浮気をされて婚約破棄になったら慰謝料を請求できる!?〜婚約破棄できる正当な事由とは〜

浮気で婚約破棄の場合、慰謝料を請求することはできるんでしょうか、、?婚約をしている状態とはお互いの将来を約束して過ごしている段階です。その婚約をしている状態で浮気をされてしまったら、その将来を台無しにされたと思ってしまうでしょう。ここでは浮気で婚約破棄になってしまった場合の慰謝料についてご説明します。

目次

婚約してたのに浮気された!?頭に浮かぶ「婚約破棄」の文字

c09653d1a7fbdc26bd87a3e19856150c_s


婚約期間中とはいったいどういうことなのか、よく分からないという人もいるのではないでしょうか。

なんとなく、将来は結婚をする状態になっていることと理解はしているでしょうが、正式に契約書を交わすわけでもなく、書類を役所に提出するわけではありません。そのことから、婚約をしている状態を軽く見て浮気を実行する人だっているでしょう。

でも、浮気をされてしまうと考えるようになるのは「婚約破棄」ですよね。

今回はそんな婚約破棄と慰謝料について説明していきます!

婚約破棄の条件〜婚約と正当事由〜

cf81bae0acab2878210057e25779ba5d_s


それでは婚約破棄の条件について色々と説明していきます。

そもそも婚約ってどこから?

婚約が成立している状態とは口約束でもいいので将来結婚をする約束を行うことです。

  • プロポーズ
  • 指輪をあげる
  • 両親への挨拶
  • 結納
  • 式場の予約・下見

などが婚姻として認められます。

しかし、単純に同棲していただけで一方的に婚姻と捉えらていた場合などは婚姻の事実に当たらないこともあります。客観的に判断されることが重要です。

正当な理由があれば婚約破棄できる

婚約をしている状態で婚約を取りやめれば、婚約破棄になります。しかし正当な理由がない限り婚約破棄を行うのは契約違反になり、問題が生じます。

婚約破棄ができるのは正当な理由があるときに限られるのです。


離婚裁判になった時でも、しっかりとした離婚原因があれば片方がどんなに拒否しても別れられるように、しっかりとした正当事由があれば婚約破棄ができるのです。

身勝手な結婚破棄=債務不履行

逆に言うと、婚約破棄できるような正当事由がない、身勝手な理由での婚約破棄の場合は契約違反という扱いになって債務不履行になります。

婚約破棄における正当な事由とは〜浮気・不倫は?

e3bc0be9c9f327863e5bef605bc96ae4_s


それでは、婚約破棄ができる正当事由についてもう少し詳しく解説していきます。

婚約を考えている方はよく読んでくださいね。

相手の不貞は婚約破棄の正当事由です

まず、不貞行為は婚約破棄を可能とする正当事由に該当するので、婚約破棄が可能です。
婚約者が浮気や不倫をしていたら、相手の意志はもはや関係なく自分の意志のみでどうにでもできるということですね。

もともと、この浮気といった不貞行為は結婚をしている人の離婚原因でも上位にランクインしており、離婚裁判でも原因として数えることができるものなので、婚約や結婚をしている状態での不貞行為は法律的に完全に悪として捉えられているということなのです。

これは正当な事由とは言えません〜年回りが悪い?〜

正当事由に該当しないものも数多くあります。

それは年回りが悪いといったような運勢の吉凶を占うものでも一緒で、占いに傾倒している状態は婚約破棄の正当事由には該当しないということなのです。

他にも、性格の不一致や価値観の違いといったものも正当事由には該当しないので婚約破棄を一方的に行うことはできません。

ただし、性格の不一致や価値観の違いをお互いに感じていて、自然と別れ話になりお互いが納得したうえで婚約破棄に至れば問題は無いでしょう。

他の婚約破棄における正当事由について

浮気を含む不貞行為といった婚約破棄の正当事由以外にも、DVを受けるといった虐待があった場合、そして精神的に重大な侮辱を受けてしまった場合でも正当事由になります。

肉体的な暴力や精神的な暴力があるなら即座に婚約破棄ができるということです。

他にも、理不尽に婚姻届けの提出や挙式の日時を延期や変更された場合も可能ですし、婚約相手が失業や倒産などで収入が激減した場合でも可能となります。

浮気や不倫が理由の婚約破棄は慰謝料請求されないの?

f4da2bfb7829bd27e501c279bbecad95_s


婚約破棄はトラブルが発生することもままあり、慰謝料請求といった事態に発展することもあります。

浮気が原因でも請求されてしまうのでしょうか。

「正当な事由」があれば慰謝料を払う必要はありません

浮気や不倫といった不貞行為が発覚して婚約破棄をした場合、正当事由に該当するので婚約破棄ができます。

そのため、こちらが先に婚約破棄を伝えたとしても訴えられる心配は全くありません。

仮に、相手が訴えようと動いていたとしても相手側が原因となっているので慰謝料を払う義務はないのです。

ここで覚えておいてもらいたいことは、どちらかが婚約破棄をしたのかが重要なのではなく、どちらが原因で結婚に至らなかったかが重要ということなのです。

正当事由となる原因が相手側にあるなら一方的に別れを告げても問題ない立場になるということを理解しましょう。

不倫相手に慰謝料請求できる?慰謝料≒精神的苦痛

まず、婚約をしている状態にもかかわらず、相手が浮気といった不貞行為を働いていた場合は、婚約をしていることを証明できるものと、不貞行為をしていたことを証明する写真等があれば訴えを起こすことができます。

しかし、婚約中の当事者に対して肉体関係を持った第三者に訴えることはできるのでしょうか。

この部分はかなり複雑なようで、浮気をしていた相手が婚約をしていることをわかって行っていたかどうか、肉体関係を持っていたかどうかで変わってくると言われております。

そのことを証明できないと、おそらく慰謝料請求はできません。

婚約破棄について知りたい人はこちらも合わせてご覧ください!

浮気をされて婚約破棄になったら慰謝料を請求できる!?〜婚約破棄できる正当な事由とは〜のまとめ

ef74c701f4a238295f25d0f462d0434e_s


浮気といった不貞行為から婚約が破棄されるケースというのは多いと言われており、そのことから訴えを起こすといった行動を起こしている方も相当数いると言われております。

それほどまでに、浮気によって将来を破壊されるのは悔しいものなのです。

しかし、浮気から破棄になって訴えにまで発展させるのは、なかなか難しい点もあるので、まずはどうすれば訴えられるのかを別れる前に男女間トラブルに強い弁護士に相談して教えてもらうようにしてください。

この記事の作成者

カケコム編集部