離婚したら子どもの戸籍はどうする?離婚後に子どもの戸籍を自分の戸籍に移す方法

離婚後の子供の戸籍について考えたことありますか?子供がいる夫婦が離婚した場合、離婚後の子供の親権を取るのは母親側が多いというのは遺命な話ですね。しかし、母親と言えば離婚後には姓が変わったり新しい戸籍を作ったりと変わる事がたくさんあります。離婚後に母親の戸籍に子供を移動させるにはどうしたらいいのでしょうか。

目次

離婚したら子どもの戸籍はどうする?

lisa141018447320_tp_v
 

離婚後の母親の戸籍に子どもを移動する前に、離婚後の子供の戸籍というのがどのようになっているか知っている人が少ないのではないでしょうか。

実は夫婦が離婚した場合に変更になるのは離婚した当事者のみです。

子供は親権者が誰であるかに関わらず、戸籍上は何も変わらず婚姻時の父親の戸籍に、父親の姓のままでありつづけるのです。

母親が子供を引き取り、自分の戸籍に移そうとしたら、それなりに大変な手続きを取る必要が出てくるのです。

今日はそのお話をしていきたいと思います。

  • 子供がいて、離婚を考えている人
  • 実際に子供の戸籍を移そうとしたい人
  • 離婚後の親権・戸籍について知りたい人   

は要チェックです!

離婚すると親の氏はどうなる?

yuka150701098458_tp_v
 

離婚後の子供の戸籍を見て行く前に、移動させる方の親の戸籍について知っておく必要があります。

ここでは、離婚後の子供を戸籍に入れる側(母親側)の戸籍と姓について見ていきいたいと思います。

婚姻により氏を改めた方は強制的に結婚前の氏に戻る!!

最近は、色々な婚姻の方法がありますが、まだまだ結婚すると女性が男性側の姓を名乗り、男性の戸籍に入る事が一般的です。

このように結婚によって氏が変更になった女性が離婚すると、離婚届が出されると同時にその人の氏は強制的に旧姓に戻されます。

戸籍は……と言うと、実父母の戸籍に入るか、自分で作るか選ぶ事が出来ます。ほとんどの人が新しく自分の戸籍を作るようです。

なぜかというと、この後子供を自分の戸籍に入れる時や、今後の再婚の時に手続きがやりやすくなるからなのですが、それはまた追々お話する機会もあるでしょう。

ここでは、都合が良いからとだけ覚えておいてください。

婚姻中の氏を称し続けたい場合は?~離婚から3か月以内に婚氏続称届を提出

離婚をすると、結婚前の旧姓に氏が戻ってしまうのですが、中には結婚していた時の氏をそのまま使いたいという人もいるでしょう。
そんな人は、届出をする事で離婚した後でも、結婚していた時の氏を名乗ることが出来るのです。

注意点として、届け出るのは自分が住んでいる地域の市区町村役場で、離婚から3ヶ月以内に届けるという決まりがあります。
離婚届を出すのと一緒に提出する事も出来ますし、離婚届の後から提出する事も可能です。

3か月を過ぎてしまったら? ~氏の変更許可の申立〜

もし、結婚していた時の氏を名乗りたい場合で、離婚届を提出してから3ヶ月が経過した後に届出をする場合、市区町村役場で届け出る事が出来ず、まずは家庭裁判所に行き「氏の変更許可の申立」をしなければいけなくなります。

この時は、普通に氏の変更をするのと同じで、氏を変更しなければ生活に支障をきたすという証明が必要になります。

離婚後3ヶ月に行うようには、簡単には変える事が出来なくなってしまいますので注意が必要です。

じゃあ子どもの離婚後の戸籍はどうなるの?

 
f5d6431032ebec7f2a3c2f05352ad331_s 

旧姓に戻すにしろ、結婚前の性を名乗るにしろ、自分の戸籍がしっかりと登録されたら、子供を戸籍に入れる準備が完了です。

ここからは子供の戸籍を移動する手続きについて見ていきます。

何もしなければ戸籍は従前のまま変わらない

さきほどもお話しましたが、子供の戸籍は親の離婚届によって移動したりすることはありません。

母親が親権者であり、母親の姓が変わったとしても、子供の性は自動に変わる事はないのです。

子供の戸籍を移動させようとするなら、まずは引き取る親の戸籍が役場に登録されるまで待つ必要があります。

その後、必要なら子供の氏の変更をして、その後戸籍を親権者の戸籍に移す手続きが必要になります。

子どもと親の氏が同じでないと同じ戸籍には入れない!!

子供を親権者の戸籍に移動させなくても親権者である事には代わりはなく、手続き等が面倒というだけですが、親心としては子供をちゃんと自分の戸籍に入れたいと思うでしょう。

その場合には、親の姓が変わった場合子供の姓も変更する必要があります。

これは、

戸籍は、市町村の区域内に本籍を定める一の夫婦及びこれと氏を同じくする子ごとに、これを編製する。(戸籍法6条)

という法律に基づく決まりによります。

ですから、まずは子供の氏を母親と同じにし、その後母親の戸籍に移動させなくてはいけないのです。

同じ姓でもあなたと私は違う姓

あくまでも戸籍上の問題ですが、実は母親が婚姻時の姓を名乗る事を選んで子供と同じ姓になったとしても、子供の姓と母親の姓は別の姓として登録されます。

血を分けた親子であり、同じ姓であるにも関わらず戸籍上は同じ文字で同じ読み方の別の姓という事になってしまうのです。

これは、知らなければ気にならない事かも知れませんが、知ってしまうとちょっと複雑な気持ちですよね。

離婚後の子供の戸籍変更はどういう手続きを踏めばいいの?

0i9a350615032140wakaranai_tp_v
 

戸籍に子供を移動させるために、まずは子供の姓を変える事が必要という事がわかりました。

それではここからは子供を戸籍に入れるための具体的な手続きについてご説明したいと思います。

子の氏の変更許可の申立て(民法791条)

まずは、子供の氏を変更するため家庭裁判所に申し立てをします。

子供が15歳以下の場合は代理人を立てる事になり、それが親権者である母親になります。

子供が15歳以上の場合は、子供本人が申し立て人にならないといけないので注意が必要です。

母親の戸籍謄本、子供本人の戸籍謄本、父親の戸籍謄本(子供が父親の戸籍に入っていれば子供と父親の分は1通で兼用できる)と「子の氏の変更許可申立書」を記入持参します。

子供の福祉に問題がなければ、1時間ほど待てば即日許可書類が交付されますし、後日郵送にする事も出来ます。

子どもの入籍手続

子の氏の変更許可が家庭裁判所で降りれば、その許可証明を持参して市区町村役場に行きます。

これで、子供の氏を親権者となる母親と同じくし、子供の戸籍を母親の戸籍に移動させる事が出来るようになりました。

子供の戸籍を移動して無事、子供が親権者の母親の戸籍に入る事ができるのです。

離婚届を出してすぐには、母親の戸籍がまだ出来ていませんので、この手続までは数日間を要します。

離婚後に急いで子供の戸籍を移動させたい場合は、一連の届出を滞りなく行いタイムロスを少なくするよう注意が必要です。

申し立てをするのは子供本人

離婚後の子供の戸籍を移動させるためには必要な、子の氏を変更する申し立ては子供が申立人にならなければいけません。

そのために、申し立ての用紙を記入する場合も、記入するのは母親であっても子供の立場で書かなければいけないので注意が必要です。

子供の年齢が15歳未満であるか、15歳以上であるかによっても書き方が変わってきます。

申立書に添付される記入例に従い、正しく記入をしてください。

離婚後の子供の戸籍にお悩みの人はこちらの記事も合わせて読んでみてください

離婚したら子どもの戸籍はどうする?離婚後に子どもの戸籍を自分の戸籍に移す方法のまとめ

yuka963_yubisasubiz15202332_tp_v
 

離婚後に姓が変わってしまう場合、子供の戸籍の移動手続きが大変だというのをおわかりいただけたのではないでしょうか。

まずは、離婚後の自分の姓を決め、新しい戸籍を作るところからはじめ、それから子供を迎え入れる事になるという流れをご理解いただけたかと思います。

子供の親権者問題で夫婦の意見が合わない場合は離婚、離婚問題に強い弁護士に相談して子供の戸籍の移動についても相談すると良いでしょう。

この記事の作成者

ジコナラ編集部