無関係な会社が大量に商標登録出願?「PPAP」や「ラブライブ」も

PPAPやラブライブ、民進党といった様々な言葉が、その言葉とは全く無関係な会社によって大量に商標登録の出願がされていたことが分かりました。これらの行為に対して特許庁は注意喚起をしています。

目次

無関係な会社が大量に商標登録出願「PPAP」「ラブライブ」「じぇじぇじぇ」も

時代を反映する様々な言葉が、全く無関係な大阪にある会社によって大量に商標登録の出願がなされていたことが分かりました。
 
出願された言葉の中にはPPAPラブライブじぇじぇじぇ民進党といったものがあり、これに対して特許庁は注意喚起をしましたが大量の商標登録出願はまだ続いているとのことです。

そもそも「商標」とは〜だれでも登録できるの?〜

まず商標とは、自分と他人のものやサービスを区別するもののことです。

商標として認められるものには文字・図形・記号またはそれらの組み合わせがあります。

またそれ以外の音や動きといった商標も登録できる場合があります。
ひとたび商標権が登録されるとその商標を使うことができるのは商標登録を行なった商標権者だけ、となります。

では一体誰が商標権者になれるのでしょうか?

商標権はまず先にその商標権の登録出願申請をした者に与えられます。このように、先に商標権の登録出願申請をした人に商標権を与える制度を先願主義と言い、権利者を保護しています。

ここで商標を使用している人が先に商標権者になるのが普通では?と思った方も多いと思います。しかしそれでは問題が生じてしまう可能性があるのです。

例えば後になって、「あの言葉は私が先に使っていたんだ」と誰かが言ってしまえば、その商標権はその人のものになってしまいます。もしこれが嘘だったとしたらどうでしょうか。とても円滑に商標というものを登録し社会を豊かにすることができませんよね。

対して申請というのはいつ誰が、何に対して行なったものなのか、ということが非常に明白に分かります

したがってトラブルを回避できるというわけです。

そのため先願主義という考えが広くとられています。

今回の件においてピコ太郎の「PPAP」を例にあげると、「PPAP」という言葉はピコ太郎所属のエイベックスよりも先に無関係な会社によって商標登録出願申請がされており、この先願主義を当てはめれば、無関係な会社が正当な商標権者となってしまう可能性があるのです。

それではもうピコ太郎は商標に「PPAP」というフレーズを使えなくなってしまうのでしょうか? 

実は商標法には出願よりも前に「認知」され「有名」になっていれば使用が許される、という先使用権というものがあります。ピコ太郎の「PPAP」は以前から広く認知され、使用されていた実績があるので先使用権が認められます。この先使用権は先願主義により起こりうる紛争を解決するために存在しています。

そもそも!今回のようなケースが特許庁の審査を通ることはないでしょう。

なぜなら「有名な商標と同じか似ているているものは商標として登録しない」、という規定が存在するからです。世界的に非常に有名になったPPAPですから、それに全く無関係な会社の申請が商標の審査に合格する、ということはこの規定から言ってまずないでしょう。

このように審査に通る可能性や、ピコ太郎本人が莫大な不利益を被ることは恐らくありません。しかし先願主義等を悪用すれば法の抜け穴を作ることも十分できてしまいます。

既存の法律では判断が非常に難しく、直接的に規制するのもの困難であると言えます。このような事態を解決するためにも、画期的な法改正に期待したいですね。

 

この記事の作成者

カケコム編集部