離婚したい!?理由は人それぞれ〜離婚したい理由ランキング〜

離婚の原因や理由は人それぞれです。しかし、男性や女性ではその離婚理由の序列が異なっている部分があるので、比べてみると非常に面白いものとなっております。そこで、今回は男女の離婚の原因について詳しく解説していきます

目次

離婚したい理由は人それぞれ

4c27dbc156f9bfa0d3e25b47093bc705_s

離婚したい理由は人それぞれではありますが、妻と夫では離婚の原因となっているものに差が出ているのです。

女性と男性では感性が異なるので当たり前のことではあるのですが、この感性の差からどうして離婚という考えに至ったのかを全く推測できないことだってあるのです。

DV・言葉の暴力・性格の不一致・価値観の違い・浮気・不倫・浪費癖など離婚の原因は色々とありますが、はたして現代において一番の理由はいったい何なのでしょうか。ランキング形式で見ていきましょう。

離婚したい!と思う理由ランキング〜妻編〜 

33a02441144b7df6db7f15395caa421c_s

それでは妻の側から見た離婚の原因はいったい何なのかを解説していきます。どのようなことから離婚という考えに至るのでしょうか。

性格の不一致

これはよく聞かれるものですね。「性格の不一致」による離婚はいつの年代でも上位に来ており、軽いネタバレになってしまいますが、男性でも一位となっております。

性格の不一致は同じ人間なら性格が違うので当たり前のことではあるのですが、一緒に暮らしてみると今まで気が付かなった違いが見えてくるようになり、受け入れられなくなってしまい疎ましさを感じて離婚の原因となってしまうのでしょう。

性格が違うからこそ魅かれ合うものであると言った人もいますが、それもまた事実であり、違うからこそ魅かれ合って反発し合うのでしょう。

経済的不安

女性の場合に多かったのが経済的な不安です。生活費を渡さないに置き換えても良いでしょう。

生活費を渡されないと生活をすることが困難になってしまうので、離婚の原因としては当たり前のことと言えるのではないでしょうか。

もともと、夫婦は支え合って暮らしていく義務があるので、生活費を渡さないという行為は法律で許されていないので弁護士の力を借りれば生活費の分担を行うことができる可能性はあります。

精神的な虐待がある

精神的な虐待とDVといった肉体的な虐待は両方とも妻の離婚の原因としては上位にランクインしています。
この精神的な虐待の下に暴力があるということです。今の人たちにはモラハラといったほうが分かりやすいかもしれません。

これは手を上げることはせず言葉で心を傷つけていく非常に厄介なもので、言っている側は全く気が付かないことがあります。離婚の原因としてもまっとうと言えるでしょう。

離婚したい!と思う理由ランキング〜夫編〜

aa8994bb604dc96f1c3b651d6340a055_s

それでは次に夫側の離婚の原因について調べていきましょう。これを見ると違いが分かってくると思います。

性格の不一致

妻でも夫でも高確率で離婚の原因となってしまうのはこの性格の不一致です。

恋人の器官では見えなかった部分が見えてくるようになると、その部分が理解できないということは多々あるのでしょう。

性格の違いから魅かれ合った両者であったとしても、見えなかった部分まで予期できるものではないので、次々と明らかになる真実に辟易してしまって、耐えられなくなってしまい、離婚に至ってしまうのです。

やはり、どうしても理解できないとか合わないと思ってしまうと夫婦生活を続けるのは困難なのでしょう。

精神的な虐待がひどい、モラハラ

男性側の離婚の原因の2位となっているのはなんと精神的な虐待、モラハラになります。

肉体的な暴力ではなく、言葉の暴力で精神的にえぐられてしまって、一緒にいることが困難と感じるようになってしまうのでしょう。

家の中まで安心できる空間ではなくなってしまうと、浮気や不倫といった行動に逃げてしまう可能性もあるので、モラハラを受け続けることは離婚の原因としては非常に大きなものとなってしまうのです。

浮気や不倫といった不貞行為

夫の浮気が離婚の原因となることは過去に多かったのですが、今では妻の浮気による離婚の原因となることもかなり増えていると言われております。

不倫の末にまっているものは不幸や破滅といったものなのですが、不倫や浮気には知ってしまう原因というものもあるのでしょうが、不貞行為が発覚すると離婚の原因となる以外に大きなトラブルの引き金となってしまいます。

離婚したい!という思いだけではダメ?離婚に必要な「理由」とは

72ab1de5e336988a6e99d7c49f264173_s

離婚の原因は色々あれど、したいという思いだけでも離婚は成立するものではありません。離婚を本気で考えている方は仕組みを理解する必要があります。

「なんとなく」ではダメ 離婚には理由が必要

離婚には何となく離婚をしたいという理由では通らないことがあります。

それは、離婚裁判にまで発展した場合です。何となくとか特に理由は無いという状態で離婚をしたい方は協議離婚という話し合いで決着をつけられるもので抑える必要があるのです。

この話し合いで片づけられる協議離婚がうまくいかないと、調停離婚や裁判離婚にまで発展するのですが、この裁判離婚にまでいってしまったら離婚をするために明確な理由を提示する必要性が出てくるのです。

日本では離婚の9割が協議離婚で終わっているものの、1%の確率で裁判離婚にまで発展しているので、本気で離婚を考えている方は準備が必要になります。

キーワードは「正当な事由」

先ほどの話の続きになりますが、離婚をするための正当事由というのが協議離婚に失敗して裁判離婚にまで悪化したら必要となるのです。

その正当事由とは不貞行為・悪意の遺棄・3年以上の生死不明・配偶者が強度の精神病にかかり回復の見込みがないこと・その他婚姻を継続し難い重大な事由の5つとなっております。

その他の解釈において、性格の不一致や価値観の違いなどは当てはまらないので、注意してください。仮に性格の不一致を当てはめたい場合は10年以上別居しているといった夫婦生活の破綻状態を示す必要があるのです。

その離婚理由、慰謝料とれるだけの理由ですか?

裁判にまで発展する原因の一つに金銭問題があると思います。例えば、相手が浮気をして精神的なダメージを受けてしまったので、それが離婚の原因なのだから慰謝料を請求するといったケースです。

離婚の原因が完全に相手のみにあるのなら、慰謝料請求が行えるかもしれませんが、両社ともに原因があるのなら喧嘩両成敗になる確率が高いでしょう。

離婚理由について興味がある方はこちらも合わせてご覧ください!

離婚したい!?理由は人それぞれ〜離婚したい理由ランキング〜のまとめ

46b4aeb7ad59314ac4216d70f1f7e081_s

離婚をしたいと考える夫婦は意外と多いのかもしれませんが、別れた後の生活を考えるとなかなかできるものではないと思います。

しかし、性格の不一致といったものが離婚の原因となってしまって、多くの方が別れてしまっているのは事実です。

離婚問題に関して他の人にたやすく相談できるものではないので、本気で離婚を考えている方は離婚問題に強い弁護士に相談してアドバイスをもらってください。

弁護士に相談する

この記事の作成者

ジコナラ編集部