国際離婚の理由12選〜国際結婚したカップルの7割は離婚する?〜

国際離婚という言葉を聞いたことがあるでしょうか?現代では飛行機も発達し格安航空も大量に出てきたので海外にも簡単に行けるようになり外国の方もたくさん来られるようになったので、国際結婚も増えました。しかし、国際結婚をした人の離婚確率は比較的高いのが現状です。そこで、今回は国際離婚の理由を12個紹介します。

目次

国際離婚の12の理由

e5c67b94c07c9845d526313926709076_s


国際離婚が多い理由として有名なものを12個ほど紹介します。この中には理由として知っているものもあるでしょうが、知らないものも多いのではないでしょうか。

文化の壁が越えられない

国際結婚で立ちふさがるのが文化の壁です。

日本人なら当たり前のことはもちろん相手には通じないですし、相手にとって当たり前のことはこちらか見ると意味不明なものだってあるでしょう。

このような文化的な壁を乗り越えることができず、人生観の相違を理解することができないため、国際離婚の理由となってしまうのです。

お金の価値観が違いすぎる

日本人と外国の人ではお金に関しての考え方が全然違うことがあります。

例えば、外国の人だと家族以外に親族を養うのは当たり前という考え方を持っている人も多く、稼いだお金をほとんど母国に送金してしまうことがあるのです。

このようなお金に関しての考え方の違いから国際離婚の理由となってしまうのでしょう。

性欲のトラブル

日本人の場合セックスレスというのも珍しくないのですが、外国の方は平均的な日本人よりも性欲が強い場合もあるので、そのことからトラブルに発展して国際離婚の理由となることがあります。

ちょっと放置気味になることで、浮気を疑われるようになり苦労をしたという体験談もありました。

相手の実家に行けない

愛し合う二人の関係は国際結婚であれ素晴らしいものとなりますが、結婚をした場合は人によってはその結婚した相手の国についていく必要性が出ることもあります。

その時に、ちょっとした転勤ならまだしも、永住する勇気が持てずに国際離婚の理由となってしまうこともあるようです。

田舎に帰る=国外になるのがしんどいのでしょうか。

相手の母国語を覚えられない

ヨーロッパに在住の方が日本に来ている場合、母国語以外に英語を使える人が本当にたくさんいます。

逆に、日本の場合は英語以外の外国語を話せる人は少ないです。

そのため、結婚した人とは英語で付き合っているけど、その人の母国語を覚える必要性がでてチャレンジしたが、なかなか覚えられずに、相手の実家に行けず、国際離婚の理由となってしまうことがあります。

帰省費用がきつい

国際結婚をした場合、相手方の家に向かう必要があるのですが、その家というのは簡単にうかがえる場所ではありません。

いくら飛行機代が安くなったとしても、国外に行く費用は往復だとかなりの額になります。

そのため、頻繁に行き来する人は帰省費用がネックになってしまうのです。そこから金銭トラブルに発展して国際離婚の理由となることがあるのです。

肉体的暴力がきつい

いわゆるDVといった暴力トラブルですが、これは国際結婚であったとしても問題視されており、離婚理由としても上位となっておりました。

特に、夫側から妻の暴力がきついという報告が多く、まさに国際結婚における問題だと思われます。

海外の女性はやはり今の日本女性よりも強いので、離婚理由となってしまうこともあるのでしょう。

精神的暴力がきつい

これも日本における離婚理由として上位にあるものですが、国際結婚における離婚理由でも上位になっているものなのです。

精神的暴力がきついとかモラハラがひどいというのは、やはり日本だけではなく世界中で問題となっているものなのでしょう。

言葉の暴力は本当に厄介な問題なので、簡単に解決できるものではありません。

食生活トラブルがきつい

文化の違いは日常生活における様々な差異からも感じ取れるものですが、それ以外にも食生活においても良く発生するのです。

国によって料理は異なるもので、味覚も大きく異なります。

結果、毎回辛いものが求められすぎて日本人では耐えられなくなってしまったり、ひたすらコース料理を求められてついていけなくなって国際離婚の理由となっているところもあります。

子供の教育はもめることが多い

国際離婚の理由として、よく浮上するのがお子さんの教育トラブルです。これは国によって教育システムが違い考え方も異なるので、子供の教育方針に関する意見はかなりの確率で対立すると言われております。そのため、意見がまとまらずに国際離婚の理由となってしまうこともあるのです。

金銭感覚があわなすぎる

文化の違いや国民性の違いが大きいのでしょうが、海外の人は非常におおらかな人もいます。

そのおおらかな部分はあらゆるところで発揮されるので、仕事を辞めてしまったとしても「大丈夫大丈夫!」とかわされてしまうこともあるそうです。

その結果、金銭面にだらしなさすぎると感じてしまい、国際離婚の理由となってしまうことがあります。

性格の不一致は万国共通

日本人同士の離婚理由でも他の理由と比べて圧倒的に1位となっているのがこの性格の不一致です。

これが、国際離婚の場合は際立ちます。

いわゆる、本当に性格的な部分で納得できない状態に文化の壁や国民性がプラスされるので、耐えられなくなるのでしょう。

そのことから、国際離婚の理由となってしまうことが多いようです。

離婚の理由についてもっと知りたい方はこちらも合わせて読んでみてください!

国際離婚の理由12選〜国際結婚したカップルの7割は離婚する?〜のまとめ

c6098bc86b3aacd5ffbb68fb573775d0_s


国際離婚は通常の結婚と比べると圧倒的に可能性が高く、長く続けられる人が希少とすら言われるようになってしまいました。

国民性や文化の壁といったものがどうしても追加されてしまうので、日本人同士の結婚よりも難しい面が多いのでしょう。

そのため、国際離婚に強い弁護士に相談して離婚をする場合にどのような手順をふめばよいのかを教えてもらいましょう。

この記事の作成者

ジコナラ編集部