離婚後に子供の親権を獲得する方法とは?離婚相手が子供の親権を譲ってくれない場合の対処法をご紹介

離婚後の子供の親権を獲得するにはどうしたらいいのでしょうか。今回はどのように親権者が決められるのか、親権者になるために必要なことについて解説していきます。

目次

離婚相手が子供の親権を譲ってくれなかったらどうする?

 
離婚する際に、夫婦の間で離婚への同意があっても、子供の親権をどちらが今後持つのか決まっていなければ、そもそも離婚することは出来ません。

しかし、双方が親権を譲らないため問題になるケースはよくあります。

そんなとき子供の親権を獲得するにはどうしたらいいのでしょうか?
 
今回は離婚後に親権を獲得するための方法について解説します。
 
  • 子供がいて離婚を考えている夫婦
  • なんとしてでも親権は獲得したい人
は要チェックです!

離婚後に子供の親権が欲しいなら|まずは親権について詳しくなろう

 大好きな我が子と離れるのは誰だって避けたいものです。

親権を手に入れるためにもまずは親権について知識を深めることが大切です。

そもそも親権とは? 

親権とは、未成年の子供を監護・教育し、その財産を管理するために、その子供の代理人として法律行為をする義務のことです

簡単に言うと、「子供が一人前の社会人として成長するまでに教育をしましょう。

また、その子供の財産を管理する権利もあります。」というものです。

離婚届には親権者を記入する欄があります

結婚している夫婦の子供を両親が離婚する時に、どちらを親権者とするか決めなければいけません。

というのも、離婚届には親権者を記入する欄が設けられており、親権者が未記入の場合では、役所で離婚届けを受理してもらえません。

協議(話し合い)で決まらなかったら?

夫婦間での話し合いで親権者がスムーズに決まれば問題ありませんが、お互いに譲らない場合、もしくはお互いに親権は不要と考える場合は、家庭裁判所で調停委員を交えて離婚調停になります。
 
離婚調停で子供の親権について争われる場合は、親権獲得について影響力の強い調査官が家庭訪問を行います。

家庭訪問では、離婚するにあたっての子供の気持ちや環境について客観的な調査が必要なため必ず行われます。
 
それでも親権が決まらない場合は親権者を裁判所が決めることになります。

離婚後の子供の親権はどうやって決まる?|知っておきたい裁判所の基準


裁判に発展した場合、親権を最終的に決定するのは裁判官です。

裁判官は自分の好みで親権者を判断しているわけではありません。

基準に基づいて決めています。ではその基準とは一体どのようなものなのでしょうか。

「子供の幸せ」を一番の評価基準に

親権者を選ぶ際は、親の都合ではなく、どちらを親権者に選んだ方が子供が幸せになれるか、という点を重視しています。

具体的には、
  • これまでの監護状況
  • 経済状況
  • 生活環境
  • 子どもに対する愛情
  • これからの状況
  • 子どもと一緒に過ごせる時間 

などを総合的に考慮し、どちらに親権を与えた方が子どもにとって幸せかを判断します。

また、子供が15歳以上の場合は子ども本人から話を聞き、子供の意思も尊重されます。

母親が圧倒的に有利? 母親に与えられる割合は8割以上

一般的に母親が親権を手にする確率が高く、父親が獲得することは難しいと聞いたことはありませんか?
 
実際その通りで、親権は母親が獲得することがほとんどす。

その割合は80%を超えるとされています。

子供の世話を主に行っているのは母親の場合が多く、特に子供がまだ乳児や幼児の場合は、子供の人格を形成していく大事な時期に母親の存在が不可欠であるという理由もあり、母親が親権をとることが適当だと判断されています。

離婚原因と親権者の決定は関係ない

あまり知られていませんが、離婚原因は親権の決定にはあまり関係ありません。

例えば妻に不貞行為(不倫)があった場合の離婚でも、結果的に親権は妻が手に入れることが多いです。

しかしあまりにも責任の度合いが高い場合や離婚原因が子供の成長に悪影響を与えることが明白な場合は、考慮されるケースもあります。

離婚後に子供の親権を獲得するためにできること

 
調停や裁判で親権を獲得するにはどのような行動をしていかなければいけないのでしょうか。

具体的には以下をご参考下さい。

将来の環境を変えることができることをアピール

先ほど少し説明しましたが、これまでの監護状況は親権者の決定に非常に大きな影響を与えます。

ですがこれからの環境を変えることができることを客観的にアピールできれば父親であっても親権を手に入れることができる可能性があります。
 
具体的には、離婚後はフレックス制に働き方を変えることができ、子どもと一緒に過ごせる時間を増やすことができるといったものが考えられます。
 
その他にも子育てに協力してくれる人(常に面倒を見れる自分の両親など)の存在をアピールすることは親権の獲得に有利に働くでしょう。
 
いずれにせよ、これからの監護状況の大幅な改善が見込めるということをわかってもらうことがポイントになります。 

早い段階から離婚問題に強い弁護士に相談

親権をどうしても獲得したい場合は弁護士に相談することが不可欠になります。

弁護士は感情論ではなく、法的に親権を獲得する方法を知っています。
 
例えば子育ての状況を説明することも大切なアピールポイントの一つです。
 
うやむやにしてしまえば取り返しのつかないミスにつながり、親権を獲得するのが難しくなってしまいます。そんな時もしっかりと要点を定めた話し方を教えてくれたり、親権を獲得するための様々な手助けをしてくれます。
 
最終的に裁判までもつれ込んだとしても、早い段階から弁護士に相談していれば訴訟まで見越した親権獲得の計画を立てることができるでしょう。
 
ぜひ一度自分自身の置かれている状況を弁護士に相談して見ましょう。

もし親権が獲得できなかったら〜面会交流という手段〜 

調停や裁判で万が一親権が取れないようであれば、面会交流の権利を有利な内容で獲得するこに重きをおきましょう。

面会交流とは、相手に親権が渡った場合でも子供と会うことの出来る手段です。
 
内容は「会う回数」「1回あたりの時間」「電話の頻度」と、このように細かく決められるため、面会交流の取り決めの際は、自分が希望する形で話を進めるようにしましょう。
 
面会交流について詳しくは離婚後の子供との面会の全貌~権利・頻度・拒否について〜を参考にしてください。

離婚後に子供の親権を獲得する方法とは?離婚相手が子供の親権を譲ってくれない場合の対処法のまとめ

 
何はともあれ、子供のことを思う気持ちが親権獲得には不可欠です。

あまりに揉めるようではそれこそ子供にとって良くないことかもしれません。
 
円滑に話を進めるためには離婚問題に強い弁護士に相談して、問題の早期解決を図りましょう!
 
この記事の作成者

ジコナラ編集部