おもちゃの札束で”代金引換” 詐欺の疑いで男二人逮捕 いわき市

福島県いわき市内で、代金引換で注文した高級時計をおもちゃの札束で騙しとったとして1日、いわき東署は男二人を詐欺の疑いで逮捕しました。腕時計は転売目的とみられ、すでに売却されているとのことです。

目次

おもちゃの札束で高級時計を”代金引換” 詐欺の疑いで男二人逮捕 

福島県いわき市内で、代金引換で注文した高級時計をおもちゃの札束で騙しとったとして、いわき東署は1日住所不定無職の男2人を詐欺の疑いで逮捕しました。
 
男らは昨年10月、インターネットで1,270万円もの高級時計を代金引換で注文し、いわき市内の運送会社営業所で、従業員に「中身を確認したい」と言って商品を受け取りおもちゃの札束を代金として支払い、その場から立ち去ったとのことです。
 

お金に関する法律をご紹介

これはおもちゃの札束を本物の現金だと偽り、商品を持ち去ったとされる詐欺罪に関係する事件です。なので偽札を作った、というわけではないのですが、今回は意外と知らないお金についての法律を取り上げてみたいと思います。

まず、お札を偽造する、いわゆる偽札を作ることは刑法にある通貨偽造の罪に当たります

行使の目的で、通用する貨幣、紙幣又は銀行券を偽造し、又は変造した者は、無期又は三年以上の懲役に処する。(刑法第148条1項)

偽造又は変造の貨幣、紙幣又は銀行券を行使し、又は行使の目的で人に交付し、若しくは輸入した者も、前項と同様とする。(同法2項)

つまり使わずとも、偽札を作った段階で罪になります。通貨偽造は国内に対するテロ行為となりうることからも、処罰が重いとされています。

それでは硬貨や紙幣に加工をした場合どうなるのでしょうか? 

硬貨を損傷したり、加工すると貨幣損傷等取締法によって罰せられます。

貨幣は、これを損傷し又は鋳つぶしてはならない。 

貨幣は、これを損傷し又は鋳つぶす目的で集めてはならない。

第1項又は前項の規定に違反した者は、これを1年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処する。    (貨幣損傷等取締法) 

例えばマジシャンが硬貨を二つに割ってしまうような演出をしますよね。そのように硬貨を曲げたり、傷つけたりすりつぶしたりすると、法律で罰せられてしまうのです。この法律はもともと硬貨を金属の原料に戻すことを禁止する目的で制定されました。立法当時、硬貨にはお金としての価値よりも金属としての価値の方が高かったのです。

それでは千円札などの紙幣はどうでしょうか? お釣りとしてもらったお札に文字が書いてあった、なんて経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

実は紙幣には加工を禁止する法律というものはありません。紙幣はもともと紙ですから、破れやすく汚れやすいですし、加工後も紙は紙なので価値が上がるということがあまり考えられません。そのような理由から取り締まることが難しいのですね。

いかがでしたか、普段何気なく使っているお金にも、たくさんの法律が関係していることを感じていただけたでしょうか。
くれぐれもお金をぞんざいに扱うことのないように! 

この記事の作成者

カケコム編集部