離婚後の親権、子供の戸籍はどうなる?〜離婚するにあたって前もって考えておくべきこと〜

離婚後の子供の親権はどうなるのでしょうか。子供を持つ夫婦が離婚した時には、親権をどちらが持つかによって、子供の戸籍や姓も変わる事があります。この届けには決められた順番があり、順序を知らないと二度手間になってしまう事もあるのです。離婚後の自分の戸籍や、子供の親権・戸籍についてまとめてみました。

目次

離婚したら親権や戸籍はどうなるの?

a51a89abd58e757836fb6c454a54d004_s
 

離婚について、離婚届を提出すれば後は役所が何とかしてくれると思っている人もいるようです。

しかし、離婚するにはその前に決めておかなければいけない事や、その後に行う届けも出てきます

その最たる物が子供がいる夫婦の間で決められる子供の親権と子供の戸籍の移動・姓の変更などです。

その時になって慌てないよう、前もって知っておく事は大切ですね。

離婚後の親権は?戸籍は?お金のことだけじゃない!〜決めなければいけないこと〜

82cc2693d5850e29477e0de90204ea23_s
 

離婚をするにあたって、決めなければいけない事はお金の問題だけではありません。離婚後の戸籍の事や姓の変更、子供の親権について見ていきましょう。

離婚したら戸籍が変わる、姓は戻る

離婚をしようとする時に、まず行うのは離婚届を提出する事です。

離婚が成立すると、婚姻時に姓が変更になった方は旧姓に戻ります。同時に、元配偶者の戸籍からは抜ける事になります。

その後の戸籍は、元自分の籍があった実父母の戸籍に戻っても良いのですが、離婚後に子供を引き取る場合は、新しく自分の戸籍を作っておいた方が後々都合が良いのです。

親権者であり、子供を引き取る事になっている人は、離婚後に住む場所には関係なく、ぜひ新しく自分の戸籍を作っておく事をおすすめします。これで、子供を迎え入れる準備が出来ました。

離婚後に姓を変えたくない場合は?

仕事上の都合や、子供のいじめ問題などを心配して、離婚後も姓を変更したくないという人もいるようです。

この場合、旧姓に戻った後でも届け出をする事で、婚姻時の姓を名乗ることが出来るようになります。戸籍の姓も変更になります。

「姓など何を名乗っても良い、それよりも子供がいじめられたら大変」

「職場で影で噂されるほうが心労になる」と思う人は、婚姻時の姓を名乗る事を利用すると良いでしょう。

親権者を決めないと離婚できない

順番が逆になりましたが、子供がいる夫婦は子供の親権者を決めないと離婚届が提出できないようになっています。離婚届に親権者の記入をする欄があるのです。

ですから、協議離婚をする場合でも、離婚の話し合いで、どちらが子供の親権者になるか、子供の戸籍をどちらに入れるかをきちんと話し合って決めておく必要があります。

離婚後の子供の戸籍について〜意外と複雑?〜

11d4d3603e33474677bd662338df603d_s
 

離婚にかかる届け出の説明は、ここまで離婚届を提出して、新しい戸籍を作り名乗る姓を決めるところまでいきましたね。

この届けを提出し、役所でしっかりと登録が終わったら、やっと子供の戸籍を親権者の所へ移動させたり、姓を親権者と同じに変更する準備の第一段階が終わります。

離婚したら〜子供は戸籍も姓も変わらない〜

まず、子供の親権者がどちらかには関係なく、親が離婚届けを出しただけでは子供の戸籍も姓も変わりません。

たとえば、婚姻時には父親の姓を名乗っていて父親の戸籍に入っていたとします。離婚して母親はその戸籍から抜けて、新しく戸籍を作りそこに入ります。

その結果子供だけで、婚姻時に父親が作成した戸籍に、父親の姓のまま残ってしまっているのです。

これをきちんとしなければいけませんね。

離婚後に親権者の姓が変わっても子供は変わらない

離婚をしても子供の姓と戸籍は自動的には親権者の所へは動かない仕組みになっています。

これは、どちから片方の親の意志だけで簡単に子供の姓を変更出来てしまうと、トラブルが考えられるからです。

子供の姓の変更は、たとえ親権者であってもする事が出来ません。

親権者が子供の代理人となって、家庭裁判所に申し立て許可される事が必要になっているのです。

親権者を決めた時点で、子供の姓の変更も出来れば良いのにと思ってしまいますが、このような決まりになってしまうので仕方ありませんね。

最初に面倒な順番があると言ったのはこの事なのです。

離婚後の戸籍変更は手続きによるもの

このように、離婚後の戸籍は届け出によって作成されます。子供の戸籍も親が移動させないと役所では何もしてくれません。

むしろ、役所では何も出来ないというのが正しいでしょう。

子供がいる場合の離婚は、

・離婚届けで親権者を届け出る

・家庭裁判所に姓の変更の申し立てをする

・戸籍を移動させる(姓を変更する)

という手順があるので注意が必要になってきます。

離婚後に親権者の戸籍に子供を入れるには?

anj77_nemunemuanjyu20141115135639_tp_v
 

ここまで簡単にではありますが、子供の姓を変更して親権者の戸籍に入れるお話をしました。

ここではもう少し詳しくこの手続についてご説明したいと思います。

子供はやっぱり親権者である母親の戸籍に入れたい!これって可能?

この見出しの答えはもう言ってしまいましたが「可能」です。子供の親権者には母親がなる事が多く、子供も親の離婚後に母親の姓を名乗る事が多くなります。

多くの人がこの面倒な手続きを行って子供の姓を自分と同じにし、子供を自分の戸籍に入れているのです。

はじめに、母親が婚姻時の戸籍から抜ける時に「新しい戸籍を作る」事をおすすめしたのもこのためです。母親が実の父母の戸籍に入ると、その父母の戸籍に孫として子供が入る事になってしまうのです。やはり自分の戸籍に子供は入れておきたいですよね。

今後母親が再婚する時にも、このような戸籍にしておくと都合が良いのです。

変更許可審判を申し立てる〜誰が「申立人」かに注意!〜

さて、それでは家庭裁判所に子供の姓を変更する申し立てについて見ていきましょう。

子供の姓の変更届は子ども自身が行う事になっています。

しかし、子供が15歳以下の場合は、成人の代理人を立てて申し立てる事になります。

この代理人が親権者になります。

そして、この時に父母が離婚をしている事、親権者が母親であり姓が変わっている事、それぞれの証明のために父母の戸籍謄本の提出が必要になります。

役所に離婚届をしただけでは足りず、母親の新しい戸籍が出来ている事、母親の姓が変更されている事、これら全てが役所に登録されている必要があります。

ですから、離婚届と同時にこの申し立てをする事は不可能なのです。

離婚後に姓を変えることが子供にとって良ければ承認

子供について取り決めする場合、全ては子供の福祉を一番に考えられます。

姓を変更する事が子供の福祉にとって問題ないようであれば、この子供の姓の変更は許可されます。

家庭裁判所から許可の書類が発行されますので、それを持参して役所に行って子供の戸籍と姓を親権者と同じくします。

離婚後の親権、子供の戸籍はどうなる?〜離婚するにあたって前もって考えておくべきこと〜のまとめ

anju16040317img_1087_tp_v
 

子供のいる夫婦の離婚と、母親の戸籍の変更。子供の戸籍、親権者と子供の姓の変更などを見てきました。

いかがでしたでしょうか?ちょっと面倒で複雑なので一度では理解できないという人も多かったのではないでしょうか。

そんな時は、離婚について詳しい法律事務所に相談してアドバイスをもらうといいですね。

この記事の作成者

ジコナラ編集部