浮気が原因で離婚できるの?慰謝料はもらえるの?〜浮気が原因の離婚について教えます〜

浮気が原因で離婚することができるのか、慰謝料請求といった行動ができるのか気になるのではないでしょうか。離婚原因として、いつの世も上位にいるのが浮気や不倫といった不貞行為です。今回は浮気が原因の離婚について教えます。

目次

浮気が原因で離婚を考えるとき、覚えておいて欲しいことがあります。 

406c120549adbe4cb3a9de949fbe8c6d_s


浮気が原因で離婚を考えるとき、覚えておいて欲しいことがいくつかあります。

浮気や不倫といった悪意のある行為は不貞行為に該当しているので、離婚をする理由にもなるのですが、慰謝料請求といったものや離婚裁判にまで発展する場合には落とし穴が沢山あるのです。

日本の裁判は証拠主義であり、何事もその理由を示すことができる証拠がないと話が進まないということをまずは覚えておいてください。

それでは、浮気が原因の離婚について詳しく解説します。

浮気が原因の離婚について知りたい人は要チェックです!

【浮気が原因で離婚】民法の離婚理由とは

ad55c1677e0dfac62e7d89ea5ced63b3_s


浮気や不倫といった不貞行為が原因で離婚することが可能なのは、民法の離婚事由からきているのです。

この離婚理由について解説します。

浮気は不貞です

民法第770条第1項第1号に、「配偶者に不貞な行為があったとき」は法定離婚事由に該当しているとして、離婚をすることができます。

浮気や不倫は多くの方が離婚をする原因にあげてますが、不貞行為と認識されてしまうことで民法に背いたという認識になるのです。

つまり、慰謝料請求の対象にできるということも意味しております。

配偶者がいる人が、自由意思で配偶者以外の人と関係を結ぶことで生じるのがこの不貞行為というトラブルなので、離婚をしたいと考えている人が自ら行わないようにしてください。

悪意の遺棄

悪意の遺棄とは正当な理由がない状態で、配偶者の同居を拒んで協力しないような方を意味しております。

わかりやすく言えば、行先を告げずに勝手に出ていって帰ってこないような人が該当すると思ってください。

基本的に家族は協力し合って同じ場所で生活する義務が生じるので、その義務を放棄するのはNGとなるのです。

仮に、喧嘩をして我慢できなくなって飛び出して帰ってこなかった場合も、この悪意の遺棄に該当する可能性があるので気を付けてください。

DVや薬物中毒も理由になる

民法には「婚姻を継続し難い重大な事由」というものがあり、婚姻を継続することができない状態になっている方は、離婚の理由として認められることがあります。

例えば、暴力や虐待があるとか、アルコール中毒や薬物依存症状があってそれが原因で家庭内不和に発展して夫婦仲が破綻している場合も該当するのです。

これは、範囲が広いので、気になる方は詳しく調べてみるといいでしょう。

【浮気が原因で離婚】慰謝料請求できるケース

abcaa21a22612e0acbafe4ba4b6e4c57_s


それでは、浮気が原因で離婚をすることになった人たちが、慰謝料請求ができるケースについて解説します。

精神的な苦痛=慰謝料

慰謝料というのははっきり言うと精神的な苦痛をお金として表現しているものです。

その最大の精神的な苦痛と言える理由は、夫婦関係の破綻に繋がったとか、夫婦関係が悪化したというものになるでしょう。

もちろん、離婚にまで発展した場合は夫婦関係を破綻したと見なされるので、高額な慰謝料になる可能性があります。

しかし、すでに夫婦関係が冷え切っており、破綻していた人は対象外になるので注意してください。

例えば、長い間別居生活をしている人が浮気や不倫をしても、慰謝料請求ができない可能性があります。

証拠ははっきりと残そう

また、日本の裁判は証拠主義のため、不貞行為による離婚にまで発展したとしても、その不貞行為を示す証拠がないと、証拠不十分として慰謝料請求ができなかったり、離婚裁判で訴えを認められない可能性があるのです。

そうならないようにするためにも、浮気をしているかどうかの確認前に証拠を集めてください。

素人では難しい部分もあると思うので、探偵に依頼したり、証拠はどのレベルまで必要なのか弁護士に確認するといいでしょう。

発覚したらすぐに問い詰めるのはNG

浮気が発覚したらすぐに問い詰めたくなると思います。

信頼を裏切ったのですから、なぜそのようなことをしたのかを聞きたくなるのは当然でしょう。

しかし、いきなり問い詰めるのはNGです。

問い詰める前に決定的な証拠を先に確保してください。

許すかどうかは本人次第ですが、慰謝料請求にまで発展した時のことを考えて、証拠が集め終わるまで泳がせましょう。

探偵社フルスピード

【浮気が原因で離婚】浮気相手はどうなっちゃうの?

fb163d75b5ffdff6f50d4e088e6e2aab_s


浮気をした配偶者ももちろん許せないでしょうが、その浮気をさせた浮気相手も許せるものではないでしょう。

浮気相手にも慰謝料請求される場合も

はっきり言ってしまうと、浮気相手にも慰謝料請求をすることが可能です。

浮気や不倫という不貞行為が原因の慰謝料請求は、浮気をしたパートナー・浮気をした相手・両者の3択で慰謝料請求ができますが、浮気をした人を許した場合でも、その浮気相手に慰謝料請求が行く可能性があるのです。

浮気したパートナーと離婚をしないのなら、慰謝料請求をしても財産の移動となるだけで意味がないので、浮気相手がやり玉になってしまうのです。

要するに、不倫を働いたら両方とも悪だと思っていただければわかりやすいでしょう。

既婚者であったと知らなかったと言い逃れできる?

「既婚者であったと知らなかった」と浮気相手に慰謝料請求をした場合に言われることが多いのですが、弁護士事務所の意見を色々と参考にしてみた結果、その意見はおそらく通らないでしょう。

なぜなら「既婚者だと知るきっかけはたくさんあったのだから知ることはできたはず」とみなされるので、例え浮気をしたパートナーが嘘をついて「独身です!」と言われてつき合っていたとしても、浮気相手が慰謝料請求対象になることが多いようです。

請求金額は半額になるのでは?

浮気というのは二人いないとできるものではありませんので、浮気相手が慰謝料請求をされた場合、相手にも原因があるのだから請求額の半額しか払いたくないともめることがありますが、法律上それは認められていないので、この意見は通りません。

このように、慰謝料請求はもめる要素が満載なので、必ず法律のプロである弁護士の力を借りるようにしてください。

離婚の原因についてもっと知りたい人はこちらも合わせてご覧ください!

浮気が原因で離婚できるの?慰謝料はもらえるの?〜浮気が原因の離婚について教えます〜のまとめ

d2165a96feee26e0434e6f88ffdf7d54_s


浮気が原因で離婚できるのか、そしてその原因があれば慰謝料はもらえるのかをまとめてきましたが、慰謝料請求にまで発展してしまうと、基本的にもめますし法律の知識が確実に必要になります。

そのため、本気で慰謝料請求を考えているのなら、男女間トラブルに強い弁護士に相談して、アドバイスをもらうようにしてください。

この記事の作成者

ジコナラ編集部