離婚に必要な書類〜離婚届以外に必要な書類と離婚書類にまつわるトラブルについて〜

 離婚届といった書類と離婚書類にまつわるトラブル対策できてますか?離婚を決意して話し合いを結果、お互いが納得したのなら離婚届を手に入れて記載するようになるのですが、離婚届以外に必要な書類については知らない人も多いでしょう。

目次

離婚にはどんな書類が必要?

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s


離婚をする時に離婚届が必要ということは、おそらく離婚を考えたことが無い人でも知っているのではないでしょうか。

それほど離婚届という言葉は広まっているので、当たり前の書類として扱われていると言えるでしょう。しかし、離婚届以外に何が必要かと言われると、疑問符がついてしまうようになってしまいます。

  • 離婚届はダウンロードしたものも使えるの?
  • 離婚の種類別に必要な書類が知りたい
  • 離婚届にまつわるトラブルってどんなもの?

という人は要チェックです!

【離婚に必要な書類】「離婚届」ダウンロードも可能? 

6df9469465df0ce4267898f905351e8c_s


今ではデータの電子化が非常に進んでおり、役所が取り扱う書類関係もダウンロードで入手することも可能となりました。

離婚届のもらえる場所 

離婚届は、各市区町村の戸籍を扱う窓口で尋ねることでもらえることもありますし、場所によっては窓口カウンターに無造作に置いてあるので無言で持って行っても問題ないでしょう。

さらに言えば、データが電子化されている時もありインターネット上からダウンロードすることだってできます。

また、離婚届は各市区町村によって見た目や形式がちょっと異なっていることがありますが、書いて届けることができれば問題は無いようです。

ただし、インターネット上でダウンロードしたものは役所によっては受け付けしないところもあるので、事前に確認してください。

提出期間

基本的に協議離婚の場合に記載する離婚届は提出期限や期間というものはありません。

ただし、古すぎるものを使った場合は使えなくなる可能性もあるので、作成するときは提出する時と考えておいたほうがいいでしょう。

ただし、調停離婚や離婚裁判において離婚届の提出を命じられた場合は調停や判決が成立してから10日以内に提出する必要があるので、覚えておいたほうがいいでしょう。

離婚届を書く際の注意点

離婚届を書くときの注意点は間違えた時の対応でしょう。

重要な書類を記載することになれている人なら当たり前のことなのでしょうが、ミスをしたら必ず訂正印を使うようにしてください。修正液を使うのは絶対にNGとなります。

また、消せるボールペンで書く人もいますが、あれは熱で薄くなっていってしまうので離婚届のような重要書類に使ってはいけません。

【離婚届以外で必要な書類】離婚の種類で必要な書類が違う?

34e776df81dcfe99c4d15d063f9e63b9_s


離婚の種類で必要な書類が違うのかどうかを今度は考えていきましょう。

離婚は何も協議離婚だけではありません。

調停離婚の際に必要な書類

協議離婚を失敗してしまって調停離婚に進んだ際に必要な書類について説明します。

まず、調停離婚に必要になるのは本籍が住んでいる市区町村役所以外なら戸籍謄本と、申立人の印鑑と、調停成立後に取得可能となる調停調書の謄本になります。

また、調停離婚が成立した場合は離婚届とこれらの書類をセットで10日以内に届ける必要があるので、絶対に期限を過ぎないようにしましょう。

期限を過ぎてしまうと罰金対象となるので、夫婦間トラブルの要因となってしまいます。

10日以内に書類を集めて必ず届けるようにしてください。

裁判離婚の際に必要な書類

調停離婚も成立せずに裁判離婚にまでもつれてしまった場合に必要な書類は、本籍が住んでいる市区町村以外にある場合の戸籍謄本や申立人の印鑑、調停後に取得可能な調停調書の謄本や判決確定後に裁判所へ申請するともらえる判決確定証明書となっております。

つまり先ほどの調停離婚時に必要な書類に判決確定証明書が追加されるということです。

また、こちらの場合も離婚が成立してから10日以内に書類一式を提出する必要があるので、注意してください。

身分証明書は持参すること

離婚届を提出する際には、身分証明をする必要性が出ることもあるので、必ず運転免許証やパスポートといった本人確認ができるものを用意していくようにしてください。

提出しに行くときに、本人確認ができずに戻ってしまっては時間がもったいないので気を付けましょう。

【離婚書類にまつわるトラブル】ありがちなことだからこそ、しっかりと確認を

11a411689b8c97416f79975ffec40e5f_s


離婚書類にまつわるありがちなトラブルをいくつか紹介します。必ず提出する前に確認をしてください。

離婚届を勝手に出された?〜心配だったら不受理申請しておこう〜

離婚届はその気になれば片一方の人の手を借りずに一方的に作成することができます。

筆跡鑑定といったものは無いので、書類に不備が無ければ偽装をしても受理する可能性があるのです。

もちろんこれは犯罪なのですが、受理されたら大問題です。

受理されてしまった場合は離婚を無効にする手続きをする必要があるので非常に手間がかかります。

もし、離婚をしようとしている相手に不審な動きがあるのなら離婚届の不受理申出を先に出しておくといいでしょう。

これを提出していれば、役所でも離婚届を受け付けないようになるので、勝手な行動をされなくてすみます。

親権の欄が空欄に!〜親権者を決めないと離婚できません〜

離婚届は養育費や財産分与といったものを記載する必要が無いので、本籍といった情報さえそろっていればすぐに記入することができます。

しかし、必ずこの離婚届を作成するときに決めておかなければいけないことがあります。それは親権です。

子供がいるのなら、どちらが親権を持つのかを離婚届を作成する前に必ず決める必要があり、権者を決めないと離婚することができないのです。

この親権問題はよく揉めるので、じっくり話し合ってください。

証人が必要!?〜離婚証人とは〜

離婚届けには必ず二人の証人を用意する必要があります。この証人は署名と捺印が必要ですが、20歳以上ならだれでも可能なので他人であっても構いません。

これはあくまで「当事者が離婚をすることをこの人たちは知っている」という証拠のようなものなので、リスクは無いのです。

ただし、当事者がなりすまして署名捺印をするのはNGなので覚えておきましょう。

離婚の書類についてもっと知りたい人こちらの記事もおすすめ!

離婚に必要な書類〜離婚届以外に必要な書類と離婚書類にまつわるトラブルについて〜のまとめ

a2d05209f8c20ef085689b10748f2350_s


離婚には様々な書類を用意する必要がありますが、中には必須ではない書類だけど、必ず作成した方が良い離婚協議書といったものもあるのです。

これらの書類を作成したことがある人は少なく、友達に相談できるものではないので、必ず離婚問題に強い弁護士に相談してこれらの書類の書き方や提出方法を教えてもらうようにしましょう。

離婚届を提出した後では離婚協議書を作れないことも多いので、必ず作成前に相談してください。

この記事の作成者

ジコナラ編集部