離婚後の再婚禁止期間とは?|どんなときに再婚は禁止されない?

離婚後の再婚禁止期間について知ってますか?男性と比べて女性は離婚後に再婚できるようになるまで日数を必要とする・・・そんな話を聞いた事がある人も多いでしょう。実はその再婚までの期間は特定の条件下では制限されない事もあるのです。少しでも早く再婚したいと思っている人のために、離婚後の再婚禁止期間と生まれてきた嫡出子についてお話したいと思います。

目次

離婚後の再婚禁止期間とは?

男性にはない、離婚後の再婚禁止期間というものが女性にはあります。

なぜこんな法律があるのか不思議に思う人もいるでしょう。

離婚後の再婚禁止期間と離婚後産まれた子どもについて気になる人の参考になれば幸いです。

離婚後の再婚禁止期間って何?〜女性の再婚を制限する法律〜

離婚後の再婚について知るためには、まず再婚禁止期間について知ることからはじめましょう。

離婚後の再婚禁止期間って何?(1) 女性は離婚後100日は再婚ができない(民法733条)

民法では、昔から離婚後6ヶ月は女性は再婚する事ができないという離婚後の再婚禁止期間が設けられていました。

しかし、つい最近の平成26年に、この民法733条が改正され、再婚禁止期間が6ヶ月から100日になりました。

約180日だったものがだったものが100日になったのですから、半分近くになったといえるのです。

これは少しでも早く再婚したい女性には嬉しい民法の改正ですね。

しかし、まだ100日も再婚できないのかという不満がある人もいるでしょう。

離婚後の再婚禁止期間って何?(2) 離婚時に妊娠していなければ関係ない?

そこで、もっと早く再婚したい人は、離婚の時に妊娠していないという事実を証明できれば、この離婚後の再婚禁止期間は適用されないという例外もあるのです。

そのためには、産婦人科医の診断を受け、妊娠していないという診断書に離婚日を入れて証明してもらえば良いのです。

離婚する時に妊娠していない女性は多いでしょうから、多くの女性は子の手続きを経ることで男性と変わりなく離婚後すぐに再婚できるようになったのです。

診断書をもらう手続きが必要であるものの、離婚時に妊娠していなければ、再婚禁止期間をそれほど意識する必要はないといえるかもしれません。

また、離婚後に子供を出産した場合にも、再婚禁止は解除されます。

参考|再婚禁止期間の意義

女性にだけなんで離婚後の再婚禁止期間が設けられた理由は、再婚後生まれてきた子どもの父親が誰であるのかハッキリさせるため、前夫と後夫いずれの子どもであるかわからなくなることを避けるためなのです。

DNA鑑定等が普及していなかった民法制定当初において、再婚禁止期間は重要な役割を持っていたのです。

離婚後の再婚禁止が解除される例外

 
 

女性の離婚後の再婚禁止期間は、子どもと父親の関係に考慮した結果のものであることがわかりました。

しかし、この離婚後の再婚禁止期間が免除される例もあります。

離婚後の再婚禁止期間が免除される例外(1) 民法733条2項2号の例外

例えば、離婚時に妊娠していない場合や離婚後すぐに出産をしている場合は、その次の妊娠は前夫の推定される嫡出子とはならないことがハッキリしています。

このように、離婚後に出産した場合は客観的にみて、次の子どもの父親が誰であるかという問題が起こらないことが明確です。

この場合に、医師による診断書を得れば、離婚後の再婚禁止が解除されることになります。

この規定により、診断書を得る手続きさえ踏めば、離婚時に妊娠していない女性に再婚禁止が及ばないことになります。

離婚時に妊娠していた場合でも、妊娠している子を出産した後は再婚禁止が解除されます。

離婚後の再婚禁止期間が免除される例外(2) 戸籍実務上の例外 

  • 離婚した夫婦が再び結婚するとき

離婚後の再婚禁止期間は産まれた子どもと父親の親子関係の問題を回避するためのものということは、前項でおわかりいただけたと思います。

離婚した前夫とその後すぐに再婚する場合には、200日以内に子どもが産まれたとしても父親と子どもの親子関係には何の問題もありません。

その事から、離婚後の再婚禁止期間がまったく必要のない決まりとなり、例外として免除される事となっているのです。

このように、生まれてくる子どもと父親の関係がハッキリする結婚は、離婚後の再婚禁止期間が免除される例が他にもあります。

  • 夫の生死が3年以上不明のとき

事故や事件に巻き込まれた、または夫の自由意志によって生死がわからないまま日数が経過している婚姻生活を送っている女性もいます。

そのような女性が夫の生死がわからないまま3年以上経過したのち離婚の申し立てをし離婚が成立した場合、その後再婚して子どもがすぐに産まれたとしても、前夫の子どもである可能性はゼロとなります。

それによって、子どもと父親の問題は起こりませんのでこの場合も離婚後の再婚禁止期間は免除となります。

  • 妊娠不能と医師から診断されているとき

女性の中には、子どもを妊娠できない身体である人もいます。

そのような人も、子どもと父親の親子関係の問題は起こりませんので離婚後の再婚禁止期間は免除となります。

同じような理由で、年齢が65歳以上の女性についても、すでに排卵が止まっているという理由から再婚禁止期間の免除が適応されます。

離婚問題についてもっと知りたい人はこちらの記事も合わせて読んでみてください!!

離婚後の再婚禁止期間と嫡出子について解説します!!のまとめ

女性が離婚したあとすぐに再婚したいと思った場合、再婚禁止期間というものがあり、原則として100日間は再婚できないという事がおわかりいただけたかと思います。

しかし、再婚禁止期間も解除されたり証明書を提出することで適用されない場合もあるのです。

自分は離婚後すぐに再婚できるのだろうか?と不明な場合は、離婚と再婚に強い弁護士に相談すると良いでしょう

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部