クレジットカードの支払いを延滞したらこうなる!延滞でおこる悲しい事実とは!?

先月は現金の持ち合わせが無くて・・・、急な出費が続いて・・・、クレジットカードは現金の持ち合わせが無くても、お買い物ができる大変に便利なアイテムです。しかし、便利だからと言って、ついつい使いすぎると、後からちゃんと請求書が来ますので、その時にビックリなんてこともあるとは思います。ビックリだけなら良いのですが、もし払えない、又は払えなかった時はどうなるのでしょうか。以下にまとめてみました。

目次

クレジットカードの支払いを延滞したらどうなるの?

0767c7f5dc2757f682f27d66a6798565_s
 
ついつい使いすぎてしまい、クレジットカード会社から来た支払い請求書を見てビックリ、払えないとなり、支払いを延滞してしまった。

いったいどうなるのでしょうか。
 
まず、前提として、クレジットカードの簡単な仕組みをお話しします。
 
クレジットカードは、クレジットカード会社とクレジットカード利用者の約束事として「O月O日からO月O日までの利用金額はO月O日に支払う」というものがあり、その約束事を守るとして、「クレジットカード」をカード会社から利用者へ「貸与」されているというものです。
 
当然、支払日にはクレジットカード会社からの請求に応じなければなりません。

でも、支払いそのものができないのであれば、クレジットカード会社によって約束を守れないと判断されて、「クレジットカード」は停止されてしまいます。
 
そうなっては、クレジットカードそのものが使えなくなるばかりか、それまで使った金額の一括請求はまだしも、クレジットカード会社の内部情報に「延滞者」として情報が残り、またCICのような個人信用情報機関に延滞の記録として残されます。
 
そもそも、信用情報機関とはなんでしょうか?
 
みんなのお金ドットコムでは、信用情報機関は以下のように定義されています。
信用情報機関とは、加盟する会員企業から登録される利用者の信用情報を管理・提供することで、利用者と会員企業の健全な信用取引を支える機関です。
 
クレジットカードの支払いの延滞が怖いのは、実はこの「延滞」が記録として信用情報機関に残る事なのです。クレジットカード会社にもよりますが、厳しい会社だと、支払日に口座引き落としが出来なかった翌日には信用情報機関に延滞の記録を残します。
 
そしてその延滞の記録は、新規クレジットカードが作れなくなるのは良いとしても、住宅ローンや自動車ローン、そして一番見過ごされやすいのが、携帯電話の契約(新機種を分割払いの購入での契約の場合)までもができないという恐れも出てくるのです。
 
そうならないためにも、クレジットカードの支払いの遅延は、たとえどのような理由があろうとも、絶対に避けなくてはなりません。

クレジットカードの支払いを延滞してしまいそうな場合の対処法

 
しかし、どうしても支払いが延滞してしまいそうな時は、どのような手を打てばよいのでしょうか。

身内に用立ててもらう。

一番打ちたくない手とは思いますが、上にも書いたように、支払いの延滞は今後の生活に悪影響を及ぼしかねません。

1社だけの延滞であっても、CICに記録が残ってしまった時点で、関係のない他社のクレジットカードも強制解約される恐れも出てきてしまいます。
 
親や親戚、配偶者に知られるのが怖い。
 
その思いは理解できます。
 
口うるさく説教され、最悪縁を切られるかも。
 
自分が惨めな思いをしてしまう。
 
そんなのは嫌。
 
だから身内には絶対相談できない。
 
でも、クレジットカード会社の延滞の記録は半永久的に残ります。

そしてCICにも延滞は記録されます。

それは思わぬところであなたの生活を乱しかねません。
 
携帯電話一つ契約出来なくなる可能性を思えば、最善の策ではないでしょうか。

他社のクレジットカードや銀行から借り入れする。

でも、あなたに誰も頼れる身内がいないのなら、他社のクレジットカードのキャッシング枠内での借り入れや銀行からの借り入れも検討すべきでしょう。
 
総量規制の問題がありますが、各クレジットカード会社のキャッシング枠内であれば現金の借り入れができますので、それを支払日前日までのに引き落とし口座に入金をする事で、支払いの延滞を防ぐことができます。
 
ただし、くれぐれも注意してください。キャッシングで借り入れをすることは、利息がかかるということです。
 
ショッピング1回払いなら、手数料や利息はかかりませんが、キャッシングは確実に利息や手数料が発生します。
 
またその借り入れも支払い日が来ますので、これも延滞しないように気を付けてください。

リボ払いに変更する

もし延滞しそうな金額のうち、確実に払える金額がわかっているなら、その額でクレジットカード会社にリボ払いに変更を申し出てみても良いかもしれません。

リボ払いは、例えば10万円の支払いを、毎月1万円といったように、決まった金額で返済をしていくものです。

当然利息はかかりますが、1回の返済金額が1万円なら1万円と決まりますので、分割にするなら何とかなると思われるなら、検討してみてください。

カード会社によって1回の支払いが利息込みの金額かそうでないか、変更時期や変更金額など様々ですので調べてみてください。

クレジットカード会社に連絡する

上記のような方策でも、どうしようもない時、それならいっそクレジットカード会社に思い切って電話をしてください。
 
クレジットカードの支払いの延滞で一番よくない対応は、そのままにしておくこと。もし延滞しそうなことが前もってわかっているなら、クレジットカード会社に早めに連絡を入れるべきです。
 
そうすれば、クレジットカード会社から何らかの解決策を提示してくれます。
 
後はそれを履行できるかどうかを相談する事で解決します。
 
万策尽きた!とあきらめる前に、クレジットカード会社へ連絡を入れるのが一番良いかもしれません。

クレジットカードの支払いを万一延滞してしまった場合の対処法

 
ついうっかり支払日を間違えてた・・・、支払い口座の残高が足りなかった・・・、など万一延滞してしまったら、慌てずに、以下の行動をしてみてください。

まずはクレジットカード会社に連絡をする

 上にも書きましたように、クレジットカード支払いの延滞で一番よくないのは、なにもしないこと。
 
最初にも書きましたが、クレジットカードは利用者とクレジットカード会社との約束事で成り立っています。
 
支払いの延滞は、この「約束事」を利用者が破ったことになります。
 
だから、まずはクレジットカード会社に連絡をすることです。
 
オペレーターがその後の手続きの流れを説明してくれますので、その手続きを済ませれば良いです。
 
ただ延滞の記録はクレジットカード会社に残りますので、連絡をしたからと言って免除になるわけではありませんので、ご注意ください。
 
※CICなどへの延滞の記録は各クレジットカード会社によって対応は違います。

クレジットカード会社への支払い

クレジットカード会社へ連絡を入れると、クレジットカード会社によっては、再度口座から引き落とす場合や、指定金融機関への振り込みを言われます。
 
この場合、各カード会社によって違いますが、口座引き落とし指定日や振り込み期日がありますので、それまでに支払いを完了させましょう。
 
大切なのは、この支払いをきちんと実行することです。
 
各クレジットカード会社によって対応は違いますが、概ねこの支払いを何の連絡もなしに実行しないでいると、クレジットカードの即利用停止、一括請求、場合によっては何らかの法的措置などを取られます。

次の延滞をしない

もともと、延滞をしないのが当たり前なのですが、どうしても延滞をしてしまった後は、次の延滞を絶対にしない事です。
 
厳しいクレジットカード会社だと一発でクレジットカード利用停止即強制解約があります。
 
人間ですからうっかりやミスはついて回ります。
 
でもそれが何回も続けば、個人信用情報に傷が付き続けるだけです。
 
それは現代社会において、あなたに何も益することはないだけです。
 
次の延滞をしないように気を付けましょう。

クレジットカードの支払いを延滞したらこうなる!延滞でおこる悲しい事実とは!?のまとめ

 
たまに延滞をクレジットカード会社の対応の悪さへの報復みたいな言い方をされる方がいますが、そんなことをしても、ご自身の個人信用情報が傷つくだけです。
 
クレジットカードを利用する以上は支払いが必ずついて回ります。
 
その支払いをきちんきちんとすることが大切です。
 
でもクレジットカードの支払いが不安な時や、延滞してしまいそうな時があるのも事実です。
 
それでも現代社会ではクレジットカードはなくてはならないアイテムになっています。
 
上手に使って豊かな生活を送りたいものですね。
この記事の作成者

ジコナラ編集部