離婚後の名字ってどうなる? 離婚後に名字を変えないためにすることは? 子どもの名字は?

離婚後の名字はどうなるのでしょうか?離婚後の名字については、結婚時に変更した名字を元に戻すことも元に戻さないことも認められています。離婚後の名字の変更の手続きや子供の名字を変更したい場合の手続きを見ていきましょう。

目次

離婚後の名字ってどうなるの?

このため、法律上、結婚によって名字を変えた夫婦の一方は、離婚時に婚姻時の名字のままでいるという選択肢ができるようになっているのです(民法767条2項)。

ただし、元の名字に戻る事が基本なので、何もしなければ離婚後は旧姓に戻ります(民法767条1項)ので、旧姓に戻したくない場合は以下に説明する簡単な手続きが必要です。

最近は女性でも仕事を持っている人が多く、取引先の人にまで名前が変わった事を全て連絡して浸透させる事は難しいこと、離婚したことを公表したくないことなどから、この制度が利用される場合は増えてきています。

離婚後も名字を変えたくない場合はどうする?

プリント
 


離婚後の名字を変えない場合はどうするのか見ていきましょう。

離婚届と同時に手続きする

まず、一番簡単な手続き方法は離婚届と同時に離婚の際に称していた氏を称する届け出を提出することです。

自分の名字を変えたくないという気持ちがしっかり固まっていれば、この方法がおすすめです。

離婚届は配偶者や代理人が提出したため別の日になってしまうときでも、離婚の日から3ヶ月以内なら市区町村役場で変更することが可能です。

自分の戸籍を作る場合には役所で名字を変更するか変更しないか聞いてくれます。

聞かれなくても、自分で変更したいと言えば用紙を出してもらえ、書き方も教えてもらえるでしょう。

もし3ヶ月を過ぎてしまったら?

離婚時に名字を旧姓に戻したけれど、実際に生活してみたら名字が変わる事が自分にとって不都合が多かったと気づく場合もあります。

そんな時は、3ヶ月以内であれば市区町村役場で「離婚の際に称していた氏を称する届け出」を提出することで結婚時の苗字を再び使う事ができます。

しかし、3ヶ月を過ぎてしまった場合は、家庭裁判所に名字の変更を申し立てて許可されなければ変更することができません。

必ず許可されるとは限らないので、離婚後3ヶ月以内に名字を変えるか変えないか決めるようにしましょう。

離婚後の子どもの名字はどうなる?

cb6a278898644db2dd9ff1b77bd30be9_s
 

母親の名字はこのように決めることができるとわかりました。

それでは、母親が親権者となった場合の子供の名字はどのようになるのか見ていきます。

戸籍に入れるには同じ名字である事が必要

母親が親権者として育てるには、同じ戸籍に子供がいる方が後々の手続きをするのが楽になることがあります。

ほとんどの親が自分と同じ戸籍に子供を入れたいと望むでしょう。

法律上、親が離婚しても、子供の名字は自動的に変更されるわけではないので、子供の戸籍を自分のところに移すには、まず子供の名字を変更する必要があります

戸籍法上、同じ戸籍に入るには筆頭者と同じ名字である必要があるというルールがあるからです。

このことから、戸籍謄本には名字を書く欄がひとつしか用意されていないのです。

父親の姓を名乗りたいなら成人後に変更できる

離婚した子供の名字は、ほぼ親の都合だけで変更される事になります。

子供によっては、母親の名字よりも父親の名字を名乗りたいという場合もあるでしょう。

このような離婚により名字変更された子供に対しては、成人後1年以内に限り本人の意志で名字の変更ができるようになっています(民法791条4項)。

もし、名字を変更された事に納得できないでいた場合、この制度を利用して父親の名字に戻す事もできますので、子供に教えておくと良いでしょう。 

離婚後の名字の手続きについて

01a5e0351035d0762d2cd82b71ff61f7_s
 

離婚後に行う名字の変更に関する書類をここまで3種類ご紹介してきました。

次に、それぞれの手続についてより詳しくご紹介していきます。

離婚の際に称していた氏を称する届け出

離婚の際に称していた氏を称する届は、離婚届と同時に出すのが一番スムーズに手続きが終わるでしょう。

一度離婚届けを提出して名字が旧姓に戻った後に、さらに婚姻時の名字の使用を届け出るという場合、役所に登録されるタイムラグが必要になってくるため数日必要になってきます。

また、手続きを2回行うことにもなります。

手続きを簡便に済ますためには、離婚届と同時にこの手続を行うことをおすすめします。

子供の氏の変更許可申立書

子供を母親が引き取る場合で、母親が旧姓に戻った場合は、子供の名字を変更する必要があるというお話をしましたね。

この時に、しなければいけない手続きがこの「子の氏の変更許可申立書」になります。

届け出る先はこちらは家庭裁判所になります。

必要な書類として、母親の戸籍謄本、子供の戸籍謄本、父親の戸籍謄本となります。

家庭裁判所で子の氏の変更を許可してもらってから市区町村役場で子の名字を変更すると共に、戸籍を移動する手続きをすることになります。

入籍届

子の氏の変更許可が認められた場合には、親子は同一の氏になるので、入籍届を提出することで、子供を自分の戸籍に移す手続きが完了することになります。

 

離婚後の名字について知りたい人はこちらの記事も合わせてご覧ください

離婚後の名字ってどうなるの?名字を変えないためにすることは?子どもの名字は?のまとめ

b965cfb6415ff6a5190c61baf9204da8_s

離婚後の母親と子供の名字の変更についてご説明してきました。

結婚のときは多くは女性が男性側の名字になるだけでしたが、離婚になると選択肢や手続きがたくさん増えることがおわかりいただけたでしょう。

再婚をしない人にとっては、これから一生使っていくことになる大切な名字です。

しっかり選んで、これからの人生の再スタートをスムーズに行っていきたいものですね。

子供の名字の変更は複雑で一度では理解できない人も多いのではないでしょうか。

わからない事があれば法律事務所に相談すると良いでしょう。

弁護士に相談する

この記事の作成者

ジコナラ編集部