JASRAC、音楽教室からも著作権料徴収?

日本音楽著作権協会JASRACはヤマハなどが手がける音楽教室で演奏される曲からも著作権料を徴収する方針を固めました。これに対して教室側は反発しており、訴訟などに発展する恐れもあるということです。

目次

JASRAC、音楽教室からも著作権料徴収する方針固める

日本音楽著作権協会JASRACは大手ヤマハなどが手がける音楽教室で演奏される曲からも著作権料を徴収する方針を固めました。徴収額は年間10億とも20億とも言われており、著作権料を年間受講料収入の2.5%とする案を検討しています。
 
これに対し教室側は反発していて訴訟にまで発展する可能性もあるとのことです。

そもそもJASRACとは?どうやって著作権料を徴収してるの?

まず、そもそも日本音楽著作権協会「JASRAC」とはどういうところなのでしょうか?

音楽は毎日どこかしらで流れていますよね。お店のBGMやアーティストのライブ、ラジオやテレビでの使用など、本当にたくさんの場面で音楽というものは使われています。それの一つ一つを音楽家自身がきちんと把握し、使用料を徴収しようとしたら莫大な労力がかかってしまいます。

ですから、音楽の著作権に関してはいくつかの団体が集中管理をした方が効率がいいですよね。そのため、音楽著作権を集中管理する団体が世界的に発展してきました。日本におけるそれが「JASRAC」というわけです。

ではどのように管理しているかというと、作曲者が著作権を一旦JASRACに譲渡し、委託管理という形で著作権を管理しているのです。
つまり、一時的に著作権者は作曲者ではなくJASRACということになります。これが基本的なJASRACの管理方法です。

それでは今回のような、音楽教室で演奏される曲に対して著作権料を徴収する、とは一体どういうことなのでしょうか?

著作権の中には演奏権というものがあります。

著作者は、その著作物を、公衆に直接見せ又は聞かせることを目的として上演し、又は演奏する権利を専有する。(著作権法第22条)

JASRACはこの規定を根拠に応用し、あらゆる場面で演奏される音楽著作物に対し著作権料を徴収してきたのです。

それでは音楽教室の場合何が問題になるのでしょうか?

それは演奏を聞かせる対象です。

音楽教室で曲が演奏されるシーンでまず思い浮かぶのは「先生が生徒に向けてお手本の演奏をする」というケースが考えられます。
このとき、生徒は、著作権法第22条に言う公衆に当たるのでしょうか?

公衆とは著作権法上では、不特定の人または大勢の人たちであると考えられています。また、結婚式の参加者のように特定多数も公衆に含まれる次のような規定もあります。

この法律にいう公衆には、特定かつ多数のものを含めるとする    (著作権法第2条5項)

JASRACは音楽教室の生徒もこのような不特定な公衆に当たると考えているようです。

ですがこのような問題は慎重に法律を考え、判断していくべきだと思います。早すぎる判断は本来の著作権法の趣旨である文化の発展を阻害する可能性もあるのです。

いかがでしたか?音楽はとても身近にあり、みんなが関心を持つ「財産」です。慎重に議論を進めてもらいたいですね。

この記事の作成者

ジコナラ編集部