不倫して離婚したその後、考えたことありますか?〜離婚だけでは終わらない!〜

不倫して離婚したその後についてあなたは考えたことがありますか。不倫をすることを考えた人はいるかもしれませんが、その後について詳しく調べた人は少ないと思います。そこで、今回は不倫をして離婚をしたその後はいったいどうなるのかを詳しく解説いたします。

目次

不倫して離婚したその後のこと、考えたことある?

 


不倫して離婚したその後のことを、深く考えたことがある人は少ないでしょう。

不倫そのものが悪いことであり、実行をしないことを考える人もいるでしょうし、不倫を実行することで手に入る刺激を予想する人もいるはずです。

しかし、暗い未来が容易に想像できる不倫をして離婚をしたその後の生活をわざわざ考える人は少ないと思います。

しかし、反面教師という言葉もあるように、実際に行った場合どのような状況が待っているのかを知ることが、最大の抑止力になることも多いでしょう。

  • 不倫の離婚率
  • 不倫して離婚したその後どうなるのか
  • 不倫相手との再婚における問題
  • 離婚前に不倫から抜け出す方法

について知りたい人は要チェックです!

【不倫・離婚・その後】不倫の離婚率

不倫による離婚とその後について触れていく前に、不倫の離婚率について詳しく調べていきましょう。

不倫の離婚率

不倫の離婚率は、いろんな会社が行っているアンケート結果によってかなり異なってはいますが、だいたい夫が奥さんに浮気されて別れる確率が60~80%で妻が夫に浮気されて別れる確率が20~40%ぐらいになっております。

ここから見えてくることは、女性が不倫をした場合、高確率で別れることになるということです。

逆に、夫が浮気をした場合は許してもらえる確率が高めになっているということも見えてきますね。

予想以上に、妻が浮気をした際の離婚率が高めだったのは、女性は一度心が離れると戻ってくることは無いというところからきているのかもしれません。

慰謝料を請求される場合

不倫による離婚から必ず慰謝料を請求されるわけではありません。

しかし、裏切られたという気持ちが強ければ強いほど高確率で慰謝料請求を行っているのは間違いないでしょう。

浮気や不倫は今のパートナーを裏切る行為ではありますが、その過程には性格の不一致による家族に冷戦状態といったものもあるかもしれませんし、お互いさまな部分もでてくるかもしれません。

実際に何割の方が慰謝料請求されているというデータは見つからないので推測になってしまいますね。

女性の不倫は許されないの?

先ほどの離婚率を見ると解るように、妻側が浮気をしてしまった場合、高確率で離婚となってしまいます。

その理由について明確なものはありませんが、納得できるものの一つに経済的な事情があると言われているのです。

いわゆる、女性の場合浮気があったとしても旦那の稼ぎが良いので目をつむってもつき合い続けようという思考が働くと言われておりますが、逆に男性の場合感情的に離婚にまで発展しがちと言われております。

【不倫・離婚・その後】「不倫相手との再婚」に待ち受ける問題とは


不倫による離婚のその後を語るには「不倫相手との再婚」に待ち受ける問題を言及する必要がるでしょう。

ぶち当たる壁とは

不倫相手との再婚でぶち当たる壁とは世間の目線や周りの評価といったものでしょう。はっきり言って略奪愛を歓迎する人はほとんどいません。むしろ「家庭を崩壊させた人間」としてあらゆる人から見られるようになります。そんため、あらぬ噂を立てられる可能性もありますし、厄介ごとに巻き込まれてしまうことだってあるでしょう。

はっきり言ってしまうと、いろんな面で人生が生きにくくなります。

それすら乗り越えられるのなら略奪愛もいいのかもしれませんが、普通の結婚よりは辛いことが多いことは把握してください。

払い続ける慰謝料

不倫や浮気から相手の家庭を崩壊させて結婚させた場合でも、自分の家庭を捨てて新たな相手と再婚した場合でも、慰謝料請求を求められる可能性があります。

その場合、高い慰謝料を払い続ける必要性があるのです。

再婚をした結果最初からマイナス数十・数百万円スタートとなってしまうのは正直苦しいですよ。

高い慰謝料を払い続けるのは精神的にも肉体的にも苦しくなります。

不倫をするような相手と結婚をした事実

不倫をするような相手と結婚をした事実はその後になっても消えません。

むしろ、その事実がその後に重くのしかかってくるのです。

つまり、再婚をした結果、相手が不倫をする可能性があるということです。

自分がするような相手と結婚したということはされる可能性もあることを忘れないでください。

不倫をやめるなら今のうち〜離婚の前に不倫から抜け出すには〜


離婚の前に不倫から抜け出すにはどうすればいいのかをお伝えします。

その後の不幸を無くすために不倫は辞めてください。

専門家に相談を

専門家に相談を行いどれほど不幸になるのかを教えてもらうといいでしょう。

あくまでネット上の情報のみだと、その後の情報をいくら提供しても実感がまったくわかないともいます。

ならば、自分の今の状況を正確に伝えてこのままいったらどうなるのかを推測できる離婚問題に強い弁護士に相談してアドバイスをもらうようにしてください。

そうすれば、不倫で離婚をしたその後がどうなるのかを、誰よりも明確にわかりやすく教えてくれるようになります。

彼らは、実際に様々なトラブルを見てきているので慰謝料請求されたらいくらになるのかも教えてくれるでしょう。

相談相手は慎重に選びましょう

不倫を相談できる人ははっきり言って限られます。

家族に話したとしても軽蔑される可能性が非常に高いですし、友達からも信頼度が下がる可能性もあります。

そのため、弁護士といったプロに相談しないのなら、同じように不倫を経験して困難な状況を乗り越えたことがある人に相談するのがベストだと思います。

不倫経験者なら、苦しみを一番理解してくれますしおそらく一般の方々で最も有効な方法を模索してくれますし、親身になって話を聞いてくれます。

不倫のゴールを考えましょう

不倫のその後を考えるのも有効ですし、不倫におけるゴールを考えるのも有効です。

人によってはただ単に刺激が欲しくて不倫をしている人もいるでしょうし、その後の事なんて知ったことではないと考えている人もいるかもしれません。

しかし、本当に未来のことを考えて止めたいと思っている人は、不倫におけるゴールはいったい何なのかを本気で考えてみてください。

おそらく、明るい未来は出ないはずです。

不倫についてもっと知りたい人はこちらの記事もおすすめ!

不倫して離婚したその後、考えたことありますか?〜離婚だけでは終わらない!〜のまとめ


不倫して離婚したその後ははっきり言って不幸が待っています。

人によってはその不幸になると解って行うスリルを楽しんでいる人もいますが、そのような人はすでに手遅れなので救うことはできません。

そうではなく、心の中に良心が残っておりどうにかして抜け出したいと考えている人は、不倫のその後をよく知る弁護士に相談するといいでしょう。

この記事の作成者

カケコム編集部