マリッジブルーで婚約破棄!?マリッジブルーの原因と解決のためのヒント

マリッジブルーで婚約破棄に至る原因を把握して、婚約破棄を回避しましょう。結婚はお互いが幸せになれると思って行われるものですが、その結婚前に非常に重い不安や恐れを感じるマリッジブルーに陥ってしまい、人によっては婚約破棄まで考えてしまうこともあるでしょう。ここではマリッジブルーで婚約破棄となってしまう原因と解決のためのヒントをご紹介します。

目次

あまりのマリッジブルーで、婚約破棄!?

マリッジブルーとは結婚前の不安や恐れからくる、憂鬱な状態のことで、男性がなることは少なく女性の方がなってしまう症状と言われております。

幸せの絶頂期である結婚式をするまでの期間でどうしてそこまでメンタル的にやられてしまうのでしょうか。

人によってはこの憂鬱な気持ちから脱却することができず、婚約破棄といった最悪なケースに繋がってしまう可能性すらあるので、結婚を間近に控えている方も油断することができないものなのです。

これはどうにかなるものなのでしょうか。

婚約破棄にもつながる?マリッジブルーとは一体?

4a9c2752411dc739f096476fc6a15e6c_s


それではもうちょっとマリッジブルーについて詳しく解説しましょう。

どうして婚約破棄にまでつながるのでしょうか。

マリッジブルーって何?

マリッジブルーは結婚前の幸せの気もちが一転して憂鬱になってしまう現象です。

これは恋愛期間中なら発生することは少なく、結婚が決まってから発症してしまうもので、結婚における最大の障害になってしまうことすらあるのです。婚約破棄にまで最悪発展するので、最大の障害と言われるのも納得ですよね。

実際にこの結婚が決まって幸せの気持ちでいっぱいの人たちが、このマリッジブルーを経験したことがあるのかととある大手サイトでアンケートを取った結果、7割以上が経験したことがあると回答しており多くの方が悩まされる厄介なものとなっているのです。

どんな人がなりやすいの?

このマリッジブルーになりやすい人というのは、昔好きな人に再会してしまった人や、不安の気持ちを無理やり納得させようとする人と諸説ありますが、なりやすい人というのは大きく分けて心配性の人で、なり難い人はなるようになると基本前向きな人です。

もっとざっくり言ってしまえば、ネガティブ思考が酷い人はなりやすいですし、ポジティブ思考が強い人はなり難いと言えます。

さらに言えば、ネガティブな性格で結婚は幸せや楽しみがいっぱいでたくさん得るものがあると考えている人ほど危険であるとされております。

こんな症状が

マリッジブルーの症状は人によって異なり、重さもかなり違います。

具体的な症状を一気に記載しますが、

  • 不安な気持ちになる
  • 迷いが出る
  • 不満が溜まる
  • 憂鬱になる
  • イライラが増える
  • 意欲が低下する
  • うつ病気味になる
  • 頭痛や疲労感が出る
  • 食欲が落ちる
  • 不眠症になる
  • 食欲が増大するなど

です。稀に、悩み過ぎる状態が続く円形脱毛症ができたり月経が止まってしまうこともあります。こうなると婚約破棄にも繋がってしまうでしょう。

マリッジブルーで婚約破棄!?それほど嫌になってしまう原因とは?

59dca2f365d79e87cc5ca62332f08af2_s


それでは最悪の場合婚約破棄にまで至ってしまうマリッジブルーの原因を掘り下げていきます。

マリッジブルーで婚約破棄になってしまう原因① 結婚への強すぎる希望

結婚に対する夢や希望が強い人はそれとは違う一面をちょっとでも見てしまうと精神的な落ち込みであるマリッジブルーに陥る可能性が高いです。

その一因が結婚式の用意といった物でしょう。

規模にもよりますが結婚式の用意は非常に大変で、ものすごく忙しいものもあります。

この忙しさにてんてこ舞いな状態になると、「こんなはずではなかった!!」という心理が強く働くようになってしまうので、マリッジブルーになる確率が上がり婚約破棄になってしまう確率も上昇します。

それ以外にも、想像していたものと違い一面が出てくるたびに希望や夢がありすぎる人はショックを受けてマリッジブルーになってしまうでしょう。

マリッジブルーで婚約破棄になってしまう原因② これで良かったのか?という思い

マリッジブルーによる婚約破棄に至る要因の一つに、「これで良かったのか?」という思いを抱くことにあります。

別の表現では「この人と結婚してよかったのか?」とか「他にいい人はいなかったのか?」というものでもよいでしょう。

いわゆる答えの出ない自問自答にはまってしまって、「どうしよう」とか「でも」とか「だって」といった悩みが続いてしまうようになるのです。

特に、プロポーズに対してそこまで覚悟がない状態で頷いた人は婚約破棄の可能性が高いです。

マリッジブルーで婚約破棄になってしまう原因③ 漠然とした不安

明確な不安というわけではないのですが、漠然とした不安を感じてマリッジブルーになってしまい、婚約破棄になるケースもあるようです。

はっきりと言えるような不安ではないのですが、小さなものが積み重なって大きな不安になってしまうのでしょう。

特に、周りの人たちから離婚で不幸になった話を聞かされていたり、自分の周りに結婚で不幸になった人がいる方は婚約破棄の可能性ありということで要注意です。

マリッジブルーで婚約破棄に至らないために・・・解決のヒント

98f7e37b1566908475830c69d6b600e7_s


ネガティブな人はマリッジブルーに陥りやすく、婚約破棄する可能性大です。しかし、努力すれば乗り越えられるものなのです。

マリッジブルーで婚約破棄に至らないために① メリットを考えよう!

悪い部分ばかりに目がいってしまうと、ネガティブになります。ネガティブになってしまうことでマリッジブルーになる確率も上がり婚約破棄に至る可能性も高まるのです。

そのため、逆に良い部分に集中して注目するようにすれば負の感情を溜める確率も低下して、マリッジブルーにならなくなるのです。

特に、メリットとして好きな人と一緒にいられる時間が増えるとか、金銭面でも精神的にも不安な部分がなくなるといった明確なものが解っているのなら、そのメリットの大きさを理解するように努めてください。

マリッジブルーで婚約破棄に至らないために② 二人でよく話し合おう

マリッジブルーによる婚約破棄を避けるには二人でじっくりと話し合うのも有効です。特に意見の食い違いといったものが発生すると、マリッジブルーになる確率が高まるので、とことん話し合ってください。

意見の食い違いが生じて放置することのほうがモヤモヤが高まってしまうので、どうしてそのような結論に至ったのかを明確にしましょう。

わからないものをわからないままで放置する方が危険ということを覚えておいてください。

マリッジブルーで婚約破棄に至らないために③ 辛かったらカウンセリングに相談!親身になってくれます  

マリッジブルーがひどい場合は、睡眠障害や食欲障害が出るようになって、日常生活にかなり支障が出るようになっていきます。

傍から見ても不健康な状態に見えるので、パートナーの方は気が付いたらすぐに病院に連れていくようにしてください。

それ以外にも心理カウンセリングに相談することがベストと言えます。

マリッジブルーについてもっと知りたい人はこちらも合わせて読んで見てください!

マリッジブルーで婚約破棄!?マリッジブルーの原因と解決のためのヒントのまとめ

8244eeff43ed39c5eef6a58ae71e7cd4_s


マリッジブルーによる婚約破棄は非現実ではなく実際に起こりうるもの
なのです。

自分が損に感じてしまったり、家族問題が絡むようになると心が冷え切ってしまうことが多いので、婚約を言われて頷いたはいいものの、マリッジブルーに陥ってしまったのなら、一度離婚問題に強い弁護士に相談して、婚約破棄に至ったケースやそれでも幸せに至ったケースを教えてもらうようにしてください。プロに相談することで一気に心が安らぐはずです。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部