別居は離婚の理由になる?〜離婚理由としての別居と別居をする際の注意点について〜

離婚理由に別居は成立するのでしょうか?基本的には5年以上の別居は婚姻関係の破綻を認められる原因とされています。別居離婚をしたいけど、もう一人の当事者である配偶者を納得させられる理由がない。親や友人に相談しても、自分の離婚したい気持ちを理解してもらえない。とにかく、一緒にいるのが辛いのだという人もいます。一緒にいるのが辛いので、離婚前に別居をする夫婦も少なくありません。ここではそんな離婚理由としての別居についてご紹介します。

目次

【別居は離婚の理由になる?】離婚しようか、迷っているあなた!

 

離婚や別居をしたいと思うには、その人なりの理由というものがあるはずですね。

配偶者が浮気性であったり、遊び好きで浪費家で借金を作っていたり・・・。

精神的、経済的に苦しいという理由であれば、第三者から見ても「それは離婚したい気持ちはわかります」と同意ももらえるでしょうし、相手にも離婚をしたい意志を伝えやすいです。

でも、自分にも相手にも特に悪い事はない、ただ二人の性格の違いで気持ちが遠ざかっているのが辛い、離婚したいという人も少なくないのです。

そんな人は、離婚する前にまず、別居をするという形をとる人が増えています。

ここではそんな離婚前の別居について説明します。

  • 別居は離婚理由になる?
  • 別居をする際の注意点
  • 離婚におけるな悩み
  • これといったこと理由はないけど離婚したい、、

といったことについて知りたい人は要チェックです!

【別居は離婚の理由になる?】離婚における悩みとは

 

離婚や別居をしたいけど思い切って踏み切れないのは、何も理解されない離婚理由だけではありません。

離婚後が心配だから・・・という理由もあるのです。

離婚後の経済状況が心配

離婚後の悩みを聞くと、何と言っても経済的なことを理由にあげる人が圧倒的多数を占めています。

自分にお金がなければ、食事はおろか、住む場所すら借りる事が出来ません。

実家に帰ることが出来れば良いけれど、様々な理由から実家に戻ることも出来ない人もいます。

今まで専業主婦をしていたり、パート程度しかしていなかった人は、収入も生活できるほどには無いでしょう。

まずは、自分が生活できる程度の収入を得られるような、安定した仕事探しから始めないといけないのです。

自分にそんな仕事が見つけられるのかというのも、離婚や別居に対して踏ん切れない理由の一つになっているのです。

親権が心配

離婚に対して経済的理由で躊躇している人は、子供の親権についても悩んでいる人がいます。

子供がいて、自分の側において育てたいと思うお母さん、お父さんは多いですよね。

しかし、経済力が心配な人は、「安定した収入がないという理由で、子供を育てる事が無理と言われてしまったらどうしよう・・・。」と、考えてしまうのです。

それは、しごく当たり前な発想と言えます。

自分すら生活できるのか不安なのに、子供にご飯を食べさせて、教育を受けさせられますか?と言われたら何も言えなくなってしまいますね。

まず、別居をしてみて自分がそれだけ収入を稼ぐにはどのくらい働かなければいけないのか、実際やっていけるのか試してみるのも悪い事ではありません。

これといった理由もないけど離婚したい

離婚をしたいが、ためらってしまう理由として経済的なこと、親権が取れるかが心配という2つの理由がありました。

もう一つ「これと言った離婚の決め手がない」という事も、離婚を切り出せない大きな理由となっています。

離婚をしようと言ったら、これと言った理由がなければ相手に「何で?」と聞かれるでしょう。

その時に何と答えて良いのかわからないのです。

まず、自分の中できちんとした理由を思いついてからと思っている人も少なくありません。

そんな自分の気持ちを見直したいという理由で、別居したい事を伝えてみてはどうでしょうか。

【別居は離婚の理由になる?】これといった理由もないけど離婚したい? そんな時は、、、

 

「自分の心の中で離婚理由を整理をしてから」、と思っていても、いつまでもその理由がうまく説明できない場合もあります。

それでもどうしても一緒にいるのが辛い時はどうしたら良いのでしょうか。

別居は離婚理由になる場合があります

特にどちらかが悪い事をしたわけでもないが、夫婦として仲良く出来ていないという夫婦は少なくありません。

そんな夫婦が離婚したいと思った場合は、どのような理由で離婚しているのでしょうか。

離婚の理由のトップにはいつも「性格の不一致」という言葉がありますね。

これがまさに、理由はないけど離婚したい夫婦の離婚理由なのです。

その離婚したい気持ちが相手に伝わらない時は、別居を一定期間続ける夫婦もいます。

長く別居している事により「夫婦生活が破綻している」とみなされて離婚できる場合があるのです。

離婚理由はないか? もう一度確認時しましょう

別居生活が長く続くと、離婚理由として認められるとは言っても、別居期間が何年も必要になってきます

その間、別居中の経済的な心配や、女性で再婚してやり直したいと思っている人は、チャンスも逃してしまいそうで色々と不安を抱えている人も少なくありません。

そんな場合は、別居の他に離婚の理由として相手に突きつけられることはないか探してみてはいかがでしょうか。

配偶者との性交渉がずっと無いとか、配偶者がギャンブル好きで生活費をまともに入れてくれないとか、DVで手を挙げられた事がトラウマになったなどという理由でも、離婚が出来る場合があるのです。

何かないか、もう一度理由を探してみてください。

分からないことがあったら専門家に相談しましょう

離婚したいけれど、うまく配偶者を納得させられる理由が思いつかない。

でもどうしても一緒にいるのは辛いのだ。

という人は、別居をするとともに、思い切って離婚に詳しい専門家に相談してみてはいかがでしょうか?

相手は、離婚をたくさん見てきて、離婚理由にも詳しいはずです。

あなたが「こんな事は離婚理由にならないだろう」と思っていた事でも、離婚理由として成立させる方法を知っているかも知れません。

【別居は離婚の理由になる?】 別居する際の注意点

 

他に離婚できる理由がないか探して、他に方法が思いつかず別居する事にしたとします。

その別居時には、気をつけなければいけない事が3つあります。

別居のやり方を間違えると。あなたが損をしたり不利になる事もあるので注意しましょう。

夫婦には同居義務というものがあります

別居が離婚の理由になると言いましたが、これは夫婦の「同居義務」という法律で定められたルールによります。

民法では「夫婦は同居してお互いに助け合わなければいけない」と決められているのです。

もし一方的に別居を続けていると、この同居義務を放棄したとして別居した法に慰謝料請求をされてしまう原因になるのです。

例えば、転勤であったり子供の学校に通わせるためなどのちゃんとした理由があれば、このあたりも多めに見られることもあります。

しかし、相手に説明も出来ないような「なんとなく」という別居理由では、特例としては認められる可能性が、極めて低いです。

親権は同居している親に認められることが多いです

別居して不利になる事として、親権を取りにくくなるということも考えられます。

双方が親権を取りたいという希望を出した場合、民法では「子どもの福祉」を尊重して親権者を選ぶことをすすめます。

子どもの福祉では「それまで過ごしてきた状況を継続できる方が、親権者に向いている」という考え方になります。

良くもならないだろうが、悪くなることもないというスタンスです。

このことから子どもと別居してしまうと親権者が取りにくくなってしまうのです。

生活に苦しかったら婚姻費用の分担を

別居する時の経済的な不安がある人は、婚姻費用の分担を相手に申し立てて見てはどうでしょうか。

例え別居であっても、夫婦の経済状態は平等であるべきという考え方です。

多くは、収入の多い夫から妻側に支払われるお金です。

夫が別居すると出て行ってしまって、収入が全くなくなった・・・という場合は、夫に対してこの婚姻費用の分担を請求できるのです。

離婚の前に別居を考えている人は合わせてこちらも読んでみてください

別居は離婚の理由になる?〜離婚理由としての別居と別居をする際の注意点について〜まとめ

 

特に、これといった理由がなく心が離れてしまった時の離婚の仕方、別居が離婚の理由になるということを見ていただきました。

別居を考えているあなたのお役に立てることはあったでしようか。

離婚というのは、その夫婦ごとの理由というものもあります。

なかなかこれが絶対という理由も無いことも多いです。

思い切って離婚に詳しい専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

自分ひとりでは思いつかないようなアドバイスをもらえるかも知れません。

この記事の作成者

カケコム編集部