不倫して離婚したいときにやるべきこと~不倫した側から離婚請求は出来る?慰謝料はどうなるの?〜

不倫して離婚したい、、不倫は行った側に明らかに非があるものではありますが、不倫をしたけど離婚をしたいと考える人も間違いなくいるでしょう。そこで、今回は不倫をした側が離婚したいと思って行動して通せるものなのかを検証していきたいと思います。

目次

不倫して離婚したい・・・

435b9b3cd2c528484565136f032ab842_s


不倫をしてしまったが、今のパートナーよりも圧倒的に不倫をしている相手のほうが理想的と考えてしまった場合、離婚をしたいと考えるようになるでしょう。

第三者から見たらひどすぎる話だとほとんどの人が感じてしまうでしょうが、はたしてそんなことは可能なのでしょうか。

仮に「あなたよりも魅力的な新しい恋人を作ったから離婚したい」と言われた場合、それをそのまま受け入れて離婚してくれる人なんかいないと思います。

むしろ離婚は認めないと言われて悪化する可能性のほうが高いでしょう。はたして、スムーズに離婚できることはあるのでしょうか。

不倫して離婚したいと考えている人は要チェックです!

【不倫して離婚したいときにやるべきこと①】まずは話し合い~協議離婚〜

a5c133388ac10a68008689dcb4566948_s


それでは最もスムーズに話が片づけられる、協議離婚について検討していきましょう。

これでうまくいけば大成功と言えます。

離婚原因の有無は関係ない

協議離婚で何とか話をまとめることができれば、離婚原因が自分に合ったとしてもスムーズに離婚をすることができます。

ここで相手が別れる気が無いということで調停離婚や裁判離婚にまで発展してしまった場合、金銭的にも時間拘束的にも非常に大きな負担となってしまうでしょう。

協議離婚ならばお互いが納得して別れることができるので財産分与といった当たり前のものは発生しますが、離婚原因を作った有責配偶者でも別れられるので非常にありがたいものとなってくれるでしょう。

慰謝料請求は覚悟する

不倫から離婚をしたいと考えて最もスムーズに別れられる協議離婚ではありますが、慰謝料が請求される可能性はあるということを忘れないでください。

それは自分が離婚をする原因を作った側になっているので、そのことから精神的な苦痛を味合わせたとして追及されるのは当然のことなのです。

協議離婚をしたいからといって慰謝料を払わなくても良いという考えは間違っていますので、捨てるようにしてください。

話し合いで解決できるのがベストだけど…

離婚をしたいと言い出すのもこちら側で原因もこちら側にあるので、話し合いの場を設けるのも基本的には難しくなります。

協議離婚は理想的ではありますが、協議離婚ができる確率はそこまで高くないと思ったほうがいいでしょう。

協議離婚は相手も離婚に賛成に回ってもらうことが前提なので、急いで離婚をしたいと思っても一方的な感情論で話し合いに挑まないようにしてください。

【不倫して離婚したいときにやるべきこと②】話し合いで解決できなかったら~調停や裁判へ

eedc15f4bb31b84f82619b70754ad7af_s


話し合いでの協議離婚が成り立たなかったら、調停離婚や裁判離婚に進むしか離婚する方法はありません。

協議離婚が失敗したら調停離婚

協議離婚をするための話し合いが決裂してしまった場合は、家庭裁判所にて離婚調停を行う必要性が出てくるでしょう。

あくまで離婚調停なら、不倫をしている側が離婚をしたいと動けば申し立てることは可能なのです。

また、協議離婚が失敗したらすぐに裁判離婚にもっていきたいと考えている人もいるかもしれませんが、それは不可能で必ず家庭裁判所での調停離婚を挟む必要があります。

最も大変なのが裁判離婚

調停離婚でも話がまとまらなかった場合は、裁判離婚に進むことになりますが、裁判離婚には、離婚事由が必要になります。

これは民法770条にしっかり記載されており、

  • 不貞行為
  • 悪意の遺棄
  • 3年以上の生死不明
  • 配偶者が強度の精神病にかかり回復の見込みがない
  • その他婚姻を継続し難い重大な事由

のどれかに当てはまっている必要があるのです。

誰でも申し立てられるものではあるが…

調停離婚や裁判離婚は申し立てること自体は不倫した側でも不倫された側でも可能となります。

しかし、原因がある側が申し立てをするのなら一方的に申し立てを行うのは得策ではないのです。

なぜなら、申し立てても相手の気持ちが「不倫をした側が別れてくれといって通ると思うのか?」というもので染まっているなら、基本的に相手に明確な非が無い限り通らないからです。

不倫した有責配偶者からの離婚請求は出来る??

dbe0afa96ef13c27b80f8013a0cf297b_s


不倫した側が離婚をしたいと切り出すのは自由ですが、相手が効く耳を持たないのなら基本的には成立するのは困難です。

しかし、特殊なケースもあります。

有責配偶者から離婚請求をする方法

その条件は以下の3つを満たすことです。

  1. 相当長期間の別居をしている
  2. 未成熟な子の不存在
  3. 相手方配偶者が精神的・社会的・経済的に過酷な状態に置かれるなど著しく社会正義に反する特段の事情の不存在

というものです。

これらすべてが当てはまらないと離婚請求は認められません。

はっきりと言いますが、これはかなり厳しい条件となっております。

これらの全てを満たせば通りますが、特に1つ目をクリアできる人がなかなかいないと言われており、実際に通った例を見ても厳しいものがあるとしか言えません。

不倫した側が離婚をしたいと思っても裁判ではなかなか離婚は成立しないのです。

長期間の別居について

不倫をして離婚をしたいと考えている人はこの文面を読んで今からすぐに別居生活を考えているかもしれませんが、この期間はおそらく想像しているものよりもかなり長いものと言えるでしょう。

判例を見た限り短い人でも8年ぐらいで基本は10年以上が目安となっているようです。

つまり、不倫をして離婚をしたいと考えたとしてもそこから10年間別居生活を行う必要があるということになります。

両者が有責配偶者なら話は変わる

片一方のみが有責配偶者の状態で離婚を切り出しているのなら、協議離婚以外でも離婚は非常に厳しいものとなります。

しかし、夫婦双方に責任があった場合は話がちょっと変わってきます。

例えば、妻が不倫をして夫がDVがあるというケースです。

この場合は離婚をしたいと申し立てると、離婚を勝ちとるための条件がゆるくなっていきます。

不倫して離婚したい人にはこちらの記事もオススメ! 

不倫して離婚したい~不倫した側から離婚請求は出来る?慰謝料はどうなるの?〜のまとめ

e84bfecc3ac64298a47e9fedffa83309_s


夫婦関係を破綻させる離婚原因を作った人が離婚したいと思って行動を起こしたとしても、裁判で離婚が認められることは少ないということでした。

また、相手側が弁護士をたててきた場合は、離婚をしたいと思っても裁判になると不利になることを理解しているので協議離婚で大幅な譲歩を要求されてしまうことが多いといわれているのです。

離婚をしたい気持ちはわかりますが、不利な条件がそろってしまっているので離婚請求を行う前に一度離婚問題に強い弁護士に相談して離婚したい旨を告げてアドバイスをもらってください。

弁護士に相談する

この記事の作成者

ジコナラ編集部