その取引大丈夫?チケット詐欺の手口とチェックポイント

大好きなグループのチケットが取れなかったライブ、「チケットお譲りしましょうか?」などと甘い言葉をかけて不当な金銭を請求する詐欺が横行しています。この記事では「チケット詐欺」についてまとめ、その注意点と、対処策を確認します。最後には安心して使えるお勧めのサイトもご紹介いたします。

目次

チケット詐欺とは?

 
「チケット詐欺」とは一般にインターネット上でコンサート、ライブ、スポーツなどのチケットを売買する過程において行われる詐欺行為を指します。

多くの場合は金銭を振り込ませてチケットが届かないという手口です。

初めの段階としてネットオークションやSNS掲示板を通じて「チケットをお譲りします」などと声かけし「取引先の募集」を行います。

その次に「取引」を開始し、チケットが届く日になって初めて「詐欺の発覚」となります。

チケット詐欺の手口

 
それではチケット詐欺の手口を三つの段階に分けて分析していきましょう。 

取引先の募集

オークションサイトやSNSに「チケットが余った」や「行けなくなった」などを理由にしてチケットがほしい人を募集する。

この段階が「取引先の募集」段階です。

この時点で詐欺か否かを見抜くのは困難です。

というのもネット上には真の善意でチケットを譲ろうとしている人もいますし、詐欺師はそのなかに紛れてしまうからです。 

取引開始

募集投稿に対して購入希望者が出てきた場合、メールでの取引が開始されます。

この時点が詐欺か否かを見抜く重要なポイントになるのですが、詐欺の意図のある人は複数の購入希望者と同時に取引を行っています。

しかし問題なのはメールでのやり取りでは複数人がいるか否かが不透明なため、最後まで確認する術を持たない、ということがあげられます。

詐欺の発覚

交渉成立となり被害者は金銭振り込みを済ませますが、チケットが届かない。

この段階になって初めて詐欺であったことがわかるのです。

被害者からの確認のメールに対して詐欺師は「遅れています」などと数日やり取りをするがすぐに連絡が取れなくなります。

チケット取引の際に注意すべきこと!

 
上述のような詐欺被害にあわないようには何に注意することが必要なのでしょうか。

取引相手の情報を確認

第一に取引相手のアカウント情報をよく確認しましょう。
 
多くの場合、詐欺師は一回の詐欺のために様々な「舞台設定」を行います。
 
例えば、架空の住所・電話番号やフリーメールの使用などが挙げられます。
 
このような情報を確認して何か一つでも虚偽があれば疑っておいていいでしょう。

チケットの価格・詳しい内容を確認

第二に、実際のチケットの価格や条件などをよく確認しましょう。
 
架空のチケット番号や座席番号かもしれませんし、条件(日程や席)に対して不釣り合いな価格設定には注意が必要でしょう。

受け渡しと支払い方法の指定

チケットの受け渡しは「対面」によるものか、「代引き」によるもので提案しましょう。
 
相手がこれを嫌がり、指定口座への入金をせかす場合には何かしらの詐欺性を疑っていいでしょう。

これは怪しい!チケット詐欺のチェックポイント!

 
それではさらに具体的なチケット詐欺のチェックポイントを確認してみましょう。

チケット料金の支払いに振込を指定してくる

注意点の三番目に挙げたように、チケットの受け渡しは「対面」によるものか、「代引き」によるもので提案しましょう。
 
誠実であればこの二つの方法を拒否する理由はありません。
 
したがって一方的に口座振り込みを指示してくるような場合は要チェックです。

メールアドレスがフリーメール

またメールアドレスがフリーアドレスだけの相手も怪しいでしょう。
 
たしかに近年ではフリーメールが一般的に使用されるようになりましたが、他のチェックポイントと併せて確認しておきたいですね。

電話をかけてもいつも出ない

電話に出ない、もしくは電話番号が使用されていない。

このような場合はすぐに取引を考え直しましょう。

注意の一番目にあるように詐欺師には舞台設定がつきものです。

巧妙に設定してあったり、一回しか使わない設定なども多いのですが、詐欺師も人間ですからどこかにボロが出ます。

電話番号が実在するか、ちゃんと電話に出るか要チェックですね。

入金をやたら急かしてくる

繰り返しになりますが、チケットの受け渡しは「対面」によるものか、「代引き」によるもので提案しましょう。

これを嫌がって、やたらと入金をせかしてくる場合には何らかのやましさがあると理解していいでしょう。

相手が振り込みをせかしてくるようならば、他のチェックポイントも確認しておきたいですね。

口座名義と名乗っている名前が違う

これは詐欺特有です。

取引相手の名乗った氏名(もちろん偽名)が振り込み先の口座名義人と一致しない場合には高い確立で詐欺であると考えていいでしょう。

口座番号・名義が「Yahooオークショントラブル口座リスト」に載っている

いくつかのチェックポイントに該当した場合、振り込みを指定された口座番号や名義人の名前を確認してみましょう。
 
Yahoo! が運営しているオークションサイトには「トラブル口座リスト」があり、口座番号から検索することが出来ます。
 
怪しいなと感じたらぜひ活用したいサービスですね。

チケット詐欺の被害にあったときの対処法

 
 
万が一、被害にあってしまった場合にはどうしたらよいのでしょうか。
 
いくつかの対処法をご紹介いたします。

まずは警察に通報

まずは警察に被害届を提出しましょう。
 
泣き寝入りだけは避けることが大切です。
 
しかし即座に捜査に結びつくとは限りません。
 
というのも一般に詐欺事件は犯人特定につながる証拠が少なく、被害額も少額であることを理由に捜査優先度が低いからです。
 
ですので警察に通報するときには下の方法も併せて使用しましょう。

取引を行った掲示板などの管理者に報告

警察に被害届をだすことと同時に、掲示板やサイトの管理人・運営会社に相談しましょう。
 
場合によっては会社が持っている個人情報を警察の捜査での資料にしてもらえるかもしれません。

やり取りのメール等は必ず保存する

もしもの時のために日頃から心がけておきたいのは「証拠」を残すことです。
 
第一の証拠としてやり取りのメールを削除しないで置くことが大切です。

振り込んだ領収書は必ず保存する

またもし振り込みをしてしまった場合にはその領収証をとっておきましょう。
 
被害額に関しても警察に明確な形で提示することが可能となります。

他に同様の被害者がいないか確認

ここまでのことが出来ていても依然として捜査がなされない場合があります。

しかし、もし被害者が10人を超すようならば、捜査優先度が一段階格上げされます。

なので同一とみられる手口による詐欺被害を探して複数人で被害を訴えることも強力な対処法となります。

弁護士に相談

被害額がもし大きい場合には弁護士に相談することも有効な手段です。

最近では高額なチケットの売買が行われていることも多く、金額や状況によっては弁護士に依頼するほうが得になる可能性もあるので検討することをお勧めします。

チケットを安心に取引できるサービス

 
詐欺が全くないネットでの売買は多くないかもしれません。
 
しかしいくつかのサイトでは詐欺防止のために役立つ仕組みが導入されていますのでご紹介いたします。

チケットキャンプ

まずチケットをネットで取引する場合の最大手であるチケットキャンプを紹介します。

チケットキャンプはミクシィグループが運営しているので会社としての安定性も高いですね。

特に「5つの安心の理由」と言われる以下の仕組みが取引を詐欺から守っています。

①万が一、届かない場合は全額返金!

②申し込み不要!偽造チケット補償制度!

③電子チケットは入場を確認するまで代金お預かり!

④個人情報非公開取引!チケキャン名義発送が可能!

⑤全てのお取引ごとに評価システムがあるから安心!

チケットキャンプ 5つの安心の理由

メルカリ

また最近CMでも有名な「メルカリ」も率先して詐欺防止の対策を行っています。

特に24時間体制のカスタマーサービスや捜査機関や公的機関との連帯などの対策は安心な取引を確保するものとなっています。

メルカリ 犯罪防止ポリシー

その取引大丈夫?チケット詐欺の手口とチェックポイントのまとめ

 

ここまでの記事で「チケット詐欺」に関していくつかの注意点を得ることが出来ました。

楽しい時間を守るために、やはり重要なのは怪しい取引には近づかない事ですね。

それでももしチケットがほしい場合には安心して取引できるようなサイトに登録することを第一にお勧めします。

また、被害額が高額になってしまった場合や大規模な詐欺事件に巻き込まれてしまった場合など、弁護士に相談することが有効な場合もあります。

無料相談できる法律事務所もあるので、弁護士への相談も選択肢に入れてみましょう。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部