嫁と離婚したい理由3選! 嫁と別れることの注意点と解決法

嫁と離婚したい理由を持っている夫の方々は世の中にどれだけ潜んでいるのか分かりません。離婚に至ってしまうのは何らかの理由が確実にあるものなのです。そこで、今回は夫が嫁と離婚したい理由をご紹介します。

目次

嫁と離婚したいと思ったら〜注意点と解決法をご紹介〜

嫁と離婚したいと思う理由は人それぞれであり、その状況によって注意点や解決方も大きく変わってくるでしょう。


例えば、そのようになってしまった原因が自分側にあるのか、嫁側にあるのかでも大きく変わってきます。

その理由には色々あるでしょうが、もし自分側に原因や過失がある状態で離婚をしたいと考えているのなら、それ相応の覚悟を持って挑むようにしてください。

  • 嫁と離婚したい理由
  • 嫁と離婚したらどうなるか
  • 嫁が離婚に応じてくれない場合どうすれば良いのか

知りたい人は要チェックです!

嫁と離婚したい理由3選! 


嫁と離婚したい理由として、代表的なものを記載させていただきます。

嫁と離婚したい理由① 価値観の違い、性格の不一致

男性と女性という時点で、価値観も違いますし性格の不一致があるのはある意味当たり前です。

性格の不一致は離婚の理由としては1位となっており、皆さんの最大級の悩みの種となっています。

実際に、この性格の不一致や価値観の違いからお互いのぶつかり合いに発展してしまって、不倫に走ってしまったり、お互いを憎しみ合って肉体的な暴力や精神的な暴力にまで発展してしまうのです。

非常に難しい問題ですし、解決策もなかなか出てくるものではありません。

嫁と離婚したい理由② 精神的、肉体的な暴力

精神的暴力とはモラハラや言葉の暴力の事で、夫側から嫁に離婚を告げる理由としても必ず上位に入ります。

言葉で嫁に勝てず、ストレスを溜める夫も多いのでしょう。

さらに、現代日本で男性の筋力が低下してきた関係で、肉体的な暴力が原因の離婚理由も一気に上昇してきました、要するに、いじめられる旦那さんが増え続けていて、嫁と離婚したい理由につながるいうことなのです。

嫁と離婚したい理由③ 不倫や浮気

嫁側からの離婚理由としても上位にある不倫や浮気ですが、今では夫側の嫁と離婚したい理由としても上位に入ってきています。

嫁と離婚したら〜一体夫はどうなる?〜


それでは実際に嫁と離婚したら、夫はいったいどうなるのかを考えていきましょう。

たとえ嫁側に理由があっても不利な部分があるのです。

親権を獲得するのは難しい

夫側で最大限のネックはまさにこれです。

親権を獲得することは難しいのが現実です。

親権を決める際には子供の幸せを第一に考えます。母親のそばにいることが子供の幸せになると考えられる場合が多いのです。

そのため、親権バトルになった場合の夫側の勝率は1割から2割と言われており、殆ど勝てません。

例外として、嫁が何度も子供を殴っており子供が夫を選んだとか、嫁が家事を一切せずに夫が子供の面倒を見る割合が圧倒的に多かったといったものがあれば話は変わってきます。

浮気が原因? 払わなければならないお金

問題は夫側に浮気といった原因がある場合、夫側に原因があるので、慰謝料請求をされてしまうことことがあります。

また、財産分与や養育費や婚姻費用を請求されることがあります。

離婚後に寂しさが出る

離婚をした理由にもよりますが、とにかく今の嫁と離婚をして、一人暮らしになったとします。

そうなると、寂しさが襲ってくるようになるのです。

例えば、朝を誰も起こしてくれなかったり、朝食を自分で用意するようになったり、帰っても誰もいないので「おかえり」という声が無くなったり、風邪をひいても心配する人が誰もいなくなったり、と寂しさを感じる場面はたくさんあります。

嫁が離婚に応じてくれない!そんな時はどうすればいい?


離婚話は必ずしもスムーズに進むわけではありません。

場合によっては嫁が離婚に応じてくれない時もあるでしょう。

離婚のメリット・デメリットをよく話し合おう

まずは離婚のメリット・デメリットをよく話し合うのが先決になります。

離婚において相手が納得しない理由の中に「何で離婚という考えに至ったのかがわからない」というものもあるので、しっかりとその部分を説明しましょう。

性格の不一致ならそれでも構いませんし、具体的な理由を説明してください。

そこでしっかりと説明をした結果、お互いが一緒にいるよりも離婚したほうが確実に幸せになると理論づけて説明することができれば、納得する確率も上がります。

別れた後の生活といった部分のデメリットもしっかり説明しましょう。

協議でダメなら調停、それでもダメなら裁判

それでも、話し合いにおける離婚である協議離婚に嫁が応じないことは多々あります。

その結果、離婚協議が不成立となり次の段階の離婚調停に進むことになるでしょう。

ただし、離婚調停はそもそも離婚する気が全くない相手ならここで決着はつけられないことが多々あります。

そのため、調停離婚でもダメなら離婚裁判にまで進むことになるのです。

この段階にまで進んだのなら、はっきりとした離婚事由があれば、相手が拒否し続けていても離婚することが可能となります。

離婚問題に詳しい専門家に相談しましょう

離婚は法律行為であり、法律の知識が必要になります。

離婚事由の有無、慰謝料請求や養育費請求の可否・金額といった部分は、専門家である離婚問題に詳しい弁護士に相談しないと解らない分野なので、離婚を決意した人は相談するのがよいでしょう。

嫁と離婚したい理由について興味がある人はこちらも合わせて読んでみてください!

嫁と離婚したい理由3選! 嫁と別れることの注意点と解決法のまとめ


嫁と離婚したい理由や妻と別れるとどうなるのかを解説してまいりましたが、はっきり言って状況によりけりな部分が強く、自分たちの状況だとどうなるのかを判断してもらうのは、専門家の力を借りるのが一番です。

そのため、離婚問題に強い弁護士に相談してアドバイスをもらうようにするのがよいでしょう。

弁護士に相談する

この記事の作成者

ジコナラ編集部