結婚破棄したい・・・婚約破棄できる「正当な事由」とは?

結婚破棄したいと思ったことありますか?お付き合いをしていたり、お見合いをして、結婚しましょうとお互い同意すると婚約という事になります。婚約した後にやっぱり結婚破棄したいと思った時、相手に慰謝料を必ず払わなければいけないのでしょうか?結婚破棄が認められる事由があるのか見ていきましょう。

目次

結婚破棄したい・・・婚約破棄ができるのは「正当な事由」がある場合のみ

044
 

お付き合いをはじめて、結婚への前段階として婚約をした後から、結婚破棄をしたいと思う事があります。

しかし、こちらから結婚破棄を言い出す場合には正当な理由がなければ相手も納得しないでしょうし、結婚破棄の代償として慰謝料を請求されてしまう事もあるでしょう。

この人との結婚はしたくないと思った時、婚約を無かった事にするには結婚破棄しかありません。

相手に結婚破棄を伝える事の出来る正当な事由とは、どのような物があるのか見ていきましょう。

結婚破棄できるのは〜「婚約の成立」と「正当事由」〜

034
 

自分から結婚破棄を言い出すには、正当な事由が必要な事がわかりました。

しかし、そもそも本当に婚約は成立していたのでしょうか?

まずはそこから見ていく事にしましょう。

そもそも婚約してた? 

婚約が成立していたかどうかの民法での決まりごとはありません。

結婚破棄で裁判になった時に、これまでの裁判例では、少なくとも当事者である男女が誠心誠意、将来夫婦になる合意があったかという所を問題とします。

これは、どういう事かと言うと、二人の意志が固まっていないのに親などが勝手に結納などの特別な儀式を行って「婚約した」と言っても、それは裁判では婚約とは認められないと言う事になるのです。

あなたが結婚破棄を行おうとしていた婚約は、本当に二人の合意の上での正式な婚約であったか考えてみてください。

婚約破棄ができる条件〜正当事由〜

結婚破棄できる正当な事由として、認められた実例があるのは以下のような理由です。

  • 相手が性交渉不能になった
  • 相手が遺伝性疾患や、性病の持ち主であった
  • 相手が精神病者であった(うつ病程度では認められない)
  • 相手が行方不明
  • 将来の夫婦生活が妨げられる事情(極度のマザコン等)
  • 相手の浮気
  • 相手の不誠実な行為

この実例でもわかるように、現実問題として夫婦として生活出来ないと誰もが思うような問題行為や、病気などが結婚破棄の事由として認められています。

結婚破棄の理由は離婚の理由と同じと考えて良い

このように、結婚破棄の正当な事由であると裁判で認められた例を見ると、離婚の事由と一緒だと言う事に気づかれたでしょう。

このまま結婚をしたとしても、正常な婚姻生活が行われないという点で、結婚破棄も離婚も同じ条件で認められる事になるのです。

結婚破棄できるかな?と思ったら離婚が認められたケースを調べてみるのも参考になります。

これって結婚破棄できる?できない?様々な正当事由

029
 
結婚破棄できる条件をご紹介しましたが、自分の場合この結婚破棄の正当な事由に当てはまるのかもっと詳しく知りたい人もいるでしょう。

ここではもう少し詳しく結婚破棄の事由について見ていきたいと思います。

相手に不貞があった時 浮気・不倫

結婚していないのだからまだ大丈夫だろうと婚約前に急に遊び出す人もいます。

また、婚約はしたけれど、もっと多くの女性を知って出来るなら別の人との相性も試してみたいと、女性を両天秤にかけるような事をする男性もいます。

このような行いは、結婚していない婚約状態でも認められる事ではありません。

結婚破棄の理由になるだけでなく、慰謝料を請求できる事もある重大な問題です。

暴力、重大な精神的侮辱

肉体的・精神的暴力が離婚の原因となるように、婚約期間中の暴力・精神的暴力も結婚破棄の理由として十分通用します。

暴力を振るう婚約者では、結婚してもその暴力が続く可能性が極めて高く、夫婦平等の正常な結婚生活を送る事は出来ないという判断によるものです。

相手が暴力を振るう人であったのが結婚前で良かったという気持ちで、きっぱりと結婚破棄をして縁を切りたい物ですね。

セックスレス

男女の性交渉も正常な結婚生活の目安とされる重要なポイントです。

それまで肉体関係があったにも関わらず、相手がセックスレスになった場合は、相手に正常な夫婦生活を送る意志がないとして結婚破棄の正当な事由とする事が出来ます。

この他、相手がADになったり、AIDSである事がわかったなど、正常な性生活が望めない事が判明した場合も結婚破棄の事由とする事が出来ます

結婚破棄は「債務不履行」?慰謝料が発生するかも?

047
 

正当な事由は離婚の理由とほぼ同じと考えてよい事がわかりました。

それでは、正当な事由が無く結婚破棄をした場合はどうなるのか見ていきましょう。

正当事由のない結婚破棄は「契約違反」

婚約とは、男女二人がこの後夫婦になる事を同意して、それに向けて準備をしている最中という期間になります。

この結婚準備期間中に、片方が一方的に結婚破棄を申し出た場合、正当な事由が無い場合は相手は納得できませんね。

将来に向けて、希望を持っていたらなら尚の事、精神的なショックも大きいでしょう。

そのような一方的で不誠実な結婚破棄は、契約違反行為として訴える事も可能になってきます。

損害賠償ってどこまでもらえるの? 結婚式準備費も?

婚約という結婚期間には、結婚式や披露宴、新婚旅行や新居など準備をしている事もあるでしょう。

女性の場合は、結婚に向けて会社を寿退社してしまっている事もあるかも知れません。

そのような結婚に向けて準備していた事にかかる費用や、結婚破棄によって受けた損害を賠償してもらう請求をする事が出来ます。

正当な理由がない、一方的な理由での結婚破棄であればあるほど、相手に対して賠償金という形で誠意を表す必要があると考えられています。

それでもどうしても結婚破棄したい場合

このように、正当な事由がない場合の結婚破棄は、賠償金などのペナルティも多く発生します。

それでも、どうしても婚約したら結婚しなければいけないという理由は無いのです。

特別で正当とされる事由がなくても、相手に対して「結婚してこれから一生一緒に暮らそう」という気持ちが無くなる場合がありますね。

離婚で言うなら「正確の不一致」に当たる理由です。

結婚は出来ないという自分の気持ちを、相手の事も考えて誠意を持って伝える事で、円満に結婚破棄の話を進める事も出来ます。

婚約破棄について知りたい人はこちらも合わせてご覧ください!

結婚破棄したい・・・婚約破棄できる「正当な事由」とは?のまとめ

011
 

結婚破棄するには、正当な事由が必要である事と、それが無い場合は損害賠償問題にもなるという事がわかりました。

正当な事由があって、結婚破棄を申し込む場合は、話がスムーズに進むようにしたいものですね。

結婚破棄のケースにも対応した事がある、経験豊富な弁護士に相談する事をおすすめします。

この記事の作成者

ジコナラ編集部