も離婚の手順と同様に話し合いで決まらなければ調停を申し立て、調停でも決まらなければ家庭裁判所に白黒はっきり決めてもらうことになります。

家庭裁判所はこれまでの監護状況や生活環境、経済状況などを考慮して親権者をどちらにするか決めますが、このとき実は離婚の原因となったことはあまり関係ないとされているのです。

家事をしない妻と離婚した場合一般的には、「家事をしない妻の元へ子供を置いておくなんてけしからん」「父親に親権を認めたほうが良い」と考えがちですが裁判所の見解はそうではありません。

離婚した原因が妻にあっても(離婚の有責者)妻は親権者になれない、ということはないのです。

例え妻の不倫が原因で離婚したとしても親権者の決定にはあまり関係ありません。

さらに、親権者は80%以上の割合で母親に認められています。

詳しくは親権って?親権の内容や親権者の変更、監護権との違い、親権の停止についてを参考にしてください!

もちろんあまりにも家事をしない妻の生活環境がひどく、子供を引き取るのが適切ではないと判断されれば父親にも親権が認められないわけではありませんよ。実際にそうなったケースもあります。

父親が離婚後の親権を獲得したいなら弁護士の力を借りることが必要不可欠です。一度相談して見てはいかがでしょうか?

親権を弁護士に相談する

家事をしない妻と離婚するときに注意するべきこと② 慰謝料と財産分与

家事をしない妻と離婚する場合、慰謝料については

  • 問題にならない
  • 妻が夫に支払う

の2つのケースが考えられます。

慰謝料とは精神的苦痛に対する損害賠償ですから、家事をしない妻のせいで夫が精神的苦痛を負ったとしたら慰謝料を請求できます。

慰謝料と言うと夫から妻に支払われるものというイメージがありますが、必ずしもそうではないのです。

では夫が全面的に得をするのかというと、そうではありません。財産分与の問題があります。

財産分与とは結婚期間中に夫婦2人で築いた財産を離婚時に半分ずつ分けようという趣旨の制度で、慰謝料とは全く別の概念になります。

ですから家事をしない妻と離婚する場合、いくら妻が悪いからと言っても、分与の対象となる財産はきっちりと離婚時に清算しなければならないのです。

【家事をしない妻と離婚できるのか?】認められる場合があります!のまとめ

家事 を しない 妻 離婚
 

いかがでしたでしょうか?

家事をしない妻と離婚するには、妻を納得させるだけではなく、親権やお金の問題など考えることはたくさんあります。もし話がこじれて裁判にまで発展したら、夫婦関係の破綻を客観的に証明しなければなりません。その分ハードルは高いと言えます・・

家事をしない妻と本気で離婚したかったら、離婚問題に強い弁護士に相談することをオススメします!

弁護士に相談する

この記事の作成者

ジコナラ編集部