別れの言葉を切り出す前に〜離婚について知っておくべきこと〜

別れの言葉を切り出す前に考えて欲しいことがあります。結婚するよりも離婚する方が苦労が多いといいますね。離婚したいと、まずは相手に切り出さなければ何も進みませんね。でも、この切り出し方によってその後の離婚話がスムーズに展開するかどうかが決まると言っても過言ではないでしょう。

目次

【別れの言葉を切り出す前に】〜考えて欲しいこととやっておいて欲しいこと!〜 

離婚しようという衝動は一時的に高まってしまう傾向にあります。あなたも些細なきっかけで相手に別れの言葉を言ってしまいそうになった経験はありませんか?今回は別れの言葉を切り出す前に考えて欲しいこと、それから やっておいて欲しいことをいくつかご紹介します。
  • 日頃から別れたいといつも思ってしまう人
  • 最近仲が良くない夫婦

は是非参考にしてみてください!

別れの言葉を切り出す前に”考えて欲しい5つのこと”


離婚を考えるともうそれだけしか考えられなくなりがちですが、冷静になりもう一度よく落ち着いて考えてみましょう。

離婚のメリット

離婚のメリットは割と簡単に浮かびがちですが、もう1度考えてみましょう。

  • 相手から受ける精神的、肉体的な苦痛から離れる事ができる
  • 相手の病気や借金から解放される
  • もう1度新しい恋ができる
  • 自分の時間を自由に使う事ができる
  • 新しい生活を送る事ができる

このようなことが考えられます。

離婚のデメリット

離婚したいと考えている人は離婚によるデメリットも考えてみましょう。

  • 相手との話あい・手続きが精神的に負担
  • バツイチになる事で世間体が気になる
  • 親権がなくなり、子供と暮らせないかもしれない
  • 引っ越し費用や、新生活に向けての出費がかさむ
  • 調停離婚、裁判離婚の場合は時間や弁護士費用などの負担が大きい
  • 婚姻費用、慰謝料、養育費、財産分与などで失う財産が大きい

などが、あげられます。 

離婚にかかる費用・期間

離婚にかかる費用?なにそれ?と思われた方もいるでしょう。

基本的に協議離婚や調停離婚では公正証書を残す、調停申し立て費用の印紙や切手代のみで、金銭的な負担は大きくありません。

しかし離婚裁判にもつれ込んだ場合は弁護士費用もかかります。

また期間も裁判や調停では期間は一年以上かかることもあり、時間的な負担になります。

子供のこと〜親権は?養育費は?〜

離婚で1番もめると言ってもいいかもしれません。

親権、養育費についてはお互いの利益、不利益よりもまず子供を優先に考えなくてはなりません。

養育費や親権が話し合いでまとまらなければ家庭裁判所に申し立てる事になります。

子供の親権を獲得するには母親であるケースが多いですが父親が親権を得ることももちろんあり得ます。

裁判所は一番に「子供にとっての幸せ」を考え、どちらが親権者にふさわしいのかを判断します。

離婚した後の生活、イメージできてますか?

いざ、離婚しようと決めたけれど、離婚する事がゴールになってしまいその後の生活を何も考えていなかったと言う事は避けたいものです。

現在もお勤めされている方は離婚後の生活をイメージしやすいと思いますが子供が幼くて仕事から遠ざかってしまった専業主婦の方はまず、資格を取る事や仕事を探してみる事で今後のシュミレーションをしてみる事も大切です。 

別れの言葉を切り出す前に”やっておくべき5つのこと”


離婚を切り出すのは最後の最後まで考えがまとまってからでも遅くはありません。

その前にやっておいて欲しい5つのことがあります。

話し合ってみる〜一方的に離婚考えてない?〜

あなたは、どうして離婚しようと思ったのでしょうか?

それは、もう改善の余地はない事なのでしょうか?

あと1度相手にチャンスを与えてあげる事は難しいでしょうか?

夫婦だからこそ許せることも、逆に許せない事があるのは当然です。迷いに迷って決断して、この記事を読まれている方も多いでしょう。

それでも、もう一度考えてみるべきかもしれません。

離婚できるのか調べてみる〜離婚事由があるか〜

離婚事由とは離婚する理由(原因)の事です。

離婚裁判では離婚事由(原因)があるとみなされなければ、離婚は認めてもらえません。それは民法770条に定められています。

  1. 配偶者に不貞行為があったとき 
  2. 配偶者から悪意で遺棄されたとき
  3. 配偶者の生死が3年以上不明なとき 
  4. 配偶者が重大な精神病にかかり回復の見込みがないとき 
  5. その他婚姻を継続しがたい重大な事由

この5項目が民法770条の法定離婚事由といわれるものです。

民法上の離婚理由にについて詳しく知りたい方は【離婚事由を知ろう!民法が定める正当な離婚事由とは?】も読んでみることをお勧めします。

事前に専門家へ相談

実は離婚するにあたって、協議離婚はもちろん調停離婚や離婚裁判でも絶対に弁護士が必要だというわけではありません。

実際に調停離婚では弁護士に依頼せずに自分で挑む方も少なからずいるようです。

しかし、自分ではどのように離婚手続きを進めていったら良いのか経験者でもない限り難しいですよね。

そんなとき離婚問題に強い弁護士に相談すれば、弁護士の専門的な法律知識と豊富な経験を借りることができます。

また、無料相談を利用することもできます。

その時はピンポイントに質問できるように、自分が何を知りたいのか状況を整理してメモにしておくとスムーズに相談ができるでしょう。

経済面の準備をしましょう

何があっても離婚するのだと覚悟を決めた方も、まだ迷いがある人も万が一に備えて経済面の準備はしておきましょう。

もちろん就職やパートに出るのも自分の自信につながりますからおすすめです。

それ以外にも自分の家に、どれだけの資産があるのか調べて目録を作成しておきましょう。

必要なものは後に勝手に処分されてしまう事のないよう財産保全もしておくと安心です。 

役所に「離婚届不受理申出」を出しておく

別れを切り出した途端に態度を翻してしまう人も残念ながら中にいます。まだ話し合いもしていないうちに、逆上し勝手に離婚届けを提出されても困りますよね。
 
そのような事態を避けるために、お住まいの市区町村役場か、または本籍地のある役所に離婚届不受理申出を申請しておきましょう。

離婚届不受理申出をしておけば、勝手に出された離婚届が受理されることはありません。

本人確認のための身分証明書と印鑑があれば1人でも手続きはできます。
 

「別れの言葉」を切り出してしまいそうな人はこちらの記事も合わせて読んで見てください

別れの言葉を切り出す前に〜離婚について知っておくべきこと〜のまとめ

22150157f15422fa908e3434c08fe9db_s

不幸にして離婚する事になった時は感情的にならずにあらゆる準備を整えてから相手に告げましょう。
 
やみくもに争う事は精神的にも肉体的にも良い事はありません。こちらの切り出し方によって最小限の傷で終わる事も

一生消す事の出来ない傷になってしまう事もあります。1度は縁があって一緒になったのですから、最後まで誠意をもって対応したいものですね。

離婚はその性質上、あとあとまで尾を引いてドロドロとした関係になってしまうといった事例が多いです。しっかりと対策、準備をすることや離婚問題に強い弁護士や専門家に相談して円満な離婚を目指しましょう。
 
この記事の作成者

カケコム編集部