離婚すると苗字はどうなる?子どもの苗字は?~意外と知らない法律の知識~

離婚と苗字の決まり知ってますか?結婚した時に苗字が変わったのに、離婚する時にまた苗字が変わる・・・。苗字がコロコロと変わる事に不都合や違和感など感じる人も少なくありません。仕事をする上では、苗字が変わるのは困る人もいるでしょう。離婚と苗字についてどのような決まりがあるのか見てみましょう。

目次

離婚すると苗字はどうなる?子どもの苗字は?~離婚をする際の不満を解決しよう!~

 

離婚をした後に苗字が変わるのは、女性だけではありません。

子供の親権を持つのが母親が多いため、子供の苗字も変える人も多いですね。

苗字を変えることによる、子供に対するいじめ問題など、心を痛める親御さんも多いことでしょう。

最近では、学校側が親が離婚した子供に対するいじめ対策で、配慮してくれる場合も少なくありませんが、苗字が変わった事でやらなければならない、役所の手続きなど面倒なことも多くなってきます。

今回は、離婚による苗字の変更、特に母親と子供の苗字についてご紹介します!

苗字と結婚について

 

苗字の変更は、逆上れば結婚した時からです。

まず、ここでは結婚をした時の苗字の変更から苗字の変わる決まりを見ていきます。

結婚すると夫婦のどちらかは苗字を変えなければならない

海外では、夫婦別姓が認められている国もありますが、日本ではまだ戸籍を同じくする者同士の違う苗字は認められていません。

きちんと戸籍を入れて婚姻をした夫婦は、どちらかがどちらかの戸籍に入る事になりますので、苗字を変更しなければいけないのです。

一般的には、夫となる男性が戸籍の筆頭者になり、夫の苗字を妻となる女性が名乗る事となります。

中には、この苗字を変わるルールを嫌がり、内縁の関係を選ぶ夫婦もいます。

必ず男性の苗字にしなければならないわけではない!

夫の苗字を妻が名乗るというお話をしましたが、これは絶対にこうしなければいけないという決まりはありません。

戸籍の苗字についての決まりは、筆頭者の苗字に家族が合わせることになりますので、妻を筆頭者とした戸籍に夫が入るならば、苗字が変わるのは夫の方という事になります。

筆頭者が妻なのは嫌だという人は、一旦妻の両親と夫となる男性が養子縁組をして、妻と同じ苗字になってから、夫が筆頭者になるという手順を踏む人もいます。

夫婦別姓は日本の判例では認められていない

先程もお話した通り、日本の法律では、同じ戸籍にいる人たちは全て同じ苗字でなければいけないという大前提があります。

その事を守ろうとすれば、必ず夫婦は同じ苗字である必要があるのです。

また、そこに生まれた子供に対してもそうですね。

世界には、夫婦別姓を認めている国もたくさんあります。

離婚後の苗字~離婚前の苗字を名乗り続けられるのか~

 

結婚による苗字の変更についてはご理解いただけたかと思います。

それでは、ここからはメインとなる離婚と苗字の変更についてお話したいと思います。

結婚のときに苗字を変更した夫又は妻は、離婚によって元の苗字に戻る

婚姻届を提出して、戸籍上でも夫婦という登録をしている夫婦が離婚する場合は、離婚届を提出します。

離婚届を提出すると、基本的に苗字が変更になった側は、旧姓に戻るという決まりがあります。

結婚する時でも苗字を変えたくないのに、さらにまた不都合や面倒な事が起こるのがわかっているのに苗字の変更をしなければいけないのは、泣きっ面に蜂とも言えるでしょう。

それがわかっていながら離婚するのだから文句は言えないのかも知れませんが、「なんて面倒なルールなんだ」と感じる人も多いのです。

離婚前の苗字を名乗り続ける方法

結婚する時は、同じ戸籍に入るという都合上苗字を変更せざるを得ません。

離婚する時には、この不都合をさけるために「結婚の時の苗字を名乗る事が出来る」というルールの緩和があります。

本来、苗字を変えるには面倒な手続きが必要になってきます。

しかし、離婚後3ヶ月に限り、その面倒な手続きを簡略化して苗字の変更が出来るのです。

離婚による苗字の変更をしないという事が出来るようになっているのです。

3か月の届け出期間を過ぎてしまった場合

それでは、その離婚後3ヶ月という期間を過ぎて結婚時の苗字を名乗りたくなった場合はどうするのか・・・と言うと、家庭裁判所に申し立てをして許可を貰わなければいけなくなります。

それには「やむを得ない理由」が必要になってきます。

一般的に離婚以外の理由によりは苗字を変更する場合よりも認められやすくはなっていますが、理由によっては認められない場合もあります。

できるだけ離婚後3ヶ月以内に結婚していた時の苗字を名乗る手続きをすることをおすすめします。

子どもの苗字と離婚について

 

結婚によって苗字が変わった人の離婚による苗字の変更については以上のような決まりになっています。

それでは、結婚後に生まれた子供の苗字についてはどうなるのでしょうか。

結婚と子どもの苗字~通常は両親の苗字と同じ~

一般的に夫婦の間に産まれた子供は、両親のいる戸籍に入る事になります。

このことから、先程の「同じ戸籍に入るには同じ苗字であること」という決まりから、両親と同じ苗字になることがほとんどです。

極めて特殊とも言える理由で、妻側の苗字を名乗らせるため、妻の両親の養子として別の戸籍に入るなどという事例もあります。

このような珍しい例を除き、夫婦の間に産まれた子供は両親と同じ戸籍に入り、同じ苗字になるのです。

子どもの苗字は離婚しても変わらない!

両親が離婚した場合には、子供の苗字はどうなるか・・・と言うと、結論から言うと「苗字は両親の離婚前と変わりません」。

たとえ母親が親権者となっていても、離婚と共に母親の苗字が変わったすると、その子供は母親とは違う苗字のままなのです。

当然、母親と同じ戸籍に入れる事も出来ません。

同じ家に住み、れっきとした血を分けた親子であるにも関わらず、母親と苗字が違い、戸籍も違うとなると気持ち的にも寂しいですし、手続きが面倒になる場合もあります。

子どもの苗字を変える手続き

同じ戸籍に子供を入れたい、自分と同じ苗字を名乗らせたいと思う母親も多いです。

その時は、子供の苗字を変更する申し出を家庭裁判所に申し立てます。

これは子供自身が申し立てるのですが、15歳以下の子供の場合は、保護監督者がその代理人として申し立てる事が出来ます。

子供の苗字を変えてはじめて、子供が母親と同じ戸籍に入ることが出来るのです。

離婚後の苗字について知りたいあなたにはこちらの記事もおすすめです!

離婚すると苗字はどうなる?子どもの苗字は?~意外と知らない法律の知識~のまとめ

 

離婚に際しての苗字の変更、子供の苗字の変更をまとめてみました。

これから離婚を考えているお子さんをお持ちのご夫婦の参考になればと思います。

特に、結婚時の苗字を名乗りたい場合には、手続きが出来る期限が設けられていますので、忘れずに手続きするようにしてください

もし、自分ひとりでは手続きに不安があるならば、専門家にアドバイスを頼むのも良いですね。

専門家に相談する

この記事の作成者

ジコナラ編集部