同棲解消したいけど慰謝料を請求されたらどうしよう・・・?それって同棲解消?それとも婚約破棄?

同棲解消を考えたことありますか?同棲は結婚でもないし、婚約でもなく、軽い気持ちで始める人も少なくありません。でも同棲を解消する時は、それまでの生活の拠点を変える事もあり、簡単に相手に承諾してもらうのが難しくなるでしょう。場合によっては、相手から慰謝料を請求されるような事もあるのです。

目次

同棲解消したいけど・・・慰謝料請求されたらどうしよう?

tsuyoshi-18_tp_v
 

お付き合いしている相手の生活が苦しく、家賃が払えない。

「それなら家に来て一緒に暮らそう……」などという簡単な理由から始めた同棲。

二人の間が冷えてきたので、そろそろ出て行って欲しいけれど、同棲解消を申し込んだら慰謝料を請求されないかと心配している人もいます。

同棲解消には、相手にはどの程度の法的な保護がされるのでしょうか。

同棲相手でも、関係を解消するには慰謝料必要なのか調べてみましょう。

同棲なんてただの同棲・・・でも!?

pak86_kusoyarareta20140125_tp_v
 

世間には同棲の解消するのに、慰謝料を払う人がいるという事を聞いた事があります。

同棲している相手に同棲解消を申し込んだ時、慰謝料払わなければいけない場合にはいくつかの条件があります。

言わなかった?「結婚しよう」

同棲と同時に結婚の約束をしていた場合には、同棲相手=婚約者という関係になり同棲解消は婚約解消という事になる場合があります。

指輪は無し、結納は交わしていない場合でも、親や兄弟、お互いの友人などに「自分たち、将来は結婚するんだ」とお互いが将来の結婚に同意している事を話していた場合は、婚約者として認められます。

この場合はただの同棲の解消ではなく、婚約者との婚約の解消という事になり、相手から婚約破棄として慰謝料請求の裁判をおこされる場合も考えられます。

揉めてない?お金のトラブル

同棲をしている間柄は、婚約や結婚をしているという法的にはハッキリとした関係ではありません。

二人の間では、結婚と言う言葉は出てこなくても、相手からしたら「将来結婚する相手」と思われており、借金の肩代わりなどをしてもらっている事がありませんか?

そんな場合は、同棲を解消する時に、相手から肩代わりした借金の返済を求められる場合があります。

将来の配偶者のためならお金を払うけれど、関係なくなったらお金を返せと言う事です。

この他、同棲相手から直接お金を借りている場合も同様に、返済を求められる場合もあります。

同棲期間が長く二人の間に子供が?内縁関係という判断も

同棲生活が4年以上という長い期間続いていたり、二人の間に子供が出来ていたりしませんか。

その他、片方の収入で生活していて、もう片方が二人の生活のために家事に専念しているなど夫婦そのもののような関係がある。

ご近所からも夫婦と思われていたなど、同棲と言えど、内縁の夫婦関係と判断される場合もあります。

この場合に一方的に同棲の解消を言い渡す時は、離婚と同様か、それに近い額の慰謝料や子供に対する養育費などの支払いが必要になります。

それって同棲解消?それとも婚約破棄?

apple-1281744_640
 

ただの同棲解消ではない例として、婚約解消ではないのかという例もご紹介しました。

この例について、もう少し詳しく見ていくことにしましょう。

大きな違い〜婚約破棄と同棲解消〜

同棲は、恋人であるという事実があったとしても、ただ二人で共同生活をしていたという事でしかありません。

二人の関係は、いわゆる同居人という立ち位置でしかなく、相手に対する保証の義務もありませんので、同棲を解消したとしても法律的には何の問題もありません。

ただし、これが結婚する意志を相手に対して示していて、相手も同意していた場合は婚約が成立していたと見る事が出来てしまうのです。

婚約していると、相手から損害賠償・慰謝料請求をされるかも知れません。

それって婚約じゃなかったの? 指輪だけじゃない「婚姻予約」

民法には、婚約に対しての詳しい取り決めはありません。

婚約解消時の賠償金や慰謝料の請求裁判で、婚約していたと認められた例では、「お互いが結婚相手として同意していた」という事だけが問題になります。

例えば、メールで「結婚しようね」などと言い合っていたものも、婚約の証拠になるという事です。

お互いの親や友人に「未来の結婚相手です」と紹介していたとすると、その人たちが婚約の証人という事にもなり、もっと婚約事実が確実になります。

法律で婚約していたかの判断をするには、指輪や結納などは必要ないのです。

同棲と同時に婚約が成立していたと認められれば、相手が裁判をおこせば慰謝料の支払いを言い渡される場合があります。

婚約破棄だったら 正当事由ありますか?

もし、軽い気持ちで結婚しようと言ったとしても、お互いに結婚の意志があったとすれば婚約は成立していたと見る事も出来ます。

同棲解消が婚約解消となる場合でも、正当な事由があれば相手からの慰謝料請求を避ける事が出来ます。

婚約解消の事由は、離婚の事由とほとんど同じと考えられます。

相手の浮気、相手が働かない、暴力を振るう、相手に多額の借金があるなどによって婚約解消の正当な事由として認められ、同棲も解消する事が出来ます。

むしろ、逆に同棲を解消したい相手に対して、慰謝料請求できる場合もあるかも知れません。

手切れ金≠慰謝料

banknote-15628_640
 

同棲を解消したい相手とは、結婚の約束をしていたわけではなく、慰謝料の支払いの義務はないけれど、ある程度の手切れ金を渡す事で、出ていってくれる事もあります。

同棲を解消したいと言ったら、慰謝料ではなく手切れ金を請求してきた場合、どの程度支払わなければいけないのでしょうか。

いわゆる「手切れ金」は任意のもの、法的強制力はない

まず、同棲の解消だけならば、相手に対してお金を払う責任は全くありません。

それでも、相手がどうしても出ていってくれない場合、ある程度の金額を手切れ金として渡して、早く同棲を解消したいと思う人も少なくありません。

手切れ金は、あなたから相手に対しての今までの誠意という形で提案されるお金です。

同棲解消に対して、相手があなたに法的に請求する事も出来ないので、慰謝料とはまったく違ったお金です。

この事を相手に理解してもらい、こちらの支払える金額を、受け取って同棲解消してもらう事が必要となってきます。

手切れ金の相場は?あってないようなもの

同棲解消のために、相手に払うお金なら手切れ金ではなく慰謝料ではないの?と疑問に思う人がいると思います。

しかし、慰謝料は結婚・婚約・内縁関係の相手に対して支払われるお金になります。

法的に拘束力の無い同棲相手に支払うお金には、慰謝料という言葉は使いません。

それと同時に、手切れ金にはいくら払うという相場も存在しません。

考えても見てください。

恋人と別れるたびに、別れを切り出す方が慰謝料を請求されますか?そんな事は無いですよね。

それと同じです。

ただ、住居を変わるという相手の苦労を考えての、同棲解消を言い出した側の誠意として示す金額となるのです。

裁判に発展も!?別れる時こそ話し合い

同棲をしていた相手の人にもよりますが、「慰謝料が欲しい」「婚約していたと思っている」という理由から裁判を起こす人もいます。

その場合、目的は同棲の解消の取り消しではなく、慰謝料の請求でしょう。

うまく同棲解消できない場合は、相手から裁判を起こされてしまう可能性もあるのです。

同棲をした相手と別れるには、双方が納得できるような十分な話し合いが必要となってきます。

同棲解消や婚約破棄について知りたい人はこちらも合わせてご覧ください!

同棲解消したいけど慰謝料を請求されたらどうしよう・・・?それって同棲解消?それとも婚約破棄?のまとめ

ook89_anatanono120131223_tp_v
 

同棲解消には、恋人と婚約者、内縁関係、お互いが二人の微妙な関係をどう思っているのかという差も問題になってきます。

同棲解消に当って、相手から訴えられた場合、第三者から見て二人の関係がどう思われるのかも知っておく事も必要になります。

裁判になった時に、自分が不利な立場であれば、多めの手切れ金を渡しても二人の話し合いで解決しておきたいですね。

自分ではなかなか判断がつきにくい場合、法律家に相談した方が良いでしょう。

この記事の作成者

ジコナラ編集部