【離婚したい】結婚生活は夢見たものではなかった!〜 結婚・離婚を繰り返す人の特徴とは〜

結婚したけど離婚したい、、結婚とはお互いの事を愛した結果するものであり、その先にある幸せを手にしたいから行うものではないでしょうか。しかし、その結婚生活が夢見た結婚生活ではなく、想定外の事ばかりだと、離婚したいと考えるようになります。そこで今回は結婚したけど離婚したいと思ってしまう人の特徴や理由を紹介します。

目次

【離婚したい】結婚生活は夢見たものではなかった!と思ったら

夢見た結婚生活というのはおそらく希望にあふれており、どのような未来なのかを想像するだけでも非常に楽しいものではないでしょうか。
 

しかし、それはしょせん夢であり現実という壁に激突することでぶち壊されてしまうことがあります。その結果、せっかく結婚したけどすぐに離婚したいと思ってしまうことだってあるでしょう。

現実を直視し続けるのは辛いことだと思いますが、その部分をおろそかにしすぎる人は理想に生き過ぎた人間として、離婚をする傾向にあるのは事実です。今回は、結婚してすぐ離婚したいと思ってしまう人について紹介していきます。

  • 離婚を考えてる人
  • 周りの結婚事情が知りたい人

は要チェックです!

【離婚したい】結婚生活で理想と違ったこと5選


結婚生活に絶望してしまって、理想と違うと感じ、離婚をしたいと感じた瞬間についてご紹介します。

【離婚したい】結婚生活で理想と違ったこと① 愛を感じない!?

離婚したい原因としても最大級の理由ではありませんが、最大級の理由を引き起こす原因として多いのがこの愛を感じなくなるとか、親密さが薄れていくといったものです。

そこから、お互いの関係に溝を感じてしまい、ちょっとしたことでイライラすると感じる性格の不一致や価値観の違いに繋がり、最悪の場合は不倫のような不貞行為に繋がるのです。

【離婚したい】結婚生活で理想と違ったこと② 家事が予想以上にきつい・・・

1人分の家事でも辛いのに、それが二人分になり、そこにさらにパートナーの両親や親族、子供が加わると家事の量が倍以上になってしまい、負担が急増します。

これが予想以上となってしまい、結婚しても離婚したいと考えるようになってしまうのです。ここで、パートナーが家事を手伝ってくれないタイプだと結婚の時の気持ちも薄れます。

【離婚したい】結婚生活で理想と違ったこと③ 経済的な苦労が減らない

結婚した理由に恋愛感情は間違いなくあるでしょうが、それ以外にも経済的な面から同棲や結婚を考えている方もいるはずです。

しかし、片方が倹約化で片方が浪費家の場合は経済的に楽にならずに悪化することだってあります。そのことから、結婚したけど離婚したいと考えることもあるでしょう。

【離婚したい】結婚生活で理想と違ったこと④ パートナーの親族と合わない

地味にきついのがパートナーと相性は抜群で夫婦生活も理想的に過ごせているのに、その親族の方々と相性が最悪のケースです。

挨拶といった短い付き合いでは相性が最悪かどうかは見抜くことができずに、長い付き合いとなる最中において自分と合わないと気が付き、色々と支障が出るようになって、離婚したいと考えるようになります。

【離婚したい】結婚生活で理想と違ったこと⑤ 自分の時間が思った以上にとれない

夫婦共同生活することによって起きる弊害というものもある程度は予想しているでしょうが、多忙すぎることで自分の時間が全く取れなくなってしまい、そのことでストレスを強く感じる人もいます。

いわゆる、趣味によってストレス発散をしていた人にとっては大きなマイナスとなり、結婚をしても離婚をしたいと考えるようになります。

離婚したい理由ランキング


それでは具体的に離婚したい理由のランキング上位にあるものについて解説いたします。

離婚したい理由① 性格の不一致

ほとんどの方がこの性格の不一致が原因で離婚をします。決定的な理由が生活費を渡さないとか不貞行為というものであったとしても、それらの行動を起こしてしまった原因がこの性格の不一致からきていることが多いのです。

例えば、不仲になってしまって家が安寧の場所ではなくなってしまった場合は、外に助けを求めるようになり、相性が良かった人とともにいることが幸せに繋がってしまうというパターンです。

こうなると、家にいるよりも他の人と一緒にいる方が幸せに感じるようになるので、不倫や浮気に繋がっていくことになり、離婚をしたいと考えるようになります。

離婚したい理由② 精神的か肉体的な暴力

モラハラやDVと考えていただければわかるでしょうか。基本的に女性側は肉体的な暴力が原因で離婚をしたいと考えることが多く、男性側は精神的な暴力によって離婚をしたいと考えることが多いのです。

しかし、昨今の日本人の立ち位置は昔と違って、男性が強者で女性が弱者というのは決まっておらず、むしろ男性が肉体的にも経済的にも弱者となっている場面があり、肉体的にも圧迫されることが増えてきつつあります。

離婚したい理由③ 不倫や浮気

不倫や浮気に至る理由は人それぞれですが、今では女性の方々でも不倫をする人がかなり増えており、おそらく離婚理由としても性格の不一致と並んで当分は上位にいるでしょう。

そのため、不倫や浮気による離婚裁判とか慰謝料請求といった事態も増えていくことになると思います。結婚をして浮気をされると、離婚をしたいと考えるのは自然なことでしょう。

【離婚したい】結婚・離婚を繰り返す人の特徴とは?

それでは、結婚・離婚を繰り返す人の特徴をいくつか紹介します。

すべての人たちに当てはまるわけではありませんが、その兆候があるのなら危険信号です。

【離婚したい】結婚・離婚を繰り返す人の特徴① 気持ちがコロコロ変わる人

気持ちがコロコロ変わる人ははっきり言って付き合い難い人となります。

昨日までとある行動に前向きで積極的に立案していた立場の人が、急にその行動に対して反対をしだしてしまった場合はほとんどの方から顰蹙を買ってしまうでしょう。

このタイプの方は、本人が無自覚なことがあり、周りの人たちをどれだけ振り回しているのか気が付かないことがあるのです。

そのため、他の方々から「あなたは気がコロコロ変わり過ぎ」とか「人を振り回しすぎ」と指摘されないと解りません。ここで理解してくれるなら良いのですが、人によっては指摘されたことに対して怒ってしまい、話が通じないこともあるでしょう。このような人と結婚をすると離婚をしたいと言いたくなってしまうのです。

【離婚したい】結婚・離婚を繰り返す人の特徴② お互いが完全に自立している

お互いがある程度自立しているのなら、何かあった時にトラブル対応はかなり楽になります。しかしお互いが完全に自立している状態で結婚をしてしまうと、夫婦である意味があまりなくなってきます。

そのため、些細なことでも一緒にいる意味がないと感じると、片方が「結婚したけど離婚したい」と問いかけて「解ったから離婚しよう」と即決されてしまうことがあるのです。

また精神的なものだけではなく、経済的にお互いが自立していることも大きな離婚の要因になります。離婚後に相手の援助に頼らずとも仕事があり、生活費を十分に稼ぐことができることは容易に離婚を考える理由になるのでしょう。

足りないところだらけの結婚も問題ですが、両方とも自立できるタイプでも結婚生活が長引かないようです。

【離婚したい】結婚・離婚を繰り返す人の特徴③ 夢見がちな人

結婚生活が長引く人の特徴の一つに、現実主義者というものがあります。リアリストという表現もされておりますが、このようなタイプの方々はあらゆる困難を想定しており、訪れる不幸における対処能力が非常に高いのです。

逆に夢見がちな人はその夢が外れて、予想外なことが起きると対応できなくなり、離婚したいと思ってしまうのです。

離婚する特徴について知りたい人はこちらも読んで見てください!

【離婚したい】結婚生活は夢見たものではなかった!〜 結婚・離婚を繰り返す人の特徴とは〜のまとめ


結婚生活を長引かせるためにはお互いの相性というものもありますが、夢見がち過ぎるような人や結婚がゴールでありその後のことは無頓着な人はどうしても長引かせることは困難になってしまいます。

しかし、離婚をしたいと考えていてもすぐにできるものではありません。

離婚トラブルと鋳物も数多く存在するのです。そのようなトラブルを発生させないためにも、本気で離婚を考えているのならぜひ一度離婚問題に強い弁護士に相談してアドバイスをもらうようにしてください。

弁護士に相談する

この記事の作成者

ジコナラ編集部