結婚の約束を破棄するには?|結婚の約束を破棄できる場合は限られています!

結婚の約束を破棄したいと思ったことありますか?「結婚しましょう」とお互い同意して婚約した後にやっぱり結婚破棄したいと思ったとき、相手に慰謝料を必ず払わなければいけないのでしょうか?結婚の約束の破棄が認められる場合と認められない場合を見ていきましょう。

目次

結婚破棄したい・・・婚約破棄ができるのは「正当な事由」がある場合のみ

044

結婚の準備段階として結婚の約束(婚約)をした後に、結婚の約束を破棄をしたいと考える人もいるでしょう。

しかし、正当な事由がなければ一方的に結婚の約束を破棄することは違法とされていることを覚えておく必要があります。

結婚の約束を破棄できる場合は限られているのです。

一方的な結婚の約束の破棄は違法なものとして慰謝料請求される場合もあります。

結婚の約束を一方的に破棄するための正当な事由とは、どのようなものがあるのか見ていきましょう。

結婚の約束を破棄においては「婚約の成立の有無」と「正当な事由の有無」が問題になる

034

一方的に結婚の約束を破棄するには、正当な事由が必要だとわかりました。

ただし、結婚の約束の破棄という問題の前提として、結婚の約束(婚約)があったといえるかも問題になります。

そもそも婚約してた? 

婚約が成立していたかどうかの民法でのルールはありません。

結婚の約束の破棄において、これまでの裁判例は、少なくとも当事者である男女が誠心誠意、将来夫婦になる合意があったかどうかを考慮しています。

あなたが結婚破棄を行おうとしていた婚約は、本当に二人の合意の上での正式な婚約であったか考えてみてください。

一方的に婚約破棄するための正当な事由とは

結婚の約束を一方的に破棄できる正当な事由として、実際に認められた例としては以下のようなものがあります。

  • 相手が性交渉不能になった
  • 相手が遺伝性疾患や、性病の持ち主であった
  • 相手が精神病者であった(うつ病程度では認められない)
  • 相手が行方不明
  • 将来の夫婦生活が妨げられる事情(極度のマザコン等)
  • 相手の浮気
  • 相手の不誠実な行為

これらの例でもわかるように、現実問題として夫婦として生活できないと誰もが思うような問題行為や、病気などが一方的な結婚の約束の破棄の事由として認められています。

結婚破棄の正当な事由は離婚の正当な事由とほぼ同じ

このように、結婚破棄の正当な事由であると裁判で認められた例を見ると、離婚事由と似ていることに気付かれた方もいるでしょう。

このまま結婚をしたとしても、正常な婚姻生活が行われないといえるかという観点は、結婚破棄でも離婚でも共通しています。

「この場合に結婚の約束を破棄できるかな」と思ったら離婚が認められたケースを調べてみるのも参考になります。

これって結婚破棄できる?できない?さまざまな正当事由

029
結婚の約束を破棄できる条件をご紹介しましたが、自分の場合に結婚の約束破棄の正当な事由が認められるのかもっと詳しく知りたい人もいるでしょう。

ここではもう少し詳しく結婚の約束を破棄するための正当な事由について見ていきたいと思います。

結婚の約束を破棄するための正当な事由(1) 相手に不貞があったとき 浮気・不倫

結婚していないのだからまだ大丈夫だろうと婚約前に急に遊び出す人もいます。

また、婚約はしたけれど、もっと多くの女性を知ってできるなら別の人との相性も試してみたいと考える男性もいます。

しかし、不貞行為は結婚していない婚約状態でも許されないものとされています。

不貞行為は、結婚の約束の破棄の正当な事由になるだけでなく、不貞行為をした側は慰謝料請求される場合もあります

結婚の約束を破棄するための正当な事由(2) 暴力や重大な精神的侮辱

肉体的・精神的暴力が離婚の原因となるように、婚約期間中の暴力・精神的暴力も結婚の約束を破棄するための正当な事由に当たります。

暴力を振るう婚約者では、結婚してもその暴力が続く可能性が極めて高く、正常な結婚生活を送ることはできないという考えによるものです。

相手が暴力を振るう人であったと結婚前の早い時期にわかって良かったという気持ちで、きっぱりと結婚の約束を破棄したいものですね。

結婚の約束を破棄するための正当な事由(3) セックスレス

男女の性交渉も正常な結婚生活の目安とされる重要なポイントです。

相手がセックスレスになった場合は、相手に正常な夫婦生活を送る意思がないとして結婚の約束を破棄ための正当な事由とされる場合があります。

この他、相手がEDになったり、AIDSであることがわかった場合など、正常な性生活が望めないと判明した場合も結婚の約束を破棄するための正当な事由に当たるといえます

結婚の約束の一方的な破棄は「債務不履行」?慰謝料が発生するかも?

047

結婚の約束を一方的に破棄するための正当な事由は離婚の理由とほぼ同じとわかりました。

それでは、正当な事由がなく結婚の約束を一方的に破棄をした場合はどうなるのか見ていきましょう。

正当事由のない結婚の約束の破棄は「契約違反」

結婚の約束は、婚約として、男女二人が夫婦になることに同意して、それに向けて準備をするという契約になります。

 

そのような、正当事由のない一方的で不誠実な結婚破棄は、契約違反行為として違法になります。

具体的には、不法行為(民法709条)として慰謝料請求できることになるのです。

損害賠償ってどこまでもらえるの?結婚式準備費も?

婚約という結婚期間には、結婚式や披露宴、新婚旅行や新居など準備をしていることもあるでしょう。

女性の場合は、結婚に向けて会社を寿退社してしまっていることもあるかも知れません。

そのような結婚に向けた準備にかかる費用や、結婚の約束の破棄によって受けた精神的損害が損害賠償の対象となります。

それでもどうしても結婚破棄したい場合

このように、正当な事由なく結婚の約束を破棄することは違法です。

しかし、実は、婚約したら必ず結婚しなければいけないというわけではありません。

自ら損害賠償金の支払いを申し出て、結婚の約束を解消する交渉を持ちかけるという選択は許されています。

 

婚約破棄について知りたい人はこちらも合わせてご覧ください!

結婚の約束を破棄するには?|婚約破棄できる場合は限られています!のまとめ

011
 

結婚の約束を破棄するには、正当な事由が必要であることと、正当な事由のない一方的な結婚の約束の破棄は損害賠償問題にもなるということがわかりました。

結婚前の繊細な時期に結婚の約束を破棄する・破棄されるというのは当事者にとって重大な出来事でしょう。

法律問題を適切に解決するために男女問題に強いな弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士に相談する

この記事の作成者

ジコナラ編集部