離婚に備えて探偵に浮気調査を頼むべき?〜探偵について知りたいこと大辞典!〜

離婚のために探偵を雇うこと考えてことありますか?最近夫の帰りが遅いことが多い。休日も何かと用事があると言って出かける事が多くなった。知らない香水のニオイがするなど、夫が必要以上にオシャレをするようになった。これって、もしかして夫が浮気をしているのかも!?でも、自分が思うだけで証拠がない。証拠を集めて離婚するために探偵を雇うべきでしょうか?

目次

【離婚に備えて探偵を】浮気を疑ったら探偵に調査を依頼しましょう!その理由とは?

 

夫の浮気を疑ったとしても、相手はバレないように手を打っていることでしょう。

友人や会社の仲の良い同僚を使ってアリバイ工作をしてくる事もあるかも知れません。

そこに証拠があるならば、携帯電話やパソコンにはロックがかかっていて、中を見ることも出来ないでしょうし、24時間夫に張り付いて見張っているわけにもいきませんね。

何より、あなたが夫の回りをウロウロしていたのではすぐに見つかってしまいます。

ですから、夫の浮気をこっそり調査したいなら、夫に顔がバレていないプロの探偵が理想的なのです。

  • 離婚における探偵の役割
  • 探偵に相談するべき理由
  • 探偵が集める証拠
  • 離婚で探偵に依頼する際の注意点

について知りたい人、離婚に備えて探偵を雇うことを考えている人は要チェックです!

【離婚に備えて探偵を】そもそも探偵って何者?

 

探偵と言えば、物語に出てくる鳥打帽を被ってパイプを咥えた神経質そうなイギリス紳士だったり、アニメに出てくる赤い蝶ネクタイの小学生だったりと、架空の人物というイメージがあります。

本当の探偵というのはどのような職業なのでしょうか。

依頼を受けて調査をする職業〜興信所との違いは?〜

離婚を考えている人が、夫の浮気調査を依頼するのは探偵になります。

その探偵が所属するのは「探偵事務所」です。

一方、同じような事をすると思われている会社に「興信所」というものがあります。

そもそもなんで探偵事務所と興信所という2つの名前があるのでしょうか。

この2つには、何かハッキリとした違いがあるのかご存知の人は少ないのではないでしょうか。

まず、興信所と言えばほとんどの場合、依頼者は企業などグループになります。

その内容も、新しい事業をはじめたいが、「取引先の相手企業の業務成績は安心できるものだろうか?」など大きなグループ単位で調べることを主な業務としています。

一方探偵はと言うと、興信所よりももっと規模が小さく、きめ細かな調査を行う場所として使用されています。

どんなことを調査するの?

探偵が行うきめ細かな調査とはどのような事かと言うと、代表的な仕事は個人調査です。

縁談話が来た相手の人に対して、過去に何か問題が無かったか?のような個人情報の調査や、行方不明者がどこに行ってしまったのか、回りの人間に聞き込みをして足取りを掴むなどの非常に細かな足で稼ぐ調査になります。

もちろん、離婚に際した浮気調査なども探偵の得意分野となります。

興信所のメインとなる仕事である「会社の業績を調べる」という調査内容と比較すると、非常に細かい時間のかかる作業である事がわかりますね。

免許や資格があるわけではない ただし依頼する際【開業の届け出】は要チェック!

離婚調査など個人情報探偵になろうとした時に、特別な免許は必要とはしません。

過去に破産をした事がない人、暴力団組員ではない人、刑罰の経験がない人など、社会的に信頼できる人である事が必要となってきます。

また、探偵事務所を開くには、開業の届出をして申請代金を支払う必要があります。

これらは、「探偵業の業務の適正化に関する法律(探偵業法)」という法律によってしっかり決められている事なのです。

離婚の浮気調査を探偵に依頼しようと思ったら、この届出がしっかりされている探偵事務所を選びましょう。

【離婚に備えて探偵を】離婚問題における探偵の存在とは?

 

探偵がどのような仕事を得意とする職業で、興信所とはどう違うのか大きな部分はおわかりいただけたかと思います。

ここでは、その探偵が離婚問題の調査にどれだけ優れているのか見ていきたいと思います。

どんなことをしてくれるの?

興信所の調査内容と違い、探偵事務所の調査は非常に細かく個人に踏み込んだ情報を集めてくれるのが特徴です。

結婚相手の素行調査や、今回の問題点のような夫の浮気調査、また、その証拠収集などフットワークを要する調査作業に長けているのが探偵を職業としている人です。

まさにプロでなくては出来ないような、浮気の証拠集めが期待できるでしょう。

離婚を考えていて、どうしても夫の浮気の証拠を掴んでやろうと思っているなら、探偵などプロの手が必要となる場合が多いのです。

かかる費用と期間

探偵と契約した時の費用ですが、離婚のための浮気調査においては、離婚裁判などに使用できるような確固とした証拠を集めるという目的を提示した上で、それが手に入るまでの期間で決まってきます。

要するに「探偵の腕と費用は反比例する事がある」と言う事です。

費用の決め方は、ほとんどの探偵事務所が調査にかかる時間✕○○万円という計算をします。

ですから、早く離婚のための浮気の証拠が集まれば費用も安くすむのです。

いくら時間金額が安くても、なかなか証拠を手に入れる事が出来ない不慣れな探偵では、時間もかかり費用も高くなってしまうので注意が必要なのです。

調査を探偵に依頼するメリット・デメリット

探偵に離婚に際する浮気調査を依頼するメリットは、自分で調べてもわからなかった事まで調べ上げてくれる事が期待できるという点です。

反対にデメリットもあって、それは何と行っても「費用がかかる」という事でしょう。

更に、夫が本当は浮気をしていなかったという場合もあるのです。

そんな時は、費用だけはかかるがあなたの望むような、離婚の決め手となる証拠が手に入らないという事になるのです。

【離婚に備えて探偵を】浮気を疑ったらすぐに探偵に相談しよう! そうすべき理由とは?

 

探偵の得意な仕事と、探偵を雇うメリットとデメリットもあることがわかりました。

しかし、そのデメリットもケースバイケースであって、夫の浮気で離婚を考えているのならば、探偵を雇った方が有利になる事が多いのです。

離婚に備えて探偵に相談すべき理由① 離婚裁判では浮気(不貞行為)を証明する証拠が必要

夫の浮気で離婚をしようとするなら、当然いただけるであろう慰謝料は欲しいと思われる人が多いでしょう。

そんな場合は、離婚裁判まで進む場合になり、当然裁判では証拠が一番大切となってきます。

果たして素人に、裁判で有効とされる証拠がどんなものかわかるでしょうか?

あなたが必死で写真や夫のメールを集めても、裁判では離婚の決め手となる証拠には足りない場合が多いのです。

例えば、民法では、離婚の原因を配偶者の不貞とする時には、1度の不貞行為では不倫とは認められず、何度も行為があったと証明する必要があるのです。

そんなに何度も夫の浮気現場に居合わせるのは大変ですし、あなたにとって辛くはありませんか?

離婚に備えて探偵に相談すべき理由② 一般人が証拠を集めることにはリスクがある

探偵に離婚のための浮気調査の証拠を集めてもらおうとしても、お金がもったいないかなと思って自分で行う人もいます。

しかし、そのほとんどの人が自分が思っていたゴールに辿りつくのは難しいと感じるのです。

まず、夫には妻であるあなたの顔がバレています。

一度だけ偶然写真が撮影できたとしても、それでは不貞の証拠にはなりません。

夫の携帯やパソコンのパスワードをうまく解けたとしても、逆に夫から不正アクセス禁止法で訴えられてしまって、離婚の慰謝料がだいぶ減ってしまう・・・という事もあるのです。

自分で離婚のための証拠収集を行うのは、最終的にかなり費用がかかる事になってしまう事が多いのです。

離婚に備えて探偵に相談すべき理由③ どの証拠が証明力があるのか分かりにくい

自分で集めた浮気の証拠があまり役に立たないのは、どんな証拠品がどのくらい審判に影響を与えられるかというのを知らないことにあります。

自分では、これで離婚できるだろうと一生懸命時間とお金をかけて集めても「決定的証拠ではないので離婚は難しい」と言われてしまったら、もう一度裁判のやり直しからになってしまいます。

二度も証拠集めをしなければいけないと思えば「最初から探偵を頼んで置けばよかった」と思う事も少なくないのです。

離婚に備えて探偵に相談すべき理由④ 浮気調査は1人では難しい

浮気調査の相手である夫には、顔がバレていない探偵でも、あまりにも同じ人が周りをウロウロしていたら勘の良い人は気づいてしまう事もあります。

そのために、探偵は2人1組で行動する事にしています。

ある時は片方が、またある時はもう片方の人間が表に出ていけば、気づかれるリスクがグンと減ります。

あなた一人でやるよりは何倍も安全に離婚裁判の証拠を集めることが出来るのです。

離婚のために探偵が収集する【離婚裁判で有効とされる不貞行為の証拠】とは?

 

ここまで何度も話に出てきた、離婚裁判のための証拠とは、具体的にどのような物なのでしょうか。

探偵が集める浮気による離婚裁判の証拠品について見ていくことにしましょう。

そもそも不貞行為とは?

今まで不倫や浮気、などという言葉でも表現してきましたが、民法上では離婚の原因となる男女関係のことは「不貞行為」といいます。

不貞行為というのは、結婚している男性(または女性)が、配偶者以外の異性と、肉体的な交わりがある関係の事を言います。

いくらメールやLINE、電話の会話で「愛している」「好きです」と言い合ったとしても、肉体的関係がなければ、法律上ではそれは不貞行為とは認められず、離婚の理由にはならないのです。

まとめると、「不貞行為とは、配偶者以外の異性と複数回肉体関係にあること」と言う事が出来ます。

客観的に不貞行為を証明できるものに限られる

離婚裁判をしようとする時には、きちんと第三者から見ても配偶者に不貞行為があるとわかる物でないと証拠にはなりません。

いくらあなたが「夫の様子がいつもと違うのです」「家に帰らない事が多いからきっと浮気をしてるに違いありません」とあなたの主観的な意見を述べても、それだけでは夫が浮気をしているとは限らないと思われてしまいます。

実際に夫が浮気をしているのかすら、定かではありませんね。

そのようなあなたの想像だけではなく、もっと客観的に「この人は配偶者以外の異性と性的交渉がある」とわかるものが必要になってくるのです。

不貞行為の証明力のある証拠の例

それでは、具体的にはどのような物が夫の不貞行為の証拠品になり、離婚の原因と出来るのか見ていきましょう。

何度も浮気相手の女性の自宅に出入りしている写真。

(できれば数時間滞在した事がわかるように、時間経過がハッキリしている物が望ましい)

何度も同じ女性とラブホテルなどに出入りしている事がわかる写真。

(こちらも入った時と出てきた時の時間経過が分るものなら更に良い)

不倫相手の女性と二人きりで旅行に出かけ、何日も同じ部屋で寝泊まりをしたという事実がわかる物。

このような物が離婚裁判の証拠として望ましいでしょう。

証明力のない証拠の例

これに反して、証拠として力が無いものもあります。

顔がハッキリ映っておらず夫と断定するのが難しい写真。

「好きだよ」などという言葉だけで肉体関係がわからないメール。

・夫がラブホテルに入っていく写真があるが一枚しかない。

繰り返したという事実や数時間過ごしたという事実も証明できない場合。

このような品は、妻からしたら「これは浮気だ!」と思うでしょうが、離婚裁判の証拠にはならないのです。

【離婚に備えて探偵を】探偵に調査を依頼する際の注意点

 

このように、素人が一生懸命集めても、離婚裁判では証拠にならない物も多いのです。

このために探偵を雇うのは必要になってきますが、同じ探偵を雇うならしっかりと証拠を集めて欲しいですよね。

探偵に依頼する時に注意する事を見ていきましょう。

離婚に備えて探偵に調査を依頼する際の注意点① 信頼できる探偵事務所を探そう

ここまでお話したように、探偵には資格がありません。

極端な話、脱サラしてはじめる事も出来てしまうのです。

依頼する探偵がしっかりした探偵事務所であるか確認するためには「開業の届出」がされているかも目安になります。

探偵はあまり他の人に何をしたのかバレてはいけないので、あまり口コミは無いでしょうが、悪質な探偵事務所ならば、やめた方が良いと言う人もいるでしょう。

依頼しようとしている探偵事務所が、悪質なものでないか程度は調べておきましょう。

離婚に備えて探偵に調査を依頼する際の注意点② 自分のことや調査目的をしっかり探偵に伝えましょう

配偶者の素行調査をするにしても、ただ調べるだけなのと離婚裁判に証拠として提出する物が欲しいというのでは内容が変わってくる事もあります。

あなたが探偵事務所に依頼した事によって何をしたいのか。

探偵事務所からどんな報告を必要としているのか。

あなたの目的と意志をハッキリと探偵事務所に伝える事が大事です。

離婚に備えて探偵に調査を依頼する際の注意点③ 調査の流れを自分でもしっかりと把握しましょう

探偵業務という物について何も知らないと、悪質な探偵事務所にひっかってしまう事もあります。

ある程度は、探偵に依頼するにはどのような指示をしたら良いのか、一般的にはどのくらいの期間動いてもらう事にするのか。

探偵の調査の流れを理解しておく事も大事になってきます。

あなたが何も知らないと見ると、無駄な調査をして高額な費用を請求されてしまう事もありますよ。

離婚に備えて探偵に調査を依頼する際の注意点④ 早い段階での弁護士への相談も!

あなたが配偶者に対して行う浮気調査が、離婚裁判を想定してのものであるならば、探偵と同時に法律事務所にも相談しておくと良いでしょう。

探偵だけではフォローしきれない、法律的な問題についてアドバイスをしてもらえるでしょう。

離婚裁判になった時に具体的に不貞の証拠を説明するのは弁護士になるからです。

そこで弁護士が必要とする証拠があるならば、それを探偵に伝え入手してもらうようにするためです。

弁護士に相談する

探偵について知りたい方は合わせてこちらも読んでみて下さい!!

離婚に備えて探偵に浮気調査を頼むべき?〜探偵について知りたいこと大辞典!〜のまとめ

 

夫の浮気の確定と離婚裁判へ向けての証拠集めには探偵の力が必要ということはおわかりいただけたのではないでしょうか。

また、素人にはなかなか裁判の証拠を集めるというのは難しいこともわかりました。

先程も述べた通りに、実際に裁判であなたの代わりに夫の不貞行為を証明してくれるのは弁護士です。

探偵と弁護士、この2組のプロの力を借りる事であなたの望む離婚が出来るかどうかが決まってくると言っても過言ではありません。

探偵に相談する

この記事の作成者

ジコナラ編集部