離婚して後悔?離婚を後悔してしまう原因と復縁するときのポイントを解説します!

離婚して後悔した、、、行動をしてしまった後に、やっぱりやらなければよかったと思ってしまい意気消沈してしまうのが後悔です。この後悔は離婚をしてしまった時にも発生することが多く、ふとした行動をした後になんで「離婚をしてしまったのだろう」とテンションが下がってしまうのです。そこで、今回は離婚して後悔をする原因をみてみましょう。

目次

離婚して後悔・・・あなたはどうですか?

f1f7b6fabcfe23af620485362c38c87d_s


離婚
を経験した人は多かれ少なかれ、後悔という思いを抱くものです。

全く後悔しない離婚というのも探せばあるのかもしれませんが、離婚をしてしまった人というのは何らかの後悔を抱いているものではないでしょうか。

でも、離婚とは結婚に嫌気がさしていた人からすれば、新しいスタートが切れる清々しいもの、であったはずです。それなのになぜ離婚を後悔してしまうのでしょうか?離婚経験者がどんな後悔をしているのか知れば、きっと参考になるはずです。

離婚して後悔したことランキング一挙公開です!

離婚して後悔したことランキング 

22150157f15422fa908e3434c08fe9db_s

離婚して後悔したことをちょっとしたランキング形式で答えていきましょう。
この中には納得できるものが一つはあるのではないでしょうか。

離婚して後悔したこと(1) 子供

まず後悔する最大の原因は子供です。子供がいる状態で離婚をしてしまうと多くの方が後悔してしまいます。

子供の存在を否定しているつもりは全くありませんので、そこは誤解しないでいただきたいです。

子供がいる方は基本的に離婚原因が生じても、離婚していいのかどうか戸惑ってしまいます。

理由はいくつかありますが、世間の目が冷たくなるのもその一つです。

特に子供は些細な理由でもいじめを行うので片親だということが発覚したら嫌がらせやいじめを受ける確率が普通の人より高くなってしまうでしょう。

そのため、片親が原因で子供がいじめられていることを知ったらほとんどの親が後悔してしまうのです。

離婚して後悔したこと(2) 経済的問題

先ほどの子供の有無ともかかわりがありますが、経済的な問題が生じてしまうと離婚をしたことが後悔してしまうことが多々あります。

一人親となってしまうと、いくら国からのある程度の援助があったとしても金銭的に苦しくなる確率は高く、好きなものを買い与えることができないといった事態が生じることがあるので、その時に心苦しくなってしまって、離婚をしたことを後悔してしまうようになるのです。

子供がいなくても、金銭的に苦しくなることはかなりあるので、離婚後後悔することがあります。

離婚して後悔したこと(3) 離婚そのものを悔いる

人生において何が正しい選択肢だったのかなんてわかりません。

行動してみることで見えてくることもありますが、その見えてくるまでの期間は長いこともよくあり、離婚をして正しかったとはっきり言えるようになるまで長い期間を有することだってあるのです。

そのため、離婚事態が間違っていた行動だったのではないかと後悔する人もいるのです。

本当に、あそこで離婚したのは正しかったのか、離婚をする以外の解決策は何か無かったのかと後悔してしまうのでしょう。

離婚して後悔したこと(4) 孤独感

これは結婚をした相手とのつき合っている時間の長さと比例する問題ですが、常にパートナーとして行動していた人がいなくなるということは孤独になるということと同じです。

そのため、帰った時に誰もいないとか風邪をひいて寝込んだとしても心配している人が誰もいないといった事態になった時に、離婚してしまったことを後悔してしまうことがあるようです。

独身時代に戻れると考えて離婚する人もいるようですが、パートナーと共に過ごした記憶は消えないので、全く同じ状態には戻れないのです・・・

離婚して後悔したこと(5) まだまだ厳しい世間の目

いくら離婚をする家庭が増えたとはいえ、世間の目が完全に変わったわけではありません。

昔よりも離婚をした人に対する視線は和らいではいますが、それでも離婚経験がある人につらく当たる人は世の中にはいます。

例えば「離婚したのは辛抱が足りないから」とか「離婚をするような性格をしている人はいい人がいない」なんて考えを持った人は確実にいるのです。

そのような方々からの視線は非常に冷たく、心に刺さります。

このような人とであるたびに離婚をしてしまったことを後悔するようになるでしょう。

離婚して後悔、相手もしてるかも?〜復縁できる人・できない人〜

113938834a46ebc11fac598064718fb1_s

しかし、離婚をして生じた後悔というのは自分以外にも相手も感じているものです。それでは、復縁について触れていきましょう。

子供がきっかけに

離婚をして後悔をして、悩んだ挙句に結婚をする人はかなりいます。

その再婚をした要因の一つに子供が挙げられるのです。

子供がいると後悔する確率は非常に高く、どうして離婚をしてしまったのかと考えるようになるのですが、そこまで憎しみ合った間柄ではないのなら子供を介して復縁するケースはよくあると言われております。

離婚をした後に、月に1・2回は別れたパートナーと合わせている人も多く、その流れで自然と一緒になる人もいます。ただし、本気で憎しみ合って離婚をしている人は子供がいても難しいでしょう。

浮気が原因!?意外と多い復縁

不倫や浮気が原因で離婚をする人もかなりの数がいますが、不倫で離婚をした場合は徹底的に仲たがいをして絶縁状態が続く人と、不倫を解消したことで問題が無くなったとして復縁する人もいます。

不倫や浮気による離婚は尾を引くことがかなり多いのですが、切り替えが早い人の場合は、その原因さえなくなってしまえば問題なく復縁できる人もいるようです。

人によってはあり得ないと感じるかもしれませんが、意外と復縁する人も多いということを覚えておきましょう。

離婚後の生活に不満が無いなら無理

復縁できる可能性がある人は両者とも何らかの不満や不安を抱えており、それが復縁することで解消できると考えている人たちです。

逆に言えば、離婚後の生活に全く不安や不満を抱いていない人なら復縁できる可能性は非常に低いでしょう。

一人暮らしを完全に謳歌している元パートナーとはなかなか復縁ができないと思ってください。

【離婚して後悔している人へ】復縁に向けてできることを教えます

最後に、離婚して後悔している人へ向けて、復縁に向けてできることをご紹介します。元鞘に収まる・・なんてことは案外難しくないのかもしれませんよ?

離婚を後悔してる人が復縁したい時のポイント(1) 離婚原因を改善していく誠意を見せる

当たり前のことかもしれませんが、離婚の原因になったことを改めて考え、自分に非があるならそれを改善していくことは、復縁を考える上で非常に大切です。

もし離婚原因があなたの浮気なら、もう浮気は絶対にしないという誠意を見せましょう。

その際は一筆、文章に書き起こして置くとなお良いでしょう。浮気した場合のペナルティを自ら提示することで相手にも復縁の本気度が伝わる可能性もあります。

また、改めて異性として愛することを誓うことも大切です。

結婚と恋愛は違うなんていう人もいますが、やはり配偶者はただの共同生活者ではありません。

そこに愛がなければ本当の意味での夫婦とは言えないでしょう。ですから出会った頃のようにデートに誘い、愛し合っていた頃を思い出せば、異性としてのあなたをもう一度みてくれるようになるかもしれません。

離婚を後悔してる人が復縁したい時のポイント(2) 時間が解決?冷却期間を置く

離婚後、時間が経てば復縁の可能性も高まる場合があります。

離婚直後は大丈夫だと思っていてもしばらくすれば、相手も、この記事に書いてあるのと同じような後悔を感じ始めるかもしれません。

ですからすぐに復縁を切り出すのではなく、ある程度冷却期間を置くようにすると良いでしょう。なんだかんだ言っても時間が解決してくれることは多いのです。

どれくらいの期間置けばいいのか?ということについては、人それぞれだと思いますが、次に説明する相手の現状との兼ね合いも考えながら向こうも復縁したいと思うタイミングを見極めましょう。

離婚を後悔してる人が復縁したい時のポイント(3) 相手の現状をなるべく把握すること

復縁がとても難しい状況で復縁を切り出しても、良い結果が得られないばかりか「常識のない人だ」と思われ、その後の復縁の可能性が限りなくゼロに近づいてしまいます。

そうならないためにも相手の現状をできる範囲で把握して置くことが大切です。

例えば、相手に新しい恋人ができて再婚を考えている場合はその時は復縁したいことを伝えるべきではないですし、もし相手が生活に困窮して誰かに助けを求めていることが分かれば、復縁のチャンスがあるかもしれません。

ただし、絶対にストーカーまがいなことをしてはいけません。相手に恐怖心を与えてしまったら二度と復縁の希望は訪れないでしょう。

限度を超えない範囲で相手のことを気にかけるくらいがちょうどいいのです。

なんにせよ最終的に重要なのは復縁のタイミングということになりますね。

離婚して後悔している人はこちらの記事もあわせてご覧ください!

離婚して後悔?〜離婚を後悔してしまう原因と復縁について〜まとめ

0e25cb818c2b3c8a7fd3515a6985fd3f_s

離婚をして全く後悔しない人なんていないでしょう。もちろん離婚してよかったと思える瞬間があるのも事実です。

その両方を天秤にかけて、後悔のほうが重いのなら、一度、男女問題に強い弁護士に相談して、法的に問題を整理してもらうのも良いでしょう。

今後さらなる後悔をしないためにも、今できることはやって置くことが大切です。

弁護士に相談する

この記事の作成者

ジコナラ編集部