【浮気で離婚の慰謝料請求をしたい】離婚の際に覚えておくべき「慰謝料」のポイント

浮気で離婚の慰謝料請求したい!一度でも夫に浮気をされた事がある女性なら、その悔しさ、辛さ、怒りはとても良くわかるでしょう。夫の浮気が原因で離婚をする時も、その代償として慰謝料を夫と浮気相手から受け取る権利はあるのです。浮気で離婚する際の慰謝料について一緒に見ていきましょう。

目次

浮気されたら離婚の際に慰謝料請求ができます


法律でも、夫婦は配偶者以外の異性と肉体関係を持ってはいけないとしっかり決められています。

ですから、浮気というのは法でも認められている「罪」となります。しかし、世間に与える影響が少ない事でそれは民法で定められる範囲となっています。

離婚の時に支払われる慰謝料が罰則となるのです。

  • 離婚に関わるお金の問題
  • どんな場合に慰謝料請求できるのか
  • 浮気で慰謝料を請求するには
  • 浮気相手に請求する慰謝料
  • 高額な慰謝料を請求するには

という点をご紹介します。

浮気されて離婚する人、慰謝料を請求したいと思っている人の参考にしていただければと思います。

【浮気の慰謝料】離婚に絡むお金の問題


浮気されて離婚に至る場合には、相手に慰謝料でも貰わなければ怒りが収まりませんね。

お金の計算で誤魔化されたりしないよう、慰謝料を含む、離婚する時にもらえるお金についても知っておく事が大切です。

財産分与

離婚する時に、結婚後二人で作った財産は夫婦の財産として分与する事が出来ます。

この中に「慰謝料的財産分与」という考え方があります。

本来、慰謝料と財産分与は全く関係ありませんので一緒にして考える事は無いのですが、支払いの都合上財産分与の中に慰謝料の金額を含めて分けるという分与方法をとる夫婦もいます。

その時に財産分与に明記されるのが「慰謝料も含む」という表示になります。

一方が慰謝料を支払う代わりに、財産の取り分を少なくして、相手に多く配分するという考え方です。

養育費 

二人の間に子どもがいて、あなたが引き取る場合には、子供の養育費として子供の父親である夫から子供の育成にかかる費用を受け取る事ができます。

養育費の算出方法は、その前年の各人の収入を比較して、その割合でどのくらいお互いが子供を育てる費用を負担するのか決められます。

子供を育てる費用の中には、教育費、病気などの治療代、食事代、住居費などが含まれます。

子供が何人いるかによっても違ってきて、二人目三人目になるごとに養育費の金額は多くなりますが、一人あたりの金額が減っていきます。

調停離婚をする時には、家庭裁判所では「養育費・婚姻費用算定表」という表が作成されており、もし働ける健康状態であるにも関わらず働いていなかった場合など、それを参考に養育費を決定する事もあります。

慰謝料  

慰謝料とは、精神的な苦痛を受けた場合に相手に請求する事が出来る損害賠償金のことであると民法で定められているお金です。

離婚だけでなく、交通事故の損害賠償責任で支払われるお金も慰謝料と言われ、責任のある人(加害者)から損害を受けた人(被害者)に支払われるものです。

その他にも

これ以外にも、離婚の時に決められるお金のやりとりがいくつかあります。

  • 夫の退職金を待たずして受け取る事ができる退職金分与
  • 妻が婚姻中専業主婦であった場合に、年金が支払われる時にはその婚姻年数分だけ夫の受け取る年金を分与してもらえる年金分割

などがその主なものです。

それぞれ、二人で話し合って公正文書に残したり、調停離婚の場合は調停委員を交えて分与の割合を定め、同じく書類に残して正式に受け取る事が出来る金額とされます

浮気で離婚の慰謝料を請求できるケース


ここまで、離婚に際してやりとりされるお金の話をメインに話を進めてきました。

ここから、いよいよ本題の浮気による慰謝料請求の話に入っていきたいと思います。

浮気で離婚の慰謝料を請求できるケース① 相手の不貞行為があったとき

慰謝料というのは「精神的な被害を受けた側が受け取る損害賠償金である」という事をお話しましたね。

浮気も、された側からしたら大きな裏切り行為であり、精神的ショックは計り知れません。

あなたが夫に浮気された場合は、離婚する、しないに関わらず慰謝料を請求できる立場にあります。

と、共に、夫の浮気相手である女性に対しても精神的苦痛を負わされたとして、慰謝料請求できるのです。

しかし、この両者から受け取る慰謝料は別の人から受け取っていても、同じ1組の浮気事件の損害賠償金である事からトータルでいくらとして、相場と照らし合わせて妥当な金額かどうか判断されます。

浮気で離婚の慰謝料を請求できるケース② DVがあったとき

何も慰謝料とは夫の不貞行為にだけ請求できるものではありません。

夫からDVを受けていた場合にも、この慰謝料という形で損害を賠償してもらう事が出来るのです。

DVというのは何も肉体的に受ける暴力に限りません。

夫から言われた事で、深く心に傷を負ってしまい、正常な生活を送る事が困難になってしまった場合には、慰謝料という形でその責任を負ってもらうのです。

浮気で離婚の慰謝料を請求できるケース③ 悪意の遺棄があったとき

夫婦の間で精神的なダメージを受ける事と言えば、悪意の遺棄という行為もあります。

これは、とても簡単な言葉で言うと「夫にほったらかしにされていた」という事です。

あなたという者がありながら、ほったらかしにして愛人のところに行っていたという事になるからです。

このように、家族を家族として思っておらず自分勝手に相手を疎外する行動を悪意の遺棄と言います。

浮気で離婚の慰謝料を請求できるケース④ その他の理由

この他、

  • 嫁姑の争いがあって夫の協力が何も無かった事による離婚
  • 夫の借金による精神的苦痛
  • 過度な宗教への勧誘・宗教活動による生活苦

などによっても、慰謝料を請求できる場合があります。

そのどれも、程度によって金額も請求できるかも変わってきますので、離婚調停などで第三者にいかにそれが精神的苦痛であったかを伝える事が必要になってきます。

浮気で離婚する際の慰謝料


配偶者に対して請求できる慰謝料には、不貞行為だけでなく様々なケースがあるというのがわかりましたね。

それでは、浮気を限定して実際に慰謝料をどのように請求するのかまとめてみましょう。

浮気は不貞行為

まず、一口に浮気と言っても一般的に認識されている浮気と、慰謝料請求できる浮気は違う場合があります。

離婚の原因となり、慰謝料を請求できる浮気とは民法上では「不貞行為」と呼ばれます。

不貞行為とは、配偶者以外の異性と肉体関係を継続して持つ事とされています。

例えば、他の人と飲みに行くことだけでも「浮気だ!」と思って傷つく人もいますが、それだけでは慰謝料請求は無理なのです。

まずあなたが感じている夫の浮気が、肉体関係を伴った継続的な不貞行為であるか確認しましょう。

浮気の慰謝料の相場

不貞行為の相場・・・100万~500万

基本金額として120万円程度と考えられています。

増額の要素は以下のとおり。

  • 妻の年齢
  • 妊娠していた妻がそれが原因でショックで流産してしまった
  • 不貞に至る流れ
  • 結婚期間
  • 子供の有無や人数

それらの事実があったり、該当する場合に程度が判断され、金額が増額されていきます。

基本的に妻が浮気をした場合よりも、夫が浮気した場合の方が慰謝料が高額になるのは、女性がその後の生活を送る経済的基盤が安定していない点を考慮した判断になります。 

離婚後にも請求できる!ただし期限がある

例えば、夫から別の理由で離婚を言い出され、妻もそれに同意して不貞行為があった事を知らずに離婚したなどの場合があります。

そんな場合でも、相手にその事実があり、証拠もしっかり握っている場合は、離婚後でも元夫とその不倫相手に対して慰謝料請求できます。

ただし、この慰謝料請求には期限があり、法律では「不倫相手の事を知ってから3年間という決まりがあります。

また、離婚してから3年間と考えて期限を定めているという判例もあるので期限には注意が必要です。

慰謝料の時効について詳しく知りたい人は離婚の慰謝料の時効とは?離婚の慰謝料の時効期間と進行を止める方法も合わせて読んで見てください!

浮気で離婚の際、慰謝料はどちらが支払う?


実際の浮気による慰謝料請求について見てきました。

しかし、夫婦双方に問題点がある場合がありますね。

いくら夫が浮気をしていても、どちらが慰謝料を払う事になるのかハッキリしない場合があります。

「どちらに責任があるか」で決まる

まず、双方に問題のある離婚の慰謝料の考え方について考えてみましょう。

この場合は、交通事故を起こした時の事を考えてみるとわかりやすいでしょう。

離婚は事故とは違いますが、双方にある問題的を比較した場合、どちらの方が結婚生活に与える影響力が大きいかという点で責任の大小が判断されます。

より責任が大きい方が、その責任の重さによって慰謝料を払う事になるのです。

双方に責任がある場合

たとえば、同じ不貞行為が双方に合った場合、どちらにも責任が同じようにあると見られます。

慰謝料というのは、責任がある方が被害者に支払うものです。

双方に責任がある場合の慰謝料は、考えないという決まりになっています。

自分も浮気したけど、夫の方がひどいという言い訳は出来ないのです。

夫婦関係が破綻中の場合

離婚による不貞行為は離婚の理由になりますが、慰謝料になるとちょっと考え方が変わってきます。

まず、夫の不貞行為の前に別居生活であったなど婚姻生活の破綻があった場合には、その不貞行為は慰謝料の対象にはなりません。

なぜかと言うと婚姻生活の破綻があった場合に、あなたの「精神的な権利の侵害」がされていないされるからです。

慰謝料は精神的な権利の侵害によって支払われるのでそれが無い=慰謝料は発生しないという事になるのです。

浮気で離婚の慰謝料請求をする方法


慰謝料は責任がある方が支払うという点を考慮してもあなたには非はない。

更に夫の浮気前に結婚が破綻していない状態にあったなら。

あなたの夫がした浮気が不貞行為であり、慰謝料の対象となります。

このような場合は、慰謝料請求を行いましょう。

浮気で離婚の慰謝料請求をする方法① 夫婦間の慰謝料の協議で合意

まず、慰謝料の金額を決めるために夫婦で話をするのが一番最初の作業です。

この二人の話し合いで金額の合意を見たならば、法律事務所などを通して公正証書を作成してもらい、公の書類にその金額を残します。

お互いが一通ずつ持つことで、慰謝料の取り決めは完了した事になります。

あとは、夫に対して慰謝料請求をして、支払ってもらい、同時に離婚届も提出して無事に慰謝料を受け取って離婚成立という運びになります。

浮気で離婚の慰謝料請求をする方法② 家庭裁判所に調停を申し立てる

夫婦二人だけの話し合いでは、慰謝料の金額の折り合いがつかず交渉成立とならない場合もあります。

そんな時は、あなたから家庭裁判所に夫婦関係調整調停の申し立てをして、その場で慰謝料を含めた離婚の話し合いを詰めていきます。

お互いに離婚については承諾している場合は、慰謝料の金額調整と、親権、養育費などの金額だけの話し合いとなるでしょう。

夫の収入や不貞行為の程度などを踏まえ、一般的な相場での慰謝料請求をすすめられる事になります。

ですから、調停で話し合う時は、あなたが欲しいと思っている金額より少ない金額にしたらどうかという提案をされる場合もあります。

浮気で離婚の慰謝料請求をする方法③ 裁判で慰謝料を請求

調停で話し合っても慰謝料の金額に満足できない場合、裁判離婚で慰謝料の請求をする事になります。

調停までは不貞行為の証拠の提出は必要ありませんでしたが、裁判では証拠が無いとまったく勝てません。

裁判離婚まで進んで、望みの金額の慰謝料請求をしたいと思っているなら、しっかりと浮気の証拠集めをしなければいけません。

浮気相手にも離婚時に慰謝料を請求するには〜2つの条件と請求する方法〜


さきほどは、夫に対する慰謝料請求の話でしたが、浮気の慰謝料は相手の女性にも請求できるという話をしましたね。

ここでは、浮気相手の女性に慰謝料請求するやり方についてお話します。

浮気相手にも離婚時に慰謝料を請求する条件① 既婚者と知って不貞行為を行なったこと

必ずそう、とは言い切れませんが、既婚者と知らなかった場合、慰謝料請求が困難になる場合があります。

例えば、夫が「自分は独身だ」と偽って付き合っている場合は、相手には何の罪もありませんよね。

あなたの家庭を壊そうとしたわけではないのですから。

夫の浮気相手の女性が、あなたの存在を知っていた、またはあなたの事は知らなくても、妻帯者であるという事実を知ってなお、肉体関係があったという証拠が必要になってくるのです。

浮気相手にも離婚時に慰謝料を請求する条件② 夫婦関係が破綻していないこと

夫に対する慰謝料請求と同じで、浮気相手に対しても、その女性のせいで家庭が破綻したのではないという時は、慰謝料を請求する事が出来ません。

例として、あなたと夫が長く離婚に向けて別居中の状態であった(婚姻生活が破綻していた)場合などです。

夫と浮気相手の女性の肉体関係が、夫婦関係が成立していた時から続いていたという事実が証明できなければ、浮気相手の女性には慰謝料は請求できないのです。

浮気相手にも離婚時に慰謝料を請求する方法

夫の浮気相手に慰謝料を請求するにも、まず話し合いが出来る状態であれば、直接浮気相手に会って交際をやめて欲しい旨と、これまでの精神的苦痛の慰謝料を請求しますという事を伝えましょう。

浮気相手の女性が、慰謝料の支払いを拒否したり、その後もまだ夫との交際を続けているようならば、法律家に頼んで内容証明で慰謝料の一括請求と、夫との交際をやめて欲しい事を告げましょう。

浮気で離婚の際、高額な慰謝料を請求するには?


ここまでで、夫と浮気相手の女性に慰謝料を請求する条件ややり方を見てきました。

ここからは、いかにその慰謝料を高額にしていくかという事を考えてみましょう。

浮気があったという確実な証拠

高額の慰謝料が欲しいならば、離婚問題について詳しい優秀な弁護士を雇い、裁判離婚で勝つことが不可欠となってきます。

よほど相手が資産家でもない限り、高額な慰謝料をポンと支払うはずはないのですから。

いくら弁護士が優秀であっても、証拠が無い勝負には勝てません。

もちろん個人でも証拠収集はできないわけではないですが、素人の浮気調査は大変危険が伴うものです。

そのために探偵を使ってっかりと夫と浮気相手の間に肉体関係が継続しているという証拠を手に入れることをおススメします。

日記や診断書も効果的

浮気の証拠集めは探偵に任せて、あなたは自分で集められる離婚裁判を有利にできる品を揃えましょう。

その中で、浮気だけでなく夫からDVを受けていたという事実があるならば、さらに慰謝料を上乗せして請求する事が出来ます。

そのためには、どのくらい頻繁にDVがあったのか、日記があると良いですね。

その時に診察を受けたのであれば、その証拠となるレシートや診断書なども取り寄せておくと良いでしょう。

離婚問題に強い弁護士に相談

とにかく、離婚裁判では証拠と弁護士の腕で慰謝料が決まると言っても過言ではないでしょう。

裁判が決まってから弁護士に依頼したのでは、期間が不足して証拠が集まらない場合もあります。

できれば、離婚話が持ち上がった時点で、弁護士のカウンセリングを受けておき、何が必要になるのか確認したいものです。

その後、探偵に証拠集めを依頼し、自分でもメモや日記、診断書などを集める作業を進めておくと良いですね。

浮気についてもっと知りたい人はこちらの記事も合わせて読んでみてください!

【浮気で慰謝料請求をしたい】離婚の際に覚えておくべき「慰謝料」のポイントのまとめ


家庭を壊す浮気という行為は、許せませんし、同じ女性という立場でありながら、妻の気持ちも考えずに肉体関係を持つ浮気相手の女性についても腹が立つ事でしょう。

しかし、もう壊れてしまった家庭は戻りません。

夫に対してもう二度と信用できないと思ったら、しっかり慰謝料をもらって第二の人生を歩んでいきましょう。

そのためには探偵や、早いうちから離婚問題に強い弁護士に相談することによって、慰謝料の請求も離婚裁判もスムーズに進むことでしょう。

この記事の作成者

ジコナラ編集部