【別居期間と離婚の関係とは】どれくらいの別居期間があれば離婚できるの?

別居期間が長い人は離婚をすることができるという噂を聞いた人は結構いるのではないでしょうか。しかし、どの程度の期間なのかを知っている人はそんなに多くありません。そこでどれくらいの別居期間があれば離婚できるのか、別居と離婚の関係は何なのかをお伝えします。

目次

別居期間と離婚の関係とは?

175ef43a7e9e16cc25e626abd6c8d935_s

今の妻や夫と離婚をする方法の一つとして別居というものがあります。そのため、離婚をしたいけど、とりあえず別居をすると有利になりやすいから別居生活をしようと考えている人もいるかもしれません。しかし、どうして有利になるのか、どのように別居という行為は離婚に繋がるのかを理解していないと無駄骨になる可能性が高いのです。

離婚をしたいけど同意してくれないので、とりあえず別居に踏み切った人たちはこの記事を是非とも参考にしてください。

今回に記事は

 

  • 別居について考えている方
  • 離婚について考えている方
  • 離婚と別居に関係があるのか知りたい方

は要チェックです!

【別居期間と離婚の関係】〜別居をする前に考えること〜

198b80a2bd665a4991c5c58152fbe4b7_s

それでは別居期間と離婚の関係について、詳しく解説します。ここを理解していないと別居も離婚に結びつきません。

夫婦には同居義務というものがある

まず、問題点の提起からになりますが、夫婦には「同居義務」というものがあります。これは民法で定められた義務です。夫婦は同居しなければならないと法律で決まっていると思ってください。そのため、強引に相手の意志を無視して別居するのは法律違反となります。

この行為を法律的に解釈すると、「意図的に夫婦の同居・協力・扶助の役割を怠ること」に該当してしまうので有利になるどころか不利になってしまうのです。

そうならないようにするためにも、まずは配偶者に別居をしていいかどうかを確認して理解をしてもらい、別居生活を始めてください。

別居中でもあくまで夫婦です

また、別居中でもあくまで夫婦関係は続いております。そのため夫婦なら行ってはいけないことに抵触するのは確実に自分の立場を悪くします。つまり、別居中だからといって浮気や不倫といった行為を働くのはNGになり、それを相手に知られた場合訴えられてしまって慰謝料を請求される恐れすらあるということです。離婚をしているのなら異性との付き合いは問題ありませんが、あくまで夫婦なので夫婦としての行動をとってください。

子供と一緒に暮らすということ 親権は同居している親に認められやすい

別居をする家庭で子供がいる場合、どちらが子育てを行うのかも決める必要があります。もし、親権を確実にとりたいというのなら子供と一緒に暮らすことも優先してください。親権は同居している親に認められやすいのです。裁判離婚や調停離婚になった場合、親権でもよく争うので、有利になる状況を作りましょう。

【別居期間と離婚の関係】〜どれくらいの別居で離婚が可能?〜

277a40e523a8c7008d1c6acaa95a4abc_s

それでは、皆さんも気にしている離婚に必要な別居期間について詳しく解説します。どの程度の期間が必要になるのでしょうか。

キーワードは「夫婦関係の破綻」

別居が離婚原因に結び付けられる最大の理由は「夫婦関係の破綻」と第三者から見られるからです。それ以外にも様々な要因があるのでいくつかざっくりとですが記載していきましょう。

①別居してからの期間はどうなっているのか

②口喧嘩といったトラブルはどうなっているのか

③夫婦両方の気持ちを顧みて回復できる状況にあるのか

④性行為はあるのか

⑤子供の有無はどうなっているのか

⑥子供は経済的に独立できているのか

これらをすべて加味したうえで、夫婦関係が破綻していると判断されるかどうかが焦点になってくるので、本気で離婚をしたい方は様々な行動を慎重に行ってください。

相場は5年〜10年

それでは機関について解説します。別居で離婚する期間相場は5~10年となっています。様々な法律サイトで別居のことに触れていましたが、ほぼこの5~10年という意見に収束しているので間違いないと思っていいでしょう。ただし、先ほどの事情によってこの期間は変わってくるので、本気で期間を知りたいのなら、離婚問題に強い弁護士に相談して今の現状を細かく説明し、自分の場合の期間がどうなるのか確認するといいでしょう。

有責配偶者の離婚請求にはもっと必要

5~10年と解説しましたが、不倫や不貞行為といった離婚原因を作った側が離婚請求をした場合この期間は伸びます。原因を作った側の人間は有責配偶者と呼ばれるのですが、このような人たちの意見はなかなか認められないようになっているのです。

そのため、10~20年は必要だと考えてください。

【別居期間と離婚の関係】〜別居中の生活費はどうする?〜

310a7232f0e736735b5b641b2b6e4ec8_s

別居期間と離婚の関係については解説してきました。次は別居中の生活費といったものはどうしたらいいのかを紹介します。

婚姻費用分担請求  別居中でも夫婦の義務

離婚をしていないのなら婚姻費用分担請求というものが生じます。これは別居中でも夫婦の義務となっているので、結婚生活でかかる費用を分担する必要があるのです。これは夫婦であったなら必ず発生する義務なので、どのような理由であれ別居中には生活費を収入が圧倒的に大きい側が払う義務があることを理解してください。

夫から暴力があって一緒にいることができなくなった人でも、夫婦なら夫から生活費を請求できますし、夫が結婚生活が嫌になって逃げていったとしても、夫婦であるのならもらうことができるということを覚えておいてください。

各種手当をチェック

共働きの夫婦で別居生活を行っているのなら、金銭面でそこまで気にする必要はありませんが、専業主婦で別居生活に陥ってしまっている方は生活費のみでは日常生活がきつくなってしまうでしょう。そのため、児童手当や児童扶養手当、そして生活保護といったものも受けられるかどうかをチェックするといいでしょう。子供がいての別居生活は生活が何かと苦しくなるので補助金と助成金を最大限に利用しましょう。

生活費も問題だがDVも気になるなら

生活費といったものも気になるかもしれませんが、DVが原因で別居に至った場合はお金よりも夫からの暴力が怖いのではないでしょうか。そのため、相手に居場所がばれないように行動する必要があります。実家などの分かりやすいところは頼り難いので、婦人相談所や民間の相談センターに相談して滞在先を用意してもらうようにしてください。

 

別居と離婚についてさらに詳しく知りたい方はこちらも合わせてご覧ください!

【別居期間と離婚の関係とは】どれくらいの別居期間があれば離婚できるの?のまとめ

42748f5c81eb857f66c6f931104728b3_s

別居から離婚に繋がることを知っている人は多いのですが、期間がどの程度必要なのか、何をしてはいけないのかを知らない人は多いのです。そのため、今回のこの記事を少しでも参考にしていただければ幸いに思います。

ただし、別居生活がどのようなものかで期間は大きく変わってくるので、もっと具体的な期間が知りたいのなら、離婚問題に強い弁護士に相談して具体的なアドバイスをもらってください。

この記事の作成者

ジコナラ編集部