離婚する原因は人それぞれ!〜様々な離婚原因を知ろう〜

離婚する原因は人それぞれであり、中には突拍子もないものがあって、人々を驚かしているものもあります。しかし、この離婚原因を知ることで自分たちの夫婦生活を守る可能性が上がるかもしれません。そこで、今回は様々な離婚原因について分かりやすく解説していきます。

目次

離婚する原因は人それぞれ

0c54afed47cf81fdb1e95de9c6628c71_s

離婚する原因は人それぞれということは間違いなくほとんどの人が知っていることでしょう。

その原因が何であったとしても、一回心が離れてしまったのでは高確率で離婚をするようになってしまいます。

仮に、離婚をその時にすることが無かったとしても、相手は離婚の準備を人知れずにしっかりと進めることになってしまうでしょう。

そのため、ここではこれから結婚をして幸せな家庭を築きたいと考えている人たちのある意味悪い見本として、様々な離婚をする原因を記載していくとしましょう。

離婚する原因について知りたい人は要チェックです!

離婚する原因で多いもの

5c45186c555e1327906d89864b0b9d04_s


離婚する原因で多いものを性格の不一致以外のものから記載していきましょう。

性格の不一致は圧倒的すぎるので、まとめて後述いたします。

相手の不貞

相手の不貞行為が原因で離婚をする決意をした人はたくさんいます。

今では、男性だろうが女性だろうが不貞行為を働く可能性がある時代なので、信じていた人に裏切られたことに気が付くと、そのまま離婚に直結するようになって、最悪の場合慰謝料請求もされて夫婦生活が終わってしまうのです。

不倫や浮気は間違いなく悪なのに、ちょっとしたことが原因でその行為に至ってしまう方もいるのです。

そのため、「あの人がそんなことをするなんて信じられない」という意見を持つ人も増えつつあると言われております。

浪費癖がある

浪費癖ははっきり言ってその人の悪い点と言えるでしょう。

そのため、浪費癖があることを自覚している人は、恋愛中は隠していることもあるのです。

その結果、結婚をした後に浪費癖があることに気が付き、非常に苦労をする羽目になって、我慢できずに離婚をするという方もかなりいます。

浪費癖によって生活費を一切渡さないという方もいるので、はっきり言って非常に迷惑な現象ともいえるでしょう。

精神的か肉体的な暴力がある

精神的か肉体的な暴力というのは、いわゆるDVやモラハラだと思っていただければよいでしょう。

もともと、この肉体的な暴力というのは夫が妻に行うことが圧倒的に多く、モラハラは妻から夫にされることが多かったのですが、近代日本ではこのバランスが変わり始めており、妻が夫の暴力を行うことも増え、夫が妻にモラハラをすることも増えていると言われております。

離婚原因で多い「性格の不一致」とは?〜これ全部性格の不一致〜

5dca5b843e123d98091d687d67752d9c_s


離婚原因で多い「性格の不一致」ですが、この性格の不一致とはいったいどこからどこまでが該当するものなのでしょうか。

性生活のすれ違い

性生活のすれ違いというのも、価値観の違いや性格の不一致に該当します。いわゆる、毎日愛を確かめたいという人と、そのようなことをするぐらいなら眠りたいという人の差ともいえるでしょう。

他には、子供がいるかいらないかもこの性生活のすれ違いに繋がってきます。

このようなすれ違いから、価値観の相違を感じるようになってしまって、離婚に繋がることもあるのです。

この場合の離婚原因は「性格の不一致による性生活の認識のずれが発生したから」といったものとなるでしょう。

金銭感覚のズレ

金銭感覚のズレは浪費癖に近いものもありますが、浪費癖が無かったとしても金銭感覚のズレから離婚をする決意をしたという人も少なくありません。

例えば、ひたすら貯金をするのが趣味の人と、多少お金が入ったのなら少しはぜいたくをしたいと考える人では、絶対に給料日に揉めますよね。

いわゆる、「活力を得るためにはたまには贅沢をしたい」という考えと「何があるのか分からないのだから、溜められるうちは溜める」という意見のぶつかり合いになります。

日常生活における些細な事柄

日常生活におけるほんの些細な事柄でも構いません。

例えば、服のたたみ方とか洗濯をする順番とか、アイロンのかけ方とかお風呂の入り方といったものでもいいでしょう。

これらは、育った家庭によってやり方が異なることがあり、そのことから些細なずれを感じることがあります。

そこから、「この人と自分は違う」と考えるようになって、溝が深くなり離婚する原因になってしまうこともあるのです。

最近増える意外な離婚原因

8e8b850a45609dadf208721e2a550406_s


最近増える意外な離婚原因というものもあります。

ずっと前なら考えられなかったこともありますし、意味が理解できないものもあるでしょう。

セックスレス

セックスレスを求める人が現代日本になってから急激に増えたと言われております。

その最大の理由は子供を持ちたくないからでしょう。

今の日本社会における若人は政府を全面的に信用している人はほとんどいません。

むしろこれからの日本に対して悲観的な人のほうが多いのではないでしょうか。

そのため、子供を作ったとしても間違いなく苦労を背負うことが目に見えているので、子供を欲しくないと考えている人も多いのです。

そのことから、子供が欲しい人と欲しくない人との間で喧嘩となり、離婚をする原因となってしまいます。

セックスレスはこれからも増え続けるでしょう。

義理の親との同居に反対

義理の親との同居に反対して、離婚をする人もかなりいます。長男と結婚をした人は、その長男の両親と将来的に暮らす可能性が高いのですが、それにひたすら反対してしまって、最終的に離婚に繋がるというパターンです。

これには、その義理の両親と今のパートナーが相性最悪で、会うたびに喧嘩をするほど仲が最悪というケースもありました。

この離婚原因も増え続ける可能性があるでしょう。

理由なし

これは離婚に関する調査結果で離婚理由を探すとちらほらと出てくる理由で、離婚をした原因に「特になし」と記載するものがあるのです。

はっきり言って意味不明ですが、本当に離婚理由は無いけれど離婚をしたという意見がそこそこあるのです。

人によっては稀に「ものすごく離婚をしたい症候群」に襲われるという話もあります。

離婚の理由についてもっと知りたい人はこちらも合わせてご覧ください!

離婚する原因は人それぞれ!〜様々な離婚原因を知ろう〜のまとめ

23cd3704f0ea3e201ac44dd476fdd453_s


離婚する原因は人それぞれで、中には全く同意ができないものもあったのではないでしょうか。

意味不明かつ原因も理解できない離婚理由で離婚を迫られた場合、離婚問題に強い弁護士に相談して、どのような態度を取ったらいいのか教えてもらうといいでしょう。

この記事の作成者

ジコナラ編集部